PR 清野裕司 氏 新刊のご紹介

12月に出版されました清野裕司先生のご本をご紹介させていただきます。

2014年から経営者やIR/PR、マーケティング関係の方々に海外に向けて情報を発信したり、販売したりするためのヒントになるようなことをご提供できればと思い、ブログ「ザ・九州特区」をスタートさせました。このブログで、マーケティングの記事を2年に渡り、寄稿していただいたのが、清野裕司先生です。

このたびこれらの記事を、先生が加筆編集し発刊することになりました。

筆者の清野先生はこの本で、世の中の出来事や変化を見るのではなく、「風を聴く」ことだと私たちに伝えています。風を聴くとは同時に風の心地よさを感じたり、寒さを感じたりすることができるからでしょう。「感じる力は新たなものを生み出す脳力(能力)」だと、先生は言っています。まさに体感していろんなことを「気づく」ことが大事だと。雨が降って来て、慌てて通りすがりの店で100円傘を買う。これをやめ、あえて濡れてみることの大事さがあるような気がします。
それが、経営やマーケティング、そしてコミュニケーションの一歩となります。

是非、お読みいただければ、弊社としてもこの上ない喜びです。

2016年12月吉日
株式会社ジパング・ジャパン 
代表 吉野 晋吾

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html