清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第164話)

第164話:ビジネスパーソンは、今いる「場」を知ることが大切です。

 ビジネスの世界に身を置いていると、実にさまざまな人に出会います。発想豊かな人。発想は旧来型で面白みは何も無いのですが、いざ行動するとなると素早さを見せる人。アイデアも行動力もさしたることは無いけれども、決められたことを地道に実行するとなると、ルールにのっとって大過なくやり過ごすことの出来る人。多士済々です。

 ビジネスの世界では、その誰かが欠けても、ある一つの道筋がつくりにくいといったことがあります。また逆に、あの人は別にいなくても、他の誰も困ることはない、といった存在の人もいるもの。なぜ、あの人がこのメンバー(部門)に存在しているのだろう、と疑問に感じるような人もいます。

 これが、それぞれ個人の生活となるとさらに様々です。ビジネスの空間では活かされるキャラクターも、日常生活になると全く正反対の性格を見せる人がいます。ビジネスでは行動力溢れる人も、一歩離れると全くといって良いほど動きの鈍い人。その逆にもであいます。ビジネスの中にあっては動きが鈍い人が、いざ自分の家庭や家族のことになると、疾風怒濤の行動力を発揮する。

 そのような人が、お互いの生活観や人生観の話をし始めると、全く話の筋が通じなくなってしまいます。何故わからないのだろう?と疑問に思いつつ、これ以上議論しても止む無しと、何となく合意すること無いままに自分の思いのたけを一方的に話をして終わってしまうことが多いようです。

 どうやら、自分の立っている「場」がお互いに違うようです。立っている場とは、自分が見ている世界でもあります。職場にあっては、共通のビジネス目標を提示され、それに向かって自らの能力や個性を発揮していく「ビジネス場」があります。しかし、個人生活では自分の立場は自分で目標を設定した「生活場」になります。目標が違うのですから、当然振舞いも異なります。

 「場」をわきまえるのは、まさに今自分の立っている「場」を知ることです。「場違い」な振る舞いは、その場の空気すら悪くしてしまうものです。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第163話)

第163話:「やすい」は、「安い」だけではなく「易い」もあります。

 世界規模での経済停滞を感じるからでしょうか、販売の一線では、どうしてもモノを「安く」売ることが当たり前のような空気が流れているようです。売りの仕掛けでもありますが、かつて携帯端末を「0円」でばら撒いた時をほうふつとさせる場面に遭遇することすらあります。

 そのような時代環境にあってふと振り返ると、果たしてそれが社会的な善なのかを思ってしまいます。

 確かに、機能的な差がないモノの場合には、全く同じモノを少しでも安く購入しようとする心理は働くでしょう。何もわざわざ、同じものを高く買う必然性が無いことは確かです。しかし、購買に至る際の心理は「安さ」だけがポイントなのでしょうか。

 価格の「安さ」だけで、人は店に出向こうとするのでしょうか。もちろん今は、店に行くことなく買い物が出来る環境ではありますが。ここで一度「安い」の反対語は何かを考える必要があるのではないかと思っています。

 交換行為を想定していると、「安い」-「高い」の構図を描いてしまいそうです。であれば「高い」の反対語は何でしょうか・・・。

 「低い」も当てはまります。敷居が低い/腰が低いといった表現があります。つまり、顧客との関係がなかなかうまくつくれずにいる店や仕組みは、どこかに近づきがたいような要素があるのでしょう。

 そう考えていくと、「やすい」の反対語は「難い(にくい)」でもあります。「入りやすい・選びやすい・話しやすい」店と、「入りにくい・選びにくい・話しにくい」店になります。

 マーケティングの発想は、多元的視点の複合です。何も価格の「安い」だけではなく、仕組み自身の「易い」も考えることを忘れていないかを、自問自答していたいものです。(第164話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第162話)

第162話:「知情意」のバランス感覚がマーケティング力を高めます。

 夏目漱石の「草枕」の冒頭に次の一節があります。「知に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引っ越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画が出来る。・・・」人が生きて行くためには、「知・情・意」の三つのバランスが必要なようです。

 個々に見てみれば、「知」は知識、理屈、道理、分別であり、「情」は人情、気持、感情、情緒、そして「意」は意思、意志、意地の意味を持つものです。

 人の日常生活は、まさに知情意のバランスであることを感じます。自分自身が今何をしなければならないかということを「知」っていても、いざ取り組もうとした時に目的に対して「情」熱が高まってこなければ、なんとなく惰性でこなすような行動に陥りやすくなります。しかも、やり始めたならばやり遂げる「意」志がなければ、途中で挫折もします。

 学校の教育現場においても、「知識」ばかりを詰め込んでも、所詮社会生活には何の役にも立たないと思う「感情」が走ってしまう場合が見られます。決して日常の生活行動は、ある公式で動くわけではなく、人それぞれの「意志」に基づいて行われるものであり、その判断を更に高次なものへと引き上げるために、新たな「知識」が必要になるのですが、目の前にある難解な文章や公式に拒絶反応を起こす人がいます。学ぶチャンスの放棄であり、もったいない。

 多くの企業人と、さまざまなマーケティング・テーマの研究や研修をする際に、これら三つの意味と要素のバランスの重要性を感じます。一般的に研修というと、「知識」を深めたり自らの技能レベルを確認したり、新たな「情報」や手段の習得を目的にしています。したがって、どうしてもその時間の中で何がしかの成果を得ようと必死になる「意志」が働くものです。しかし、短期間では何となく理解できたと思えることも、いざ自らのビジネス現場に戻ると、また違った感情になり、あれはあくまでも研修での出来事だったと、元の鞘に収まる人もみられます。

 マーケティングは本来、人の暮らしの中に新たな「知恵」を提供することに「情熱」を持って取り組み、変化に適応した「意思」決定を繰り返す、「知情意」のバランスの中で行われるものだと思っています。(第163話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第161話)

第161話:通勤電車は、さながら動物園にいるような気分になります。

 何ともなくやり過ごしている日常の景観も、ふと不思議を思いつくことがあります。日々、私鉄に乗りオフィスに向かいますが、その移動中に眼に入ってくることが、今の世相を凝縮して見せているように感じます。車内にはさまざまな人がいるもの。その小さな行動は、その人にとっての日常でしょうから、今の世相が見えてくることは、当然でもあります。

 辺りかまわず自分の上辺を整えようと化粧に熱心な人。さながら「タヌキ」。

 昨日の仕事疲れが残ったままなのか、周りを気にせず大あくびする人。まるで「カバ」。

 少しの隙間を虎視眈々と狙って、素早く席に座ろうとする若者。これは「イタチ」。

 他人の読む書類に、巧みに眼を動かしながら時には顔の向きも変わる紳士。「フクロウ」を思う。

 どっしりと構えて、乗降がどれ程あろうがお構い無しに大荷物を置いたままの方。あなたは「クマ」のようです。

 通勤時間に似つかわしくない、昨夜からの遊びを引きずったままの若者集団。朝を迎えた「昆虫集団」でしょうか。

 駅に着くや否や回りには眼もくれず一路改札口に突進するビジネスパーソン。「サイ」のようです。

 プラットホームでは、電車を待つのではなく疲れを癒そうと、朝からベンチで眠る「キツネ」のような方。

 周りの様子を気にするよりも携帯の窓の方が大事そうな人たちは、「サル」の軍団でしょうか。

 こうみてくると、まさに動物園の状況です。今、この国は疲れているのでしょうか。元気溌剌と草原を駆け抜ける動物に出会うことがなかなかありません。何となく生気の無い動物に会うために、毎朝の通勤電車に乗っているように感じてしまう、朝の通勤動物園の一コマです。(第162話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

Video Business Letter : コンテンツ・マーケティング

株式会社ジパング・ジャパンは中国・香港・台湾向けのマーケティングを支援します。ビデオビジネスレター(8分25秒音声付)ご覧ください。

あなたはインバウンド集客でこんな間違いをしていませんか。

限られた予算内で、効率よく集客ができないかお考えでしょうか。

答えは「可能です」が、「どうすれば効率的に集客ができるのか」の考えをまず変えてください。大事なのは「どうすれば、お客さんが喜んで集まるのか」を考えることです。

1920年代商業ラジオ、そして1950年代のテレビの登場は、それまで長期にわたってビジネスの関係を支えてきた親密な「市場文化」を軽じるようになりました。なぜなら、

それは「広告」が企業にとって夢のような役割をはたしていたからです。しかし、、、

企業の信用や誠実さ、名誉、サービス、評判といった顧客にとっての価値観は二の次になりました。

企業は画期的なビジネスモデルと、最高のイメージを伝えるクリエイティブな広告、そして強力なメディアがあれば十分だったのです。これがブランドでした。ところが、、、、

1990年代にインターネットが登場し、2005年までにソーシャル・メディアが普及し、2016年以降日本でもコンテンツ・マーケティングが本格的に行われ始めようとする中で、状況は大きく変わりつつあります。

変化にお気づきの方もいれば、まだ先のような気がする方もいらっしゃるでしょう。しかし「コンテンツ」は確実に相手との関係に活気をもたらす機会を提供し、そのための刺激をもたらしています。

テレビ・ラジオは情報は流せても顧客をコントロールできなくなってきています。
「コンテンツ・マーケティング」とは、簡単に言いますと、、、、

①相手が欲しい情報をぶつける。
②その情報を発見するための仕組みを作る。
③リピーターを作る。
④この繰り返しのことです。

いわば、
撒き餌して魚を集め、網をかけ、さらに稚魚を育てるという繰り返しです。

これをリアルな実販売やイベントに上手く絡めるとブランドの構築に大きな効果が出てきます。なぜならば、

彼らはあなたの店や商品やサービスを求めて日本にやってくるからです。そして、体験は自分のストーリーとして友人にも教えたくなります。これがブランドです。

コンテンツの重要性はますます増しています。
しかし1990年代にインターネットが出てきてから、一方で世界中のウェブページ数は130兆にのぼり、情報の過密化が信じられないほどの速さで進んでいます。

いい情報であっても過密化のために発見されにくくなっています。そのため相対的に広告費用は継続的に上昇しています。また、

ホームページは見てもらえなくなっています。
SNSで情報を流してもなかなか広がりません。
では、何か他に手はないのでしょうか??? 

残念ながらありません。
だから、皆同じ問題で悩み、同じスタートラインに立たされている状況です。今やらなければいけないことは、

コンテンツの質も大事ですが、まず量をこなし、発信し続けることです。そして、お客様に発見される仕組みを整えていくことが重要になります。

さて、3,000万人インバウンド時代になったとはいえ、日本人国内旅行者ののべ5億6,000万人に比べれば、まだ全体の5%ほどです。しかし、、、

一人当たりの消費額は日本人の3.6万円に対して、インバウンドは15.3万円(うち8.6万円が買物・飲食)と4倍以上になっています。

一人のインバウンド客が増えることは日本人を4人集客するに匹敵します。韓国人だと日本人2人分しかありませんが、中国人だけで見ると、日本人6人分にあたります。

爆買いもまだ続いているのでしょうが、インバウンド集客は費用対効果がいいのです。

これからは、個人旅行、リピーターが増える時代に入っていきます。さらに、なんと、世界の「ミレニアム世代」は2020年以降労働人口の50%に達します。

ミレニアム世代とは生まれた時からデジタルに慣れ親しんでいる人々のことです。つまり彼らにとってコンテンツは必要不可分なものなのです。また、企業にとっても、新たな需要を作り出すビジネス・チャンスとなります。

私は現在、九州の焼酎はじめいろんな銘品・名産物の海
外PR活動のため、コンテンツ・マーケティング支援やデジタルや紙媒体のメディアの企画開発に取組んでおります。

国内売上が減少する中での活路として、インバウンド需要にもっと取組んでいきという企業も増えています。
インバウンド向けの取組みは、最終的に輸出や越境ECにもつながります。

ここで、前に述べた「コンテンツは確実に相手との関係に活気をもたらす機会を提供し、そのための刺激をもたらしています。」を思い出してください。

地元観光資源と御社の商品・サービスをうまく融合させ、インバウンドを通してアジアに、さらには世界にブランドを広げる大きな機会をご提供させていただきたいと思います。では何をやるか?ですが、簡単に申しますと、、、

コンテンツの制作と配信です。
コンテンツは写真・テキストコンテンツと動画コンテンツを制作します。

70%が動画を見て旅先を決定していることから、旅マエ戦略として動画は有効です。動画はメディア配信だけでなく、提携している中国旅行会社や大手旅行予約サイトで使ってもらいますので、即効性はあります。多言語化も可能です。
旅ナカ戦略としては中国語新聞半月文摘「四季九州」やデジタルアプリ「ミャオジャパン」で定期的にコンテンツを配信していきます。

デジタルの世界は絶対評価でなく相対評価ですので、情報伝達の伸び率は直線ではなく指数関数的に伸びでいきます。

つまりどんなニッチな分野でも、ちょっと遅れた二番煎じの情報はある時点から全く反応しなくなるというコンテンツ・ショックに陥る可能性があります。

安価でスタートすることが可能ですので、
とにかく始めたが勝ちです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お問い合わせ先は、
株式会社ジパング・ジャパン
電話 080-5029-9165