Video Business Letter : 優先順位

株式会社ジパング・ジャパンは中国・香港・台湾向けのマーケティングを支援します。ビデオビジネスレター(6分音声付)ご覧ください。

日本はOECD加盟諸国35位中20位、主要7カ国では40年連続最下位です。

何の数字でしょうか。

これは日本の労働生産性の世界順位です。

これを見ると一向に給料が上がらないのも納得いきますね。

さて、生産性とはなんでしょうか?

簡単に言いますと、アウトプット÷インプットのことです。したがって、大きな労力で小さな成果しか上がらないと生産性は低くなります。

生産性の問題は政府が進めるIT化だけで解決されるのでしょうか?

上司への確認、クレームへの過剰反応、過剰サービスなどの過剰インプットは日本の文化慣習に根付いています。

インプットが労働過剰になるとブラックになります。
アウトプットが薄利多売になるとデフレになります。

なぜ、そうなるのでしょうか?

ビジネスの優先順位の考え方が間違っているのです。

優先順位を「緊急性」と「重要性」で考えてしまいます。

図 縦軸に重要度、横軸に緊急度をおいて考えます。

緊急性が高いAの部分の優先順位は高く、Bの部分は重要でもいつも後回しです。

人手も足りず仕事に追われ、考える暇なく一日が終わります。

このBの部分こそが、マーケティング戦略だったり、新分野への参入であったり、成長課題への取り組みなのです。

緊急性と重要性を重視しすぎると人手不足を生みます。いつも忙しくマーケット戦略を実行することもなく、薄利多売の状況です。

優先順位は「成果」と「難易度」で考えるべきです。

図 縦軸に成果、横軸に難易度を置いて考えてみてください。

⓵は今しなければいけないとわかります。優先順位が高い仕事です。簡単に成果が上がることです。

②は成果は期待できそうですが、難易度が高いために戦略や分析が必要になります。中長期的な取り組みです。

⓷は難易度は低いけれど、成果があまり期待できない仕事です。本来ならば手が空いた時にやるか、人任せにしていいことです。

もちろん、難易度が高く、成果がみられない④はやってはいけないことです。優先順位を決めるうえで最も大切なことは、手を出してはいけないことも知ることです。

図を見る限り④はやってはダメだと理解できますが、⓵の優先順位の次を⓷にしてしまうことが結構あります。得意分野で勝負といったことろでしょうか。しかしは薄利多売につながるだけです。

さらに悲惨な結果は、マーケットの環境が悪い方向に向かった時、⓵のビジネスが⓷のビジネスに移ります。それもたいてい気づかないままでのゆでガエルで。

したがって②を次の優先順位にしなければなりません。
薄利多売に陥らないためのマーケティング戦略。マーケットのニーズを先取りする新分野の参入など成長課題は個人でも組織でも当てはめてられます。

たとえば、優秀だと言われた人が大臣になったとたん、とんでもないことをやらかし失脚した場面をよくニュースで見ますよね。

優秀な人は、右肩あがりの一直線で能力を磨いてきたかも知れませんが、実はポストが必要とする能力には届いてなかったのです。

②の優先順位をないがしろにしますと、右肩上がりの会社でも、勢いが足らず、マーケットの高波にのみこまれてしまします。

②の取り組みを一緒に考えていきませんか。
私どもの提案は、優先順位が低いと見られがちですが、実はそうじゃありません。

【お問い合わせ】
株式会社ジパング・ジャパン
e-mail: yoshino@zipangu-japan.jp
tel: 080-5029-9615

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第154話)

第154話:夜の繁華街を朝歩くと異邦人に出逢います。

 日々の通勤路の途中に渋谷があります。改札を抜けて、ほんのわずかの距離を、昨夜はさぞ賑わったであろうと思われる小さな店々の横を抜けて歩いて行きます。その一隅から、けたたましい笑い声が聞こえてきます。朝から酒盛りとは、何事が起きたのかと目と耳を疑うことがあります。いつから飲み始め、飲み続けているのか。既に朝の7時を過ぎています。コーヒーを飲んできた匂いの残る鼻に、焼き鳥の香ばしい臭いが鼻を突きます。夜感じるにおいとは異なる感じです。既に、夜を越えて朝を向かえ、感覚器官の働きも異なっているようです。

 その先に歩を進めます。20名近い男性がたむろしています。パチンコ屋の前です。店が開くのは何時でしょうか。今から待つのは、さぞつらかろうと要らぬ心配をしてしまいます。彼らは、この時間に出勤なのか、既にマインド自体が満開モードです。そうすることが日常であって、非日常空間での遊技場の前に並ぶスタイルではありません。日常の中に組み込まれたスタイルと思われます。どこか人種の違いを実感してしまいます。

 一杯のコーヒーを飲みに、コーヒーショップに立ち寄ります。知らぬ人種にまた出会う時です。多分昨夜は、そのテンションであったと思われる若い女性数名の集団が、髪の乱れも気にせず、椅子にもたれかかっています。身体に芯がない座り方です。時折目が覚めるのか、突然のバカ声。大きい。聞くではなく、聞こえてきてしまいます。一緒にいる仲間との会話かと思えば、相手は寝ています。どうやら携帯電話での会話のようです。夜の雑踏の中では、大声を出さなければ相手に自分の声が届かないのでしょう。しかし今は違います。比較的時の流れは早いものの、空気は澄んで音の通り具合も良い朝です。耳をつんざく声とはこのことかと耳を塞ぎます。

 朝は人種の坩堝(るつぼ)。澄んだ空気、整然と進む時の中で、不釣合いと思われる集団、異邦人との出会いのときです。朝の異邦人の合間を縫って、また今日も私は、昼の人種とマーケティングを語る一日が始まります。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

Video Business Letter : インバウンドマーケティング

株式会社ジパング・ジャパンは中国・香港・台湾向けのマーケティングを支援します。ビデオビジネスレター(6分29秒 音声付き)ご覧ください。

なぜ、海外からのお客様にあなたの商品を、あるいはあなたのお店で、買ってもらわなければいけないのですか?

政府統計によりますとインバウンド消費総額は2013年から5年連続上がり続け、2017年には4兆円を超え、昨年はさらに過去最高額を更新しています。なんとこの5年間で4倍以上になりました。

「インバウンド需要は結構な話だけど、かといって大勢の外国人に来てもらってもなあ。」なんて考えていませんか。

イメージするのは団体でやってくる爆買いのシーンでしょうか。

一人当たりインバウンド消費額を見ると15万円前後でこの5年間推移しています。

15万円のうち宿泊・交通費に6万円使い、残りの9万円で買い物、飲食・娯楽を楽しみます。

もう一度いいますが、なぜ、あなたが提供する商品・サービスを、あるいはあなたのお店で買ってもらわなければいけないのですか?

あなたが儲けるためですか? 当然それはありますね。

逆のような言い方をしますが、実はあなたの商品・サービスやお店の評判を上げるために来て買ってもらわなければならないのです。

すると、あなたの商品が欲しくなったり、お店を気に入ったりするようになります。

交通宿泊費など必要なものは一定の水準があれば安いのがいいに決まってます。しかし、あなたのお店の商品やサービスは高くても買いに行きたいのです。

必要だからでなく、欲しいから買うのです。

では、どうしたらあなたの商品が欲しくなったり、あなたのお店に行きたくなったりするのでしょうか?

「それは買ったものが良かった。サービスが良かった。店の雰囲気が良かった」からです。でも一人でも来た人がいないと話になりません。

いいと思ったら、誰だってこっそりお友達にも自慢げに紹介してしまいますよね。

そうです。これが「評判」なのです。

さて、海外のインバウンドのお客様は、あなたのお店にきたり、あなたが提供する商品を買ってくれていますか?

インバウンドのリピーターは着実に増えています。2017年には全体の6割を超えました。そして今後インバウンド需要は個別行動・体験型にシフトするといわれています。

もとに戻りますが、海外のお客様はなぜあなたの商品を買うのでしょうか?

旅行中の財布のひもは緩くなりがちですが、大切なお金を使うことには変わりありません。だから、それなりに緊張します。特に言葉がよくわからない外国ではその傾向が強くなります。

お客様はほっとした気持ちで購入したいものです。

あなたの商品・サービスを、あなたの店で楽に買えることができれば、これに越したことはありません。また、買って楽になる感覚を味わえればもう最高の気分です。

しかし、日本や地元ではちょっと有名なあなたの商品・サービス、あなたのお店だとしても、外国のお客様に気づいてもらうことすらできていないのが現状でしょう。

たとえ気づいてもらったとしても素通りされるならば、全く意味がありません。

先ほど言いました。「買ったものが良かった。サービスが良かった。店の雰囲気が良かった。」だから、また欲しくなるのですと。

つまり、多くの方に感じてもらえれば、買いに来ます。「遠方より客来たるあり」です。

評判が高い商品や店は、購買時のストレスがありません。
評判が高い商品や店は、体験型旅行者の欲求が駆り立てられます。

テレビ局が評判のいいラーメン店を取材する時は、混んでいる時を狙います。

旅のお土産や思い出があなたの商品・サービスです。
観光のスポットがあなたのお店です。

評判は独り歩きします。ストーリーを通して、動画を通して、前の人の体験が次の人の体験につながります。

「評判を作る」作業こそが、マーケッティングの始まりであり、終わりでもあります。

インバウンドマーケティングは海外マーケティングに連動していきます。
低コストの海外マーケティングとも言えます。

台湾・香港をターゲットにした紙・デジタル媒体「四季九州」と中国のをターゲットにしたウィチャット連動アプリ「ミャオジャパン」がお手伝いします。

インバウンドや海外のマーケットにとってあなたは何者ですか?
それを一緒に見つけ、作っていきませんか。

【お問い合わせ】
株式会社ジパング・ジャパン
e-mail: yoshino@zipangu-japan.jp
tel: 080-5029-9615

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第153話)

第153話:新たな専用車両が欲しいと思うことがあります。

 私鉄主要各線の殆どに「女性専用車両」があります。私が通勤に利用する、東京メトロも1両が女性専用です。その場所は、今まで乗り慣れていた最後尾車両が停車する予定の場所。無意識にたたずんでいると、駅のスタッフにキッとにらまれます。止む無くそそくさと、一両先まで歩を早めます。

 車両に乗り込むと、そこもかつては見ることのなかった風景に出逢います。女性が二人乗り合わせている以外、全員が男性です。夫婦での通勤や、恋人同士の通勤風景があまり見られなくなったように思います。勿論、人の振りを毎日細やかに観察しているわけではありません。ひとり考えごとをしたり、当日の自分の行動予定を考える時間と空間。それが朝の通勤スタイルです。確かに、不逞の輩がいるのであれば、女性にとっては専用車両の空間は、今までにない心の安定が通勤時間でも得ることが出来るでしょう。専用というからには、その人たちだけが利用できる、いわば特定属性限定の囲い込みです。であるならば、日常の通勤時間ではない領域で、同じような発想がもてないだろうかと思います。新幹線でのこと。

 仕事柄、出張での新幹線利用の頻度は高いものがあります。その折に見えてくる車内風景は、実にさまざま。旅行に行くと思われる集団の元気な笑い声。眉間にしわを寄せてレポートを読むビジネスパーソン。この両者は同一の空間で衝突を起こしています。前者は弾む会話のにぎやかさを、後者は一人考える静寂を求めているからです。であるならば、この両者を分けるべく「ビジネス専用車両」があっても良いのではないかと考えてしまいます。

 じっくりと、周りに邪魔されることなく思考の回路を深め、インターネットで情報の幅を広げる。疲れた身体を窮屈なシートに押し込むよりも、ビジネス専用空間の方が、仕事で新幹線を利用する者にとっては自分専門の車両として活用されるのではないでしょうか。

 「専用」とは、限定です。出張の折に、新幹線の限定に期待を寄せることがあります。(第154話にに続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第152話)

第152話:「名顔一致」の顧(個)客との会話がマーケティングの原点です。

 時代の価値観を共有することが目的でしょうか。時折TV番組で、繁盛店やヒット商品を生み出した企業の様子を、その店・企業の経営(創業)者との会話を通じて紹介しているものを視聴することがあります。そこでは、形は違えど必ずのように「経営の極意は何か」といった質問が投げかけられます。聞こえてくる答えに共通していることは、「経営に極意はないが、重要なことはお客様との会話にある」という点です。顧客がいてはじめて経営は成り立ちます。顧客なくして店も企業も成り立ちません。このごく当たり前と思えることが基本と指摘される場面を見聞きしています。

 「顧客」を知るというのは、いわばマーケティングの原点でもあります。ところが、その具体的方法を取り上げるとなると、なぜかCRMやデータベース・マーケティング、さらには POSといった、送り手が自らの思いのままに「顧客」を操るがごとき考え方が横行するようです。

 かつて「顧客の囲い込み」とか「顧客組織化」「顧客管理」といった言葉も多く語られました。しかし、お客様は囲い込まれたり、管理されたいと思ったことはない筈です。それよりも、お店での新しい出逢いや感動を得たいと思っている筈。その経験の結果が、長い付き合いの始まりになるのです。

 人と人との関係は、先ずはお互いが知り合うことから始まります。しかもそれは、相手の名前を覚えることから。POSはあくまでも、何がしかのモノやサービスが販売された時点でのデータです。相手の立場に立てば、購買した時点での会話のやり取りこそが、印象に残るものです。

 あなたは、何人のお客様の名前を承知しているでしょうか。個人名を投げかけられるお客様は何人いますか。顧客を知るのは、日常のあなたとお客様との個別的な会話に始まります。まさに、名前と顔が一致すれば、送り手・受け手の関係を超えた人間的な関係もできてきます。

 ソリューション・ビジネスを発信するのであれば、そのまず第一歩は、名前と顔の一致する顧客をどれ程知っているかを自問してみることです。

 マーケティングの思考が変わったのではなく、改めて源流を辿ろうとする機運が高まることを期待する時が今なのです。(第153話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」

今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。