原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第8話)

第8話:25%の機能を100%活かすイノベーションの考え方

今年、身体に障害があるアスリートさんと知り合いになりました。

体に障害はありますが、25%の機能(健常者の4分の1)を100%活かしていくこと。そのためにできることは何かと考えて、ハンドサイクリストとしてアスリートを目指し、「できることを続け、そのことを伝える」仕事をしています。

この方との出会いにより、五体満足に生まれながら、できることすらできていない自分を反省しました。そして、新たな学びや気づきがありました。

それは、高齢となり機能が低下しても、人口や財政が減少しても、できることは何かを考え続けていくことが必要なのだということです。

人口減少により国内労働者が減少するのなら、海外から労働者を受け入れる組織や仕組みを作るかクラウドソーシングする方法もあります。

国内財政が縮小するのであれば、海外ビジネスへの展開やクラウドファンディングを活用するなどの方法もあります。

いずれにしても、現状維持では衰退路線から脱却することはできないでしよう。

広い視野や視点を変えることにより、未来のあるべき姿を描き、何をする必要があるのか?何が足りないのか?どのような行動をすべきかを考え、小さくスタートしてみるのです。そして繰り返しながら答えを創りだすのです。

日本の場合、五体満足の人たちが、補助金や助成金を継続して受け続けているのに対し、このアスリートのように障害があっても補助や助成に頼ることなく生きていることは珍しくはないのでしょう。目を見て対話をしてみれば、明らかに人間力の違いを感じます。

イノベーションとは、できるとしたら何ができるかとポジティブに考え行動する人。そして、挑戦し続ける生き方から生まれてくるものだと考えます。

9月の「わくわくイノベーション塾」のテーマは、25%の機能を100%活かすというミッションにより、参加者の皆さんと一緒に未来を描いていきます。(第9話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

  • わくわくイノベーション塾と地域クラウドファンディング(FAAVO福岡)の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/159.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロジェクトマネージャー)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・社会イノベーション

・問題解決思考

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」セミナー

・「経営活動の問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「クリエイティブ・シンキング」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第7話)

第7話:地域✖クラウドファンディング〜想いの現実づくり〜

クラウドファンディングの仕事を始めてから、「私には大切な想いがある」と魅力的に話す経営者さん、社会人さん、学生さんに出会うことが多くなりました。

皆さんに共通していることは、「社会に貢献したい。誰かを助けたい。喜ばせたい。」などの“想い”があることです。

その想いは、自分ごとだけではなく、他人ごとや社会の問題を解決したいという内容なのです。そして、その想いの実現に向けて主体的に行動しています。

その想いや行動を実現するためには、資金が必要となります。補助金は申請項目に該当しなければ申請対象になりません。そこで、テーマ内容に共感できる一般の方々からインターネットを通して広く資金を集めるクラウド(群衆)・ファンディング(資金調達)という仕組みで、想いの実現に挑戦しようとする方が増えてきています。

それと、クラウドファンディングは資金調達だけでなく、プロジェクト内容を事前に広くPRすることで、テスト・マーケティングやファンづくりになることも大きなメリットです。

クラウドファンディングのサポートで、1人の勇気ある若者に出会いました。その若者は、中学の時に探検部に入り、町から町へ山から山へと歩くことで地域の魅力を知る「歩き旅」を経験しました。

社会人となり、自然や地域の人との交流など歩き旅の面白さをみんなに知ってもらいたいと「自然歩道の魅力を伝えることを仕事」に選びました。

現在は、「九州自然歩道を日本の代表となるロングトレイル」にするために、歩きながら調査に取り組んでいます。

胸の内にある「大切な想い」とは何でしょうか?

その想いの実現に向け、どんな行動が必要でしょうか?

凝り固まった枠の中で、ネガティブな意見や他人の評価に左右されながら人生を歩んでいては、想いの実現は不可能でしょう。勇気も湧いてこないでしょう。

中学時代からの想いを大切にして、目的の達成に向けて行動し続けている若者は、勇気ある若者です。イノベーションを起こすには勇気も必要だと感じています。勇気ある人との出会いや対話の場があると良いですよね?(第8話に続きます)

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

  • わくわくイノベーション塾と地域クラウドファンディング(FAAVO福岡)の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/159.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロジェクトマネージャー)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・社会イノベーション

・問題解決思考

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」セミナー

・「経営活動の問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「クリエイティブ・シンキング」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第53話)

第53話:リアリティはつくられたものではなく、今起きている事実です。

 日常の生活行動の中で、テレビを通じた情報収集の時間の割合が徐々に減ってきていることを感じます。インターネットを通じたものや、雑誌等の文字情報に接することの方が多くなってきました。その日のニュースは見ますが、ドラマなどは、その時々で話題になっているものを見流す程度。こちらから積極的に見ようと動機付けられるような番組がないことが大きな理由です。と言うよりも、余りにもつまらないからです。
 
 過去に作られたものを、さも今のように伝える嘘くささ。結論を待つ瞬間に場面が転換し、再開時に繰り返し戻って同じ場面を見る空しさ。ちょっとでも注目されると、さながら消耗品のように登場してくるタレントを見る退屈さ。世間で流行っている言葉をそのままドラマのタイトルにする軽薄さ。どこから見ても、視聴するに値する番組が余りにも少ない。特にリアリティの欠落は致命的です。

 虚構の世界は、映画がその役割を担っていたのですが、TVが同類になってしまったように感じます。時代の今を伝えるべきものが、今ではない時につくられたモノを承知で、視聴者も今の気分で見ている。どこまでが本来の時間なのかを忘れてしまいます。正月に流れた番組でも、年が変わっているにもかかわらず出演者が「来年」と口走ってしまう。視聴者側も、今流れている番組が、今つくられているものではないことを承知しています。

 草創期のTVドラマは、その時に演じている事実を提供していました。そこには、何ともいえぬ緊張感があったものです。うまく演じられなかった瞬間がある。裏方の動きが見えている場合もある。それだけに真剣。見る側も失敗を許さないのではなく、容認しながら見ていました。動きを無理に止めて、場面転換することもない。それだけに、次の展開が楽しみになる。昔を懐かしがるわけではありません。入念に事前チェックがなされたモノにこそ、自在性を感じるものなのです。リアルな動きや会話。マーケティングに求められるのも、今をリアルに考える思考であることを忘れてはならないと思います。(第54話に続きます)
 

清野裕司氏講義中
清野裕司氏講義中

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司
Eメール: maps@mapscom.co.jp
URL: http://www.mapscom.co.jp

books

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。
(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)
 

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第6話)

第6話:未来人からのメッセージ?未来シナリオの描き方

突然、あなたの目の前に、未来人が現れました。「あなたの住んでいる街は、2040年に消滅してしまう」と言いました。現代人は頭が良くデータから未来人と同じような消滅危機を予測していました。なぜなのか現代人は、この問題から目を反らすので、未来人は、未来の危機を伝えるために現れたのです。「2020年になってからでは手遅れとなり、2015年の今から備えていかなければ間に合わない。2040年に街が消滅せずに、より良く暮らしている地域未来のシナリオを一緒に描くまでは、未来に戻れない」と嘆きました。

そこで、あなたは、未来人と友人・知人・様々なステークホルダーたちの知恵を借りながら、一緒に未来シナリオを描くことにしました。

皆さんなら、どんなステークホルダーと一緒に、どんな未来シナリオを描きますか?

過去は事実ですが変えることはできません。未来は不確実ですが変えることはできます。過去から現在の時代背景を把握して、今後の変化の兆しは何なのかを考えてみることが、未来シナリオ描きの大きなヒントとなります。

未来シナリオを描くには、不確実性が高く影響のインパクトが大きい変化の兆しから、未来を左右する分かれ道(軸)を発見することが重要です。

異なる軸から異なる世界観を描き、世界観を具体化しながら未来へのシナリオを作成していくのです。

これが未来に向けての方向性となり、ゴールに続く新しい道づくりと未来に向かうスタートの第一歩となるのです。

その世界に魅力があり実現可能性があるのならば、新しい実現づくりに向けて勇気をもってアクションすることが最も重要です。

自分と周りのステークホルダーの考え方と行動の変化から、社会イノベーションが起きるのです。(第7話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/157.html

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロジェクトマネージャー)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・社会イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」セミナー

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「クリエイティブ・シンキング」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第52話)

第52話:創造性を育むのは「ごっこ」の思考かもしれません。

 既に半世紀近い時が流れた昭和の話。子どもたちの遊び場は、家の近くの原っぱや空き地でした。今の環境からすれば危険極まりないところで、仲間と生み出した遊びに夢中になっていたものです。「三丁目の夕日」に登場してくるような景色は、既にセピア色の郷愁すら誘う時が流れた昭和30年代の景色です。

 その頃の遊びに、さまざまな「ごっこ」がありました。「鬼ごっこ」「電車ごっこ」「怪獣ごっこ」「戦争ごっこ」・・・・。誰かのアイデアが仲間の遊びに昇華して、「ごっこ」は擬人的な真似の世界を自分たちの世界に引き込むものです。そのためにはルールが必要です。これは、リーダー(ガキ大将)が言い出したとしても、メンバーの合意形成がないと成り立ちません。小さいながら、組織の基本ルールに沿った「ごっこ」の真面目なルールが形成されます。そして皆真面目に、それぞれの役割になりきる。なりきらなければ「ごっこ」にはならないからです。「電車ごっこ」であれば、運転手・車掌役の子は、見てきたこと、聞いてきたことを基本に、出来るだけリアルに演じます。だからこそ、その場の仲間はますますその気になるのです。

 最近、そのような「ごっこ」に出会うことが少なくなりました。リアルに近いモノが既に準備されています。準備された道具をうまく操作することに長けた子どもが増えてきます。「ごっこ」は想像の世界から、自然と創造する力を育んでいました。

 今、新たなマーケティング・モデルの創出が待たれています。マーケティング・スタッフに「ごっこ」のマインドが必要な時代です。体験をベースにしたシミュレーションを、あるルールの中で真面目にやってみる「ごっこ」をビジネスの中で展開することが、新しい発想を生むきっかけになるかもしれません。(第53話に続きます)

清野裕司氏夏休み
清野裕司氏夏休み

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司
Eメール: maps@mapscom.co.jp
URL: http://www.mapscom.co.jp

books
清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。
(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)