清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第145話)

第145話:音から広がる「想像力」も創造のきっかけになります。

 3ヶ月を一つの区切りにして、テレビのドラマが幾つか変わっていきます。自分自身はそれ程テレビのドラマは見ることもなく、いつの頃からか、テレビを見るのはニュース番組が中心で、それ以外を視聴することのない生活習慣が身についてしまいました。仕事柄もありますがCMは良く見るのですが、他の番組となると目を凝らして見入ることがありません。テレビから流れる喧騒を離れて、活字に眼をやっています。しかしオフィスでは、映像を見ることよりもFM放送から流れる音楽やニュースが自然と耳に入ってきます。

 その昔、昭和30年代の頃、一日の始まりは映像ではなく「音」であったように思います。牛乳ビンがぶつかる音、母がガタガタと立て付けの悪くなった雨戸を開ける音。そして、ラジオから流れる音楽や時報を聴きながら朝の身支度をしていたように記憶しています。帰宅して夕刻になれば、子ども向けのラジオドラマが始まりました。女性の銭湯が、がらがらになったという「君の名は」というドラマも、ラジオの番組です。そこには映像の情報はありません。音声だけの情報です。

 映像がないので、聴取した内容から自分なりの想像が広がっていきます。ヒーローも原作は漫画で、後になって映画にもなったものがあります。映画より前に、胸躍らせて動画を描いたのは自分の想像力です。状況の解説と台詞だけですが、それでも周囲の情景は自分の脳裡に鮮やかに描かれていたものです。翌日学校に行けば、そのラジオドラマの話が弾みます。10人いれば10人のヒーローが活躍していました。想像の世界のぶつかりあいがあったのです。

 時流れて今や、情報はその殆どが映像です。想像の世界を遮断しているようにも感じることがあります。一人ひとりが勝手に想いを広げることよりも、これこそが真といったスタイルが見えてきます。これほど映像が当たり前になってくると、「想像力」を「創造力」に繋ぐメディアとして、ラジオの役割も今一度見直す必要があるように思えてきます。(第146話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。