原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/柔らかい発想(第27話)

 

第27話:棚から牡丹餅はある?ない?

お正月に、毎年恒例の自家製お餅を食べました。

お餅を食べていて、「棚から牡丹餅」という諺と過去の体験を思い出しました。

両親は、私が中学生ぐらいまでは、山林を経営していましたが国外からの安い材木の輸入により国産材の低価格化が進み、現状維持では事業の継続が困難と判断して、一部の山林を伐採。茶園の生産と小さなお米の加工業(ライスセンター)に事業転換しました。

私は、学生時代の休日には家業の手伝いをすることで、ゼロからの事業スタートアップを体験することができました。茶園作りでは、石拾いから苗木の植林、肥料撒きなどにより汗をかきました。ところが、最初は植えた苗木が枯れるなど、努力しても失敗することもあるのだという学びを得ました。

その失敗の経験から再度チャレンジ。土づくりからやり直すことで、美味しいお茶が栽培できるまでの成功ストーリーも体験することができました。

ライスセンター経営では、開業からの数年は試行錯誤で、深夜の作業が続く年が続きましたが、経験を重ねる中で、①予約・②集荷・③加工・④配達などの物流の流れとリピーター客が確保されたことで、安定した経営を継続することを体験しました。

両親が「棚から牡丹餅はない。(労せずにして良いものを得るたとえ)」。自分達で切り開いていくしかないと言っていたのを思い出しました。

私は経営コンサルタントとして多様な企業や組織の人々と出会います。そもそも、棚から牡丹餅はないはずなのですが、棚から牡丹餅により守られている組織があります。

このような組織には、本物の牡丹餅を創リ出す楽しさと達成感を体験する機会を提供することが必要です。

ゼロベース発想により、働く目的を問い続ける場の提供と対話が必要な時代に直面しています。(第28話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/169.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

・わくわくイノベーション塾(主宰者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・イノベーション発想法

・問題解決思考法(交渉術含む)

・問題解決型リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決型リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/柔らかい発想(第26話)

第26話:共感力こそ、イノベーションの鍵!

昨年の1月から、企業コンサルティングと研修講師の他に、クラウドファンディングの仕事も始めました。クラウドファンディングとは、そのまま訳すと群衆からの資金調達のことで、インターネット上でプロジェクトを告知して資金を集める手法です。

私は、FAAVO(ファーボ)というプラットフォームの福岡エリア(地域オーナー制度)のファンド運営責任者です。

FAAVOの特徴は、地域を元気にするプロジェクトを応援するという地域応援型プラットフォームです。

具体的な事例では、「猫が大好きな動物専門の法律家が、何らかの理由で飼育できなくなった猫の殺処分という問題を解決したいという想いから、古民家を改修して保護猫専用のカフェを開業するプロジェクトを起案しました。経費の資金調達を目的にクラウドファンディングに挑戦しています。そして、この想いに共感された多くの猫や動物ファンの方々から支援金が集まっています。

FAAVOのもう一つの特徴は、購入型クラウドファンディングというタイプで、支援者に対してのお返し(リターン)を用意するルールがあります。

先ほどの保護猫カフェの例では、支援者に対して、猫スペース無料券などのメリットを提供します。つまり、お互いが得というwin-winの関係なのです。

起案者の皆さんに共通することは、地域や社会の問題を知り、その問題から目を背けるのではなく、問題を解決するために自分に何ができるかを考え、主体的に行動につなげています。その想いと行動から共感が生まれるのです。

2016年1月現在では、5つのプロジェクトがFAAVO福岡のクラウドファンディングに挑戦しています。

今後も、勇気あるリーダー達の想いと共感されるファンの方々の想いをサポートしていきます。(第27話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/169.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

・わくわくイノベーション塾(主宰者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・イノベーション発想法

・問題解決思考法(交渉術含む)

・問題解決型リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決型リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第25話)

第25話:組織変革のリーダーシップ

答えのない時代には、答えを考える思考力と仮説を検証していく行動力が必要です。今回は、行動にフォーカスした「問題解決型リーダーシップ」について述べます。

コンサル先での問題解決の中で、上司のリーダーシップについて不満をもつ社員(職員)が多く、リーダーシップとは何かについて一緒に考えていくケースがあります。

上司からのコメントは、「部下が何を考えているか分からない。意欲がない。努力しない。」という意見が出てきます。

一方、部下からのコメントは、「上司が理解してくれない。仕事を任せてくれない。方向性を示してくれない。」という意見が出てきます。

不満を述べている部下も、数年経つと自分が部下をもつようになります。そして、上司の立場として仕事の問題をどのように解決して良いのか迷い悩み、とりあえず過去の経験や思いつきなどの結論の出し方により、部下から不満を抱かれているという行動が繰り返されています。

この問題は、個々人の「やる気」だけが原因ではなく、リーダーシップとは何かを考え、組織としてリーダーシップ力を高め、リーダーを育成していく制度の欠如が考えられます。

問題解決型リーダーは、あるべき姿となるゴールを明らかに示し、現状とのギャップ(問題)の原因と解決策を部下と共に一緒に考えます。そして、解決の行動となる仕事を任せて、責任感をもって検証を繰り返しながらゴールという達成感をチームに与え、部下の能力を引き出す人なのです。与えた仕事を管理するだけの上司は、リーダーではなくマネージャー(管理者)です。

このように、リーダーシップには問題を解決する考える力と部下とのコミュニケーションとなる対話力が必要なのです。(第26話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/169.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第24話)

第24話:掘り下げる考え方

ビジネス現場でありがちな判断決断の仕方に、最初に考えたアイデアや解決策を不確実性が高いまま実行する人がいます。何も実行しない人よりも主体性や行動力があることは褒めたいのですが、挑戦というよりは無謀という言い方の方が当てはまるのではないでしょうか?

以前のコラムで、最初に3つぐらいのアイデアや解決策を考えることで、たった1つの思いつきによるアイデア出しや「これしかない」という思い込みを防ぐことが必要だということは述べさせていただきました。

では、次のステップで大切な考え方は、問題の原因や解決策を掘り下げていくという考え方です。

掘り下げていくために最も有効なツールは、「なぜ?」という質問を繰り返すことです。有名な事例では、トヨタ自動車の「なぜ」を5回繰り返すことで本質的な原因や解決策に辿り着けるという考え方が非常に参考になります。

「なぜ」以外の言葉では、「どうして?ほんとに?具体的には?どのようにすれば?事実は?」も有効な質問ツールです。

しかし、掘り下げても本質的な原因や解決策に辿り着かない場合は、いつまでも掘り下げ続けるのではなく、横にずらして新たに掘り下げていくという柔軟な発想も必要となります。

そして、その複数の代替案を要約または優先順位を決定することで結論(仮説)という仮の答えを考えることができます。

さらに、仮の答えの検証を横と縦の考え方で検証していくことで、仮の答えが「答え」に辿り着くのです。

この考える力は、答えに近づくために必要な第1歩となる勇気の源になります。(第25話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/165.html

https://faavo.jp/fukuoka

 原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第23話)

第23話:ぶれない軸

ビジネスや日常の会話の中で、「あの人は、ぶれている。ぶれていない」。さらに、「ぶれているのは軸がないからだ。」などということを聞きます。

では、「ぶれない軸」とはどんな軸のことでしょうか?

例えば、ビジネスコンサルティングの仕事をしている時、経営者に対して仕事上での問題解決を行うケースがありますが、なぜ?と失敗の原因を謙虚に深堀して考える人がいます。そして、解決策を考え軌道修正していきます。この社長さんは、「仕事の目的と方向性を示す」という軸があるのです。

一方で、失敗の原因は、「景気が悪いから、運が悪かった、お金がないから」などと「他人ごと」のように嘆くだけの社長さんがいます。こちらは、「軸がない」ということになります。

船の航海で例えると、「軸がない」というのは「羅針盤がない」のと同様であり、どこに向かっているのか分からない状態であり、自分自身では判断決断ができずに路頭に迷い、目的地に辿り着くことがない状態が続きます。

その船に乗っている船員(会社員や職員)は、方向性が定まっていないので、迷い悩み、仕事も楽しそうではないし、仕事の目的が分からないまま日々を過ごすことになります。

まずは、この方向に進めば目的地に辿り着けるのではないかという軸を「仮説」として設定することが必要です。

軸をしっかりと持っていれば、ブレも迷いもなくリードしていくことができます。軸を持てば、「悩むのではなく考える」ようになります。(第24話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/165.html

https://faavo.jp/fukuoka

 原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////