清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第167話)

第167話:人生の主役は誰?「〇〇の」が付くのは脇役?

 夏休みも終わり、小さな子どものいる家庭では、夏の1ヵ月半とは異なった生活時間が始まりました。それぞれが、各自の生活空間に戻っていき、主役の座に戻ることになります。人生は一人一人が主役の舞台を持っているもの。しかし、昔からのことではありますが、家族間の呼称についてある思いがよぎることがあります。夏休み期間中によく耳にした夫婦間のやり取り、「パパ」「ママ」と呼び合うシーンである。

 特段にそのことが悪いとは言わないが、呼ばれている本人たちは、自らの人生舞台でいつの間に主役の座を明け渡しているのだろうかと感じる時です。「パパ」は子どもを主役にしたときの、対象呼称。「ママ」もしかり。子どもを前にしたならば、そこにコミュニケーションの三角構造が出来るので、何ら違和感はありません。しかし、子どもが介在しない二人だけのやり取りに、お互い「パパ」「ママ」。結婚した当座は、違う呼称を使っていた筈です。名前で呼び合ったりしたのではないでしょうか。それが、子どもが出来た途端に子ども主役の呼称。何故それ程早く、自分が主役である自分の人生で、脇役になってしまうのでしょうか。

 子どもが小さいときの呼称が、そのまま何年も使われることがあります。「○○ちゃんのパパ」「△△ちゃんのママ」といった呼称。その子どもが二十歳を過ぎても、そのままということもあります。不気味な感じがします。

 いつの頃からか、自分の伴侶を「奥さん」と言う場面に出逢うことがあります。他人に自分のもっとも身近な存在を知らせるのに、何故丁寧語を使わなければならないのでしょうか。それ程、自分にとって距離のある存在なのでしょうか。自分を主役にした状況であれば当然「女房」「妻」「家(うち)の者」「パートナー」といった呼称もあるでしょう。

 夏を終え秋になる。人生の主役は誰か、もう一度じっくりと考える季節かもしれません、そこにいる「パパ」&「ママ」。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第166話)

第166話:良い「モノ」には、相応しい「モノ語り」があります。

 自分自身の生活空間を見回してみると、実に様々なモノに囲まれていると感じます。狭い自宅の一室には、TVやPCが置いてある。仕事をする際に着用するスーツやネクタイも同じ部屋です。もう何年も使ったことのないモノまでが同居しています。他人から見ればガラクタに過ぎないモノも、自分にとっては捨てがたく身の回りに取り置く結果になっています。どうしても空間自体が狭まってしまい、そのことを承知で、たくさんのモノに囲まれて時が流れます。

 思えば長く消費者として生きてきた自分。そして、多様なモノを購入してきました。その時々で無用とは当然思わずに購入したモノです。しかし、時は流れます。自らの生活スタイルも変わるもの。時々に輝きを見せていたモノたちが、いつの間にかその輝きを失い、今の自分にとっては無用のモノになってしまっています。生活循環の宿命でしょうか。存在しているモノが、過去から今までの「物語り」を思い出として語っていくようになります。

 仕事柄もあるとは思いますが、いつも街や店を見ていると「こんなモノがあればよいのに」「便利になるモノを見つけた」と悦にいることがあります。しかし、それらをどのような場面でいつ使うのかとなると、判然としないコトがあります。モノは手に入れてしまえば自らの保有物になりますが、使い始めて価値を生み出します。そこでのモノの持つ意味や役割がはっきりしなければ、「事始め」にはなりません。使ってみてはじめてそのモノの良さを再認識するコトがあります。もちろんその逆に、即刻無用の長物と化してしまうモノもある。

 企業の製品開発において、「モノ発想」ではなく「コト発想」の重要性が言われます。もの言わぬモノに「物語り」を語らせるためにも、そのモノの存在する時間と空間を想定し、合わせて登場する人間を考えておかなければ、コトは始まらないのです。(第167話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第165話)

第165話:夏休みの「疲労感」に「ガンバレ」一声。

 仕事柄、月に数回の出張がありますが、夏の出張は普段のそれとは若干様子が異なります。いつもの新幹線、いつもの飛行機で、小さな子どもを連れた家族と一緒になります。夏休みという時期です。その光景に何の違和感もありません。ただ、こちらは書類の入った大きなバッグ。一方は、やはり大きなバッグを片手に、そして片方の手は子どもの手を持つ、そんな父親。いつもは、スーツ姿であろうと思われる男性が、今日はもうひとつの顔を見せています。

 子どもは、なかなか親の言うことを聞かないもの。空港に着く。雑踏の中、不安そうな顔は父親。子どもは、さもその混雑を楽しむように動き回る。好奇心を止めることは出来ない。危険の度合いをどのように測るべきかは、そのときの状況によります。何に対しても「駄目」を繰り返していたのでは、新しい発見や発明をしようとする心を抑えてしまうことになってしまいます。父親はあきらめて、待合コーナーの椅子に腰を下ろす。母親が不安と、子どもを叱らぬ父親への不満を顔に表しながらも隣に座る。

 搭乗時間が近づく。子どもの姿が見えない。ちょっとした隙に、売店かどこかに行ってしまったようだ。父親の出番。周りを小走りに動き回る。見つけたようだ。また片方の手はしっかりと子どもの手を持っている。それだけの動きで、額に汗をかいている。家族旅行出発前から、既にして疲れている。

 幼い子どもを連れた旅行。それなりに骨が折れます。疲れる。荷物も重い。しかし、周りを見れば、殆どが同じような境遇の男性諸氏。個別の状況は違っても、立場は同じ。大きな荷物は、出張者も同じ。精神的な疲労感も、子どものことか仕事のことかの違いだけで、同じかもしれない。

 夏が過ぎれば、同じ境遇での仕事の時間が待っているもの。せめて夏休み、家族が原因の疲労感の蓄積をもって秋を迎えた方が、仕事の疲労感を持ってのそれよりも、よほど健全でしょう。夏休みの父親に、「ガンバレ!」の声をかけた空港での一こま。(第166話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第164話)

第164話:ビジネスパーソンは、今いる「場」を知ることが大切です。

 ビジネスの世界に身を置いていると、実にさまざまな人に出会います。発想豊かな人。発想は旧来型で面白みは何も無いのですが、いざ行動するとなると素早さを見せる人。アイデアも行動力もさしたることは無いけれども、決められたことを地道に実行するとなると、ルールにのっとって大過なくやり過ごすことの出来る人。多士済々です。

 ビジネスの世界では、その誰かが欠けても、ある一つの道筋がつくりにくいといったことがあります。また逆に、あの人は別にいなくても、他の誰も困ることはない、といった存在の人もいるもの。なぜ、あの人がこのメンバー(部門)に存在しているのだろう、と疑問に感じるような人もいます。

 これが、それぞれ個人の生活となるとさらに様々です。ビジネスの空間では活かされるキャラクターも、日常生活になると全く正反対の性格を見せる人がいます。ビジネスでは行動力溢れる人も、一歩離れると全くといって良いほど動きの鈍い人。その逆にもであいます。ビジネスの中にあっては動きが鈍い人が、いざ自分の家庭や家族のことになると、疾風怒濤の行動力を発揮する。

 そのような人が、お互いの生活観や人生観の話をし始めると、全く話の筋が通じなくなってしまいます。何故わからないのだろう?と疑問に思いつつ、これ以上議論しても止む無しと、何となく合意すること無いままに自分の思いのたけを一方的に話をして終わってしまうことが多いようです。

 どうやら、自分の立っている「場」がお互いに違うようです。立っている場とは、自分が見ている世界でもあります。職場にあっては、共通のビジネス目標を提示され、それに向かって自らの能力や個性を発揮していく「ビジネス場」があります。しかし、個人生活では自分の立場は自分で目標を設定した「生活場」になります。目標が違うのですから、当然振舞いも異なります。

 「場」をわきまえるのは、まさに今自分の立っている「場」を知ることです。「場違い」な振る舞いは、その場の空気すら悪くしてしまうものです。(第165話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第163話)

第163話:「やすい」は、「安い」だけではなく「易い」もあります。

 世界規模での経済停滞を感じるからでしょうか、販売の一線では、どうしてもモノを「安く」売ることが当たり前のような空気が流れているようです。売りの仕掛けでもありますが、かつて携帯端末を「0円」でばら撒いた時をほうふつとさせる場面に遭遇することすらあります。

 そのような時代環境にあってふと振り返ると、果たしてそれが社会的な善なのかを思ってしまいます。

 確かに、機能的な差がないモノの場合には、全く同じモノを少しでも安く購入しようとする心理は働くでしょう。何もわざわざ、同じものを高く買う必然性が無いことは確かです。しかし、購買に至る際の心理は「安さ」だけがポイントなのでしょうか。

 価格の「安さ」だけで、人は店に出向こうとするのでしょうか。もちろん今は、店に行くことなく買い物が出来る環境ではありますが。ここで一度「安い」の反対語は何かを考える必要があるのではないかと思っています。

 交換行為を想定していると、「安い」-「高い」の構図を描いてしまいそうです。であれば「高い」の反対語は何でしょうか・・・。

 「低い」も当てはまります。敷居が低い/腰が低いといった表現があります。つまり、顧客との関係がなかなかうまくつくれずにいる店や仕組みは、どこかに近づきがたいような要素があるのでしょう。

 そう考えていくと、「やすい」の反対語は「難い(にくい)」でもあります。「入りやすい・選びやすい・話しやすい」店と、「入りにくい・選びにくい・話しにくい」店になります。

 マーケティングの発想は、多元的視点の複合です。何も価格の「安い」だけではなく、仕組み自身の「易い」も考えることを忘れていないかを、自問自答していたいものです。(第164話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。