清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第116話)

第116話:「むかしばなし」は想像力を養うもとになると思うのですが。

 現代の生活を見回してみると、話しかける相手が人間ではないものが多いのに気が付きます。TVの番組を見ていても、一方的に流れてくる情報に、ひとり相槌を打ったり、反発したりすることがあります。パソコンを開いてインターネットに繋げば、その小さな窓からのぞかれる世界が全世界になってしまいます。語るべき相手がいないので、どうしても独りよがりな解釈がまかり通ってしまうことも多くなるようです。

 かつて日本には、子どもに聞かせる「むかしばなし」というものがありました。今も勿論あるのですが、どうも様子が違っているように感じます。そもそも「むかしばなし」は場所を特定したり、時を特定したりといった現実を語るのではなく、そこに隠されている思想や人として守るべき根本を伝えるものだと思います。だからこそ、多くの話が「むかし、むかし・・・」と時を特定せず、「あるところに」と場所を特定することなく話が始まります。登場人物も、歳を重ね徳を積んだと思わせる「翁(おきな:おじいさん)と嫗(おうな:おばあさん)」と決まっていました。

 「欲深い思いでいると罰があたる」「善行を積むと巡り巡って善いことが訪れる」「目立たないことでも良い行いは報われる」「邪悪はいつか滅びる時が来る」・・・・。人の生きる基本の道を告げているもので、「勧善懲悪」の思想が底流にあったように思います。子ども心にも、その思想が植えつけられていったものです。

 ところが最近、桃太郎に登場してくる「犬・雉・猿」は、他の動物でも良いのではないかといった発言を聞きました。物語に登場してくるのは確かに動物ですが、それはあくまでも置き換えです。犬は「忠義」、雉は「勇気」、猿は「知恵」の置き換えであり、それを束ねる桃太郎は、まさに人が持つべき「仁」と理解することが出来ます。

 人との会話が乏しくなると、目の前に示されたもののみをリアルとして理解してしまうのでしょうか。とすれば、創造力の原点である「想像力」が養われるいとまがなくなってしまうように思うのですが。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

過去20年間の「今年の漢字」を振り返ってみる。

第17回:漢字一文字でも、世相を感じさせることがある。

 毎年12月になると、その年の世相を表す漢字一文字が発信されます。京都清水寺の貫主の筆文字を見て、一年を思い起すこともあったのではないでしょうか。
 たかだか一文字の漢字でも、その時を生きた自分にとっては、幾つか思い当ることが浮かんできたりするものです。
 文字には意味があります。その意味から何が想起されるかは、人によって様々です。ただ、単純な絵記号ではないだけに、背景までを深く連想したりするものです。
 してみると、一文字の漢字は、一人ひとりにとって「感じ入る文字=感字」なのかもしれません。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a1

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

*その他の著書は下の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

DSC_0165
DSC_0165

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第115話)

第115話:どこで学んだかよりも、何を学んだかが「学歴」です。

 公人の学歴詐称が問題になることがあります。選挙の折など、学歴がどれ程の選択基準に作用するのかはよく判りません。過去来歴も必要ですが、それ以上に本人の人となりや、主義主張が判断の基準になるのではないかとも思います。かといって、あやふやなままで善しとしているのではありません。本人自身の属性表明に対する責任の所在は明らかにしなければならないと思います。ただ、私が思うことは「学歴」に関することです。

 「学歴」とは、「学校」の履歴なのでしょうか。むしろ「学問」の履歴ではないかと考えています。自分自身が、どのような学校に在籍し卒業したのかということは、むろん本人にとっても、また他者にとっても、その人を判断する幾つかある尺度の一つであることには違いないでしょう。しかし、われわれはそのことだけで人を判断したり、仕事においてパートナーになっているわけでもありません。学校よりも、その人がどのような意識や態度で「学問」に対応してきたのかに興味・関心があります。

 一般的に著名な学校を卒業したからといって、明快な学問の経路を持っていなければ、いつかそれは表層的な記号に対する評価になってしまいます。また、「学問」は何も学校だけで行うものではなく、それ以外の場の方が逆に、学ぶべき機会は多いものです。

 どうも最近は、「学問」というと、他者から何かを「習う」ことと思っている風潮があるような気がします。そうではなく、自らが「学ぶ」ことだと思います。自分の頭で考えることです。考える道筋を自分自身で発見すること。その基本的な眼差しを得るのに「学校」は大いに役立ちます。しかし問題は、何を学ぶのかにあります。

「学歴」は「学校」歴ではなく「学問」歴だと思います。その視点を履き違えてしまうと、おかしげな議論が起きてしまいます。(第116話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第114話)

第114話:“too Easy”で出来ないこともあるようです。

 まだ明けやらぬうちに起き、自宅近隣を歩くことがあります。新聞を配達している若者に出逢います。なかに、元気良く「おはようございます」と挨拶する者がいます。こちらも元気に「おはようございます」と返答します。何気ないことですが、気もすっきりします。挨拶は、人との関係を明解にする最初の行為であることを再確認します。

 その後オフィスに向かい、幾つかのプロジェクトに関する心構えをします。資料の確認、約束時間の確認・・・と、日々繰り返される当たり前の光景です。その後、順にスタッフが出社してきます。元気な声で「おはようございます」と発して入ってくる者、中に全くその声が聞こえない者もいます。いつ出社したのかさえわからずに、その日の業務が始まってしまいます。頭の中には、その者の存在がないままです。

 日中、数本の電話がなります。積極的に受話器を持つ者もいれば、ぼんやりと受話器をとらぬ者もいます。これもごく当たり前のことですが、人によって差が出るもの。人に会ったならば挨拶を、電話が鳴ったなら積極的な会話を。日常行動を考えれば、小難しい理屈はありません。ただ、行動に転化するだけのことです。何の理屈もない行為をすることが出来ないのは、余りにも平易過ぎるからでしょうか。心構えも含めて、もう少し理屈が立ったものの方が、人は考えをめぐらせて、行動するのかもしれません。

 人への挨拶、行動の連絡、結果の報告、ミーティング前の資料確認・・・、どの一つをとってみても、理屈抜きの当たり前のことです。平易さが、思考の回路を遮断してしまうようです。簡単なものほどミスをしやすいのも、“too Easy”のなせることかと、人との出会いの場で考えてしまいます。(第115話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

顧客のデータベースを書き換えることがマーケティング。

第16回:データベースは顧客が個人的に持っている。

 顧客の様子を知るためにデータベースの活用が不可欠である」とよく聞くことがあります。一方的に「顧客管理」などという言葉も耳にします。
 しかし、顧客は誰一人として管理されたいとは思っていないはずです。自分の裁量で行動を決めているのですから。その際に活用されているのが、一人ひとりが持つ、過去の体験であったり、今現実に起きていることの情報や風聞などです。  
 自分自身のデーターベースをフル活用して、自分自身にとって好ましい選択行為をしようとします。  
 マーケティングは決して買ってもらうことに誘導する行為ではなく、顧客のデータベースをアップデートする活動なのです。(第17回に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a1

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

*その他の著書は下の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

DSC_0165
DSC_0165