清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第174話)

第174話:伝えることは自らの意志の発信です。わかりやすく。

 自分自身が言葉を使って、さまざまな「論理」を組み立てる仕事をしているからでしょうか。口をついて表現される一言一句にこだわりを持って発信しています。時にその「こだわり」が、表現上「かたくな」な印象を与えてしまうこともあると思っています。自分の肉体の一部から発せられた表現は、内容を含めて発信者自身の責任に帰するものという覚悟をもって、話したり書いたりしているのが日常です。

 そのような認識でいるからだろうと思います。時にTVで見、新聞で読み、SNSを介して垣間見る政治家(先生)諸氏の発する言葉の軽さには、目を覆い、耳を塞ぎたくなってしまうことがあります。人の質問に対して、質問内容から外れた答えをしながらも、延々と自説を語る方。そこに本来的な問題を解決しようとする姿勢が見えてきません。誰に対して発信しているのかも不鮮明な印象があります。聞いて貰うべき人が存在しない独り言に聞こえてしまいます。

 また、慣用句のように聞こえてくるのが、「丁寧な・・・説明/対応をしたい」という「丁寧」ということ。「しっかりと対応する」という「しっかり」の裏付け。「説明責任がある」「任命責任がある」という「責任」の取り方。

 口をついて出る言葉は、本来、自分の想いが表出されたもののはず。だからこそ、言葉を言霊(ことだま)と言いました。言ったことに対する責任をとろうとせずにいる姿勢では、人はいつかその発信者を「オオカミ少年」のように信じなくなってしまうでしょう。言葉は責任の所在を明示していることにも繋がるのです。

 マーケティングの分野でも、時に言葉をもてあそぶような場面に遭遇することがあります。ちょっとした違いにしか過ぎないものを、さも大きな差があるようにメッセージを流す広告も見られます。本来、自らの顧客に向かって発信すべきは、木の葉のような川に浮かび流れる軽さではなく、自らの想いを表明した「言葉」であり、提供者自身の心の端にある「想い」であるはずです。政治の世界に身を置かれる先生方の言葉には、どれほどの重みがあるでしょうか。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第173話)

第173話:変化を「みる」マーケティング眼を磨く。

 「現在の市場環境をつぶさにみて、今後の戦略を考えよう」。といった声は、マーケティングの分野で日常的によく発せられる言葉です。ここで言う「みる」とはどのような意味を持っているのでしょうか。漢字で表記すればさまざまあります。「見る/観る/視る/診る/看る」・・・、それぞれに意味を持っています。市場の様子を“みる”のは、これらの複合的な意味になるでしょう。

 先ずは、「見る」ことから始まります。現実に起きている事実を、自分の目で確かめること。単に他人の書いた報告書を読むことで、何となくわかったつもりになるのではなく、実際に起きていることを確認する行為でもあります。

 続いて必要なスタイルは「観る」こと。観劇・観賞という言葉もあるように、対象を明確にして、楽しみながらみることです。問題意識を持って、不思議を発見する姿勢でもあります。更に自らの問題意識を深めるためには「視る」ことが必要になります。細かなチェックリストをもって見直すことです。何を調べるべきか、どこで確認するのかといった視点を鮮明に持っておかないと、時折国会議員の行動が槍玉に上がる物見遊山の視察になってしまいます。

 更にマーケティング・スタッフには「診る」姿勢が必要です。診察の言葉があるように、課題解決の方策を考えながら、現状を再度確認する行為です。そして、実行した後の成果を「看る」ことが続きます。状況の変化がどのような様子であったかを、自分の目で確かめることです。

 マーケティング・スタッフとして、何を見るか、何を感じるか。変化の波は、誰に対しても押し寄せてきています。問題は、その変化をどのような見方で「みて」いるかの姿勢が問われるのです。

 新しい「子の年」も、自らの目と心眼をもって、時代の変化を「みつづけて」いたいと思います。(第174話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第172話)

第172話:マーケティング思考の基本は「対」を考えること。

 マーケティングを企業行動に取り込もうと考えている経営者もスタッフも、改めて振り返ってみて欲しいことがあります。共に企業で日々汗をかいていても、いざ仕事を離れれば、皆、消費者であり家庭人です。企業行動のガイドとしてのみマーケティングを捉えてしまうと、人間不在になってしまいます。

 「送り手」である企業の思考は見えてくるのに、「受け手」である顧客の思考が欠落してしまう恐れがあります。マーケティングは、「送り手」と「受け手」の良好な関係を生み出すことを主題にして、ビジネスを考える思考のガイドなのです。であるならば、「送り手」思考を持っただけでは、一方通行になってしまうことになります。自分自身が「受け手」の思考をもって、はじめて両者の関係の中に自分を置くことが出来るのです。つまり、何事においても相手があって初めて「交換」が成り立つと考えれば、マーケティングの基本思考は常に「対」で考えることが必要であることを教えているのです。

 ある現象を知るためには、全体を見るために細かく分けて考える「分析」する力が問われます。Analysisの力です。でも、細かく分けて詳細が分かっても全体が見えなければ新たな姿は見えてきません。「総合・統合」Synthesisが必要です。

 「売る」ことができるのは「買う」人がいるから。「つくる」人は「つかう」人のためにつくっていることになります。

 では「ありがとう」の対は何でしょうか。ありがたいを漢字で書くと、「有ること難し」です。あることがほとんどないから「有難し」です。これを反対から見てみると、あることが「あたりまえ」ということになりますから「当然」が対ということになります。お店とお客様との関係でいえば、「ありがとう」を発信するのは「めったに出会うことのない商品を買うことができた、ありがたい」で「ありがとう」とお客様が言う。それに対して「私どもでは、いつもお客様が新しい出会いを感じて頂けるように心がけております」。口には出さねど「当然のことをしたまでのこと」という対の関係が出来てきます。

 お客様からどれほどの「ありがとう」を頂けるかが、マーケティングの基本行動になると考えられるのです。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第171話)

第171話:一年を思い起し、次の年を思う「望年」の時。

 ここ数年、ネットを介した年賀状も多く見られるようになりましたが、年始の変わらぬスタイルとして、今も私は年賀状を送っています。人によっては、住所確認の意味合いもあるかと思うのですが、私は、個人的に思う一年の抱負を短文で書き綴ってきました。

 改めて今読み直してみると、その時代時代のビジネスの様子を伺い知ることが出来るものです。この3年間に書き綴った年賀文を並べてみると、その時代の想いが透けて見えることがあり、ここ数年の環境変化を思いながらも、変わらぬ志を語り続けています。想いは不変であることを実感します。

2017年
小さなモンスターを探し回って時を刻むより、身の回りの不思議な現象を考える時をもつこと。重ねた経験で解決策を探すことを善しとせず、一つひとつ丹念に取り組むことを心してきました。
「器用にこなす能力」と「頭に汗する脳力」に悩む力も活かしながら次代に続く明日を見つめ、地に足つけたマーケティング・スタッフとして、変わらず元気な歩みを続けていこうと思います。

2018年
考えることは楽しいことと心に刻んで長き時。歩み来たたくさんの過去と会話をすることよりも、まだ見ぬ未来と会話をしながら歩を進める日々。
昨日までに刻んだ時は、明日への道のガイド役。多分野の知と出逢い、学び行く志を胸にだき、小さなことにも「頭に汗する」ことを忘れずに、重ねた知を今に活かした次代への伝承役として、着実に未来への歩を刻んで行こうと思います。

2019年
巡りくる暦の日々の長さは同じと知りつつも刻まれる時のテンポを倍速に感じて歩む今。画面を通じた短い言葉でのやり取りよりも、人との出逢い話し合いを大切にしています。
来し方に紡いだ知が、行く先を照らします。学ぶ志と拓く熱を忘れることなく心に刻み、「時代の知を次代へと繋ぐ」スタッフとして地に足つけて未来に続く道を進み行きます。(第172話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第170話)

第170話:社会のお目付け役「世間さま」はどこに行ったのでしょう。

 今を生きていながら、日々のちょっとしたことに変化を感じることがあります。今まで自分なりに当たり前と思っていたことが、そうではない状況として見えてくる時、何故だろうと不思議な想いが巡っていくもの。そのきっかけが何であったのかが、後になってわかることもあります。社会の変化は、時計の秒針的にコツコツと眼に見えて動きのわかるものと、長針的に日々の変化に眼をやるもの。そして短針的に何となく気がつけば変わっていたということがあるようです。余り秒針的なことばかりを追い求めていると、肝心な数年前との大きな変化を見落としてしまいます。

 1970年代初頭に登場したファストフードは、それまで、歩きながら、しかも手に持ってモノを食べることを、はしたないと教えられてきた呪縛を解き放ちました。80年代初頭のOA(パソコン)革命は、難解なコンピュータ言語を遠くへ追いやり、90年代後半からのIT革命やインターネットは、個人の情報行動の範囲を広げ、自分自身の判断による情報選別の必要性を強く持たせるようになりました。こうしてみてくると、何となくこの10年近くで我々は自分の殻の中に納まり、他との干渉を拒絶する自己中心的な生活価値観を持つようになってしまったように思えることがあります。

 周りに眼をやることをせず、自分の生活行動をそのまま公共の場に持ち込むような「車内化粧」や「車内スマホ」。自分の欲求を瞬間的に発現する「性的犯罪」。この世の中は二人を中心に動いていると誤解する「車内抱擁」。取り上げれば、秒針的な変化は、あたりかまわずです。

 元号を飛び越しても、それ程の昔ではない「昭和」という時代には、この国に「世間」とういお目付け役がいたように思います。どうやら最近「世間さま」はどこかに行ってしまって、あたりかまわぬ気風がこの国を覆っているように感じます。寒さは、冬に向かう季節のせいだけではなさそうな「世間」です。(第171話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。