清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第150話)

第150話:生活コストは生活者の目線で考えることがビジネスの大前提です。

 日常の生活においてもビジネスにおいても、何事にもお金の動きがついて回ります。まさにコストのかかることばかりです。しかし、使うお金も納得できるものと、必ずしも納得できず何とも理不尽と思ってしまうものとがあります。

 自宅で使っていた家電製品のひとつに不具合がおきた時のこと。さしたることもなく、部品が古くなったので新しいものを購入しなければならなくなっただけでした。しかし、長く使ったものなので、交換したい部品があるかどうかが判然としません。昔であれば、近所の電器屋に行き製品番号を確認して貰い純正部品を頼んでおけば、1週間から10日ほどで店を経由して手許に届いたものです。しかし、最近は頼むべき電器屋がありません。

 しからばと、インターネットで製造メーカーのホームページを検索してみます。該当製品の写真が見つかり、更にクリック。やっと行き当たった先のコメントは「製造中止」の一行でした。止む無しと問合せすべき部署を探してみます。「お客様相談」のコーナーが記述され、0120の電話番号も書かれていました。早速掛けてみます。番号案内の声。なかなか人の肉声に出会うことが出来ません。やっと繋がって案内係の人に聞いてみる。「こちらは新製品に関する案内をしております。部品のお問合せは受け付けておりません」と、つれない答が返ってきました。であればどこに掛けるのか。教えてもくれません。再び、購入時のパンフレットに眼をやると、小さな数字が眼に入ってきました。電話番号です。そこに問い合わせる。やっとの思いでたどり着きました。

 部品は取り寄せてくれるとのこと。値段は400円。やれやれ助かった。送って貰えればと頼むと、「送ることは出来ません。取りに来て下さい」とのコメント。何たることと思いつつも、その場所を尋ねます。同じ区内ですが、バスで向かえば往復で420円程かかります。しかし、他に手立てはありません。部品到着の連絡を待つだけです。

 この間にかかった時間は約3時間。購入する部品代は400円。取りに行く交通費が420円。はてさて、部品一つが手許に届くのに、どれ程の生活コストを費やしたことになるのでしょうか。家電メーカーのマーケティング・スタッフは、先ずその制服を脱いで、生活者の目線で計算をして欲しいものです。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」

今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

PR 清野裕司 氏 新刊のご紹介

11月に出版されました10冊目の清野裕司先生のご本をご紹介させていただきます。

清野裕司著:「ビジネス心論」

マーケティングに出逢ってより何年もの時が流れ、知を重ねてきました。長き道々で、自分自身が思い描いたマーケティング・スタッフワークの問題意識を取り纏めて上梓する機会も有難く頂戴してきました。

今般は単著10冊目の機会です。学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へ歩み行く方々に伝承したいとの想いを書のタイトルにしました 。

マーケティング・センスアップを導く「ビジネス心論」(泉文堂):2,300円[税別]

今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

文脈稚拙にして読みにくいこと多々あると存じますが、本書を手にして下さった方にとって、何がしかの「気づき」があればと願っております。私のオフィスからも発送できるように致しました[送料込:2,500円]。

※内容の案内/購入手続きの詳細はコチラです。

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第149話)

第149話:11月にクリスマス。そんなに急いでどこへ行く。

 私が使っている手帳を今一度開いてみました。12月のカレンダーで、クリスマスを、いつと記述しているのかを確かめたかったからです。12月25日にクリスマスの記載があります。11月は、冬支度の霜月であって、時が慌しく過ぎる師走ではありません。

 今の時代の暦はどのように動いているのでしょうか。11月にクリスマスツリーが街角を飾ります。時計を先に進めなければならないほど、今の暮らしは時に追われているのかと思ってしまいます。一方で、「ゆとり」や「やさしさ」「自然回帰」といったことがかまびすしく謳われます。ゆとりを問うのであれば、時間は暦通りに進めばよいのではないか。何も先を争うことはないと思います。

 日常の中で、時計がその時々の時刻を知らせてくれますが、時の流れは暮らしの中の景色が教えてくれるものです。時計は時の移り変わりは教えません。人それぞれが感じる暮らしの時計があるはずです。それを壊してまで、先に進む必然性があるのでしょうか。疑問です。余りにも先を急ぎすぎて、遺すべきもの、守るべき文化を置き去りにして新しいものを追い求めてきたのが、今までの日本の歩みだったのではないかと考えてしまいます。

 「暮らし時計」を忘れてしまっては、「ゆとり」や人への「やさしさ」も忘れてしまいそうです。今居る場がどこなのかすら見えなくなってしまう恐れがあります。そもそも暦は、明日に向けて期待の扉を開く行為です。どうやら今は、その明日が信じられなくなったのかもしれません。今のうちに・・・といった考えがあるのか、11月のクリスマスツリーは、そんな現在を象徴しているようにも思えます。

 私は、12月25日にクリスマスを、そして重ね来た時を、除夜の鐘を聞きながら振り返る暦の中で、「暮らし時計」を進めることなく明日を迎えたいと思っています。(第150話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第148話)

第148話:「笑売」も「SHOW売」も「しょうばい:商売」のひとつです。

 既に各家庭は勿論、個人がテレビを所有するのが当たり前の時代です。かつて、家族のメンバーが揃ってテレビから流れる映像と音を視聴し、最も身近な情報源としてテレビが家族の時と空間をリードしていた時代がありました。

 決して歳を重ねたからだけとは思えません。私だけではなく、友人知己が同じような所感を発するようになってきています。「TVの番組が面白くない」「くだらない内容のものばかりで、見るものがない」「それにしても、つまらない・・・」といった声を多く聴くようになった気がします。

 明るい話題を身近にすることが少なくなったからでしょうか、何とかして明るい雰囲気を提供したいと、送り手サイドは考えるのかもしれません。見せかけの笑いや、上辺の明るさが見えれば善しとでも考えているのでしょうか。腹の底から笑えるものや芸、心から明るさや力を感じる話題や物語。その何れにも出会うことが乏しいのです。

 笑いを売るのが、お笑い芸人であるならば、自分自身が笑われるような存在になったのでは、腹の底からの笑いを誘発することは出来ないと思います。ただ哀れみをもって、あるときは嘲笑にも似た笑いしか得られないでしょう。笑いを売ることをビジネスにするプロの意識と態度に出会いたいものです。

 上辺の明るさで見れば、他人の結婚披露の様子を繰り返して見せられるのも辟易としてしまいます。当事者同士の祝宴に水を差すつもりはありません。それ自体はめでたいことですが、スポーツ選手や芸能人の婚礼を、SHOWのように見せられたのでは、まさにお手上げです。

 エンターテインメントには、「人を愉快に保つ」の意味があるはずです。瞬間的なモノ売り発想では商売にはなりません。街のリアルな動きの方が、売り物ではない笑いやSHOWがありそうに思えます。(第149話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第147話)

第147話:目の前に広がるのは、今を写す「無言」社会でした。

 時に仕事の関係や家族と共にファミリーレストランに立ち寄ることがあります。仕事関係のメンバーとは、夜の7時過ぎの場合が多い。店内では、案外仕事帰りの人に出逢います。つい最近の体験では、その日の仕事を終えたビジネスパーソン4人が席を占有していました。ただ、静かな席です。会話が聞こえてきません。ドリンクバーの注文をしたのでしょうか、飲み物の入ったグラスの氷がとけている様子が目に入ります。特に目線をそちらの席にやっているわけではないのですが、何となく気になります。

 語り合うこともなく、静寂な4人席です。ただ、一人ひとりの眼だけがらんらんとしています。真剣な眼差しです。その行く先には両手でしっかりと握った小さなスマホのゲーム画面が見えます。

 人との会話よりも、画面との会話の方が大切なようです。時折、言葉にならない奇声が発せられます。どうやら、ゲームの中で予想外のことが起きたか、もしそれが勝負を競うモノであれば、自分が負けたのかと思えます。いずれにせよ、幼い子供の発する声にも似ています。昭和30年代に路地裏で遊んでいた10歳前後の自分の姿がだぶってきます。ただ違うのは、今私の眼の前にいるのは、どう見ても年齢は大人です。そして心は子どものままです。

 仕事帰りに、その日の成果を語り合い、愚痴を言い合い、励まし合い・・・、明日は今日よりきっと良くなると、ほろ酔いの足で家路についていた多くの若きサラリーマン。その光景がいつの間にか薄れてきてしまった社会。サラリーマンをビジネスパーソンと言い換えたところで、同種の人種と心得ていたのが、どうやら異なるようです。

 他者との深い縁を求めようとしない「無縁社会」が言われる今、私の眼前に広がるのは「無言社会」の光景です。そこに「ヒト」が居ないのが、何とも空しいと思う空間です。(第148話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。