清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第141話)

第141話:「落ちる」と「落とす」。主人公を忘れていることがあります。

 比較的昔から人気の焼鳥屋でのこと。30代と思しきビジネスマンの集団の一人が大声で「箸が落ちたので取り替えて下さ~い。」焼鳥屋で箸とは、串焼き以外に何かを食べながらのことかと思いつつ、瞬間的に耳に入ってきた言葉です。

 ふと、箸は「落ちる」ものなのかと・・・、誰かが「落とした」のではないかと思いました。それとも、テーブルがひどく傾いていて、自然と転がり落ちたのでしょうか。いや、先の言葉は何のためらいもなく発せられています。主体が箸になり、そこに働きかけた何がしかの力が何であったのかが不明瞭なままです。

 主体者は自分であり、自分のミスにより箸を落としてしまった、との思いは見られません。しかし、日常生活では当たり前のように使う言い回しです。「何もしないのに傘が壊れた。だから新しいものを買って。」子どもの言葉。「知らないうちにカメラが壊れた。買い換えなければ。」父親の言葉。

 そして「売上が落ちた。何とかしなければ。」経営者の言葉。「売れなくなった。なぜだろう。」企画マンの言葉・・・。取り上げればきりがありません。主体者がいるにもかかわらず、何となく客体化した言い回しです。

 本来は、「これといった手を打たなかったので、売上を落とすことになってしまった。」「顧客のことを考えることもなく商品化を進めて、失敗してしまった。」と言うべきところなのです。

 主・客の気づきは、自分の思いの中にもあります。そもそも箸は、誰かが何がしかの力を与えなければ「落ちる」ことはありません。明らかに「落として」しまったのだと思うのですが。(第142話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。