Video Business Letter : コンテンツ・マーケティング

株式会社ジパング・ジャパンは中国・香港・台湾向けのマーケティングを支援します。ビデオビジネスレター(8分25秒音声付)ご覧ください。

あなたはインバウンド集客でこんな間違いをしていませんか。

限られた予算内で、効率よく集客ができないかお考えでしょうか。

答えは「可能です」が、「どうすれば効率的に集客ができるのか」の考えをまず変えてください。大事なのは「どうすれば、お客さんが喜んで集まるのか」を考えることです。

1920年代商業ラジオ、そして1950年代のテレビの登場は、それまで長期にわたってビジネスの関係を支えてきた親密な「市場文化」を軽じるようになりました。なぜなら、

それは「広告」が企業にとって夢のような役割をはたしていたからです。しかし、、、

企業の信用や誠実さ、名誉、サービス、評判といった顧客にとっての価値観は二の次になりました。

企業は画期的なビジネスモデルと、最高のイメージを伝えるクリエイティブな広告、そして強力なメディアがあれば十分だったのです。これがブランドでした。ところが、、、、

1990年代にインターネットが登場し、2005年までにソーシャル・メディアが普及し、2016年以降日本でもコンテンツ・マーケティングが本格的に行われ始めようとする中で、状況は大きく変わりつつあります。

変化にお気づきの方もいれば、まだ先のような気がする方もいらっしゃるでしょう。しかし「コンテンツ」は確実に相手との関係に活気をもたらす機会を提供し、そのための刺激をもたらしています。

テレビ・ラジオは情報は流せても顧客をコントロールできなくなってきています。
「コンテンツ・マーケティング」とは、簡単に言いますと、、、、

①相手が欲しい情報をぶつける。
②その情報を発見するための仕組みを作る。
③リピーターを作る。
④この繰り返しのことです。

いわば、
撒き餌して魚を集め、網をかけ、さらに稚魚を育てるという繰り返しです。

これをリアルな実販売やイベントに上手く絡めるとブランドの構築に大きな効果が出てきます。なぜならば、

彼らはあなたの店や商品やサービスを求めて日本にやってくるからです。そして、体験は自分のストーリーとして友人にも教えたくなります。これがブランドです。

コンテンツの重要性はますます増しています。
しかし1990年代にインターネットが出てきてから、一方で世界中のウェブページ数は130兆にのぼり、情報の過密化が信じられないほどの速さで進んでいます。

いい情報であっても過密化のために発見されにくくなっています。そのため相対的に広告費用は継続的に上昇しています。また、

ホームページは見てもらえなくなっています。
SNSで情報を流してもなかなか広がりません。
では、何か他に手はないのでしょうか??? 

残念ながらありません。
だから、皆同じ問題で悩み、同じスタートラインに立たされている状況です。今やらなければいけないことは、

コンテンツの質も大事ですが、まず量をこなし、発信し続けることです。そして、お客様に発見される仕組みを整えていくことが重要になります。

さて、3,000万人インバウンド時代になったとはいえ、日本人国内旅行者ののべ5億6,000万人に比べれば、まだ全体の5%ほどです。しかし、、、

一人当たりの消費額は日本人の3.6万円に対して、インバウンドは15.3万円(うち8.6万円が買物・飲食)と4倍以上になっています。

一人のインバウンド客が増えることは日本人を4人集客するに匹敵します。韓国人だと日本人2人分しかありませんが、中国人だけで見ると、日本人6人分にあたります。

爆買いもまだ続いているのでしょうが、インバウンド集客は費用対効果がいいのです。

これからは、個人旅行、リピーターが増える時代に入っていきます。さらに、なんと、世界の「ミレニアム世代」は2020年以降労働人口の50%に達します。

ミレニアム世代とは生まれた時からデジタルに慣れ親しんでいる人々のことです。つまり彼らにとってコンテンツは必要不可分なものなのです。また、企業にとっても、新たな需要を作り出すビジネス・チャンスとなります。

私は現在、九州の焼酎はじめいろんな銘品・名産物の海
外PR活動のため、コンテンツ・マーケティング支援やデジタルや紙媒体のメディアの企画開発に取組んでおります。

国内売上が減少する中での活路として、インバウンド需要にもっと取組んでいきという企業も増えています。
インバウンド向けの取組みは、最終的に輸出や越境ECにもつながります。

ここで、前に述べた「コンテンツは確実に相手との関係に活気をもたらす機会を提供し、そのための刺激をもたらしています。」を思い出してください。

地元観光資源と御社の商品・サービスをうまく融合させ、インバウンドを通してアジアに、さらには世界にブランドを広げる大きな機会をご提供させていただきたいと思います。では何をやるか?ですが、簡単に申しますと、、、

コンテンツの制作と配信です。
コンテンツは写真・テキストコンテンツと動画コンテンツを制作します。

70%が動画を見て旅先を決定していることから、旅マエ戦略として動画は有効です。動画はメディア配信だけでなく、提携している中国旅行会社や大手旅行予約サイトで使ってもらいますので、即効性はあります。多言語化も可能です。
旅ナカ戦略としては中国語新聞半月文摘「四季九州」やデジタルアプリ「ミャオジャパン」で定期的にコンテンツを配信していきます。

デジタルの世界は絶対評価でなく相対評価ですので、情報伝達の伸び率は直線ではなく指数関数的に伸びでいきます。

つまりどんなニッチな分野でも、ちょっと遅れた二番煎じの情報はある時点から全く反応しなくなるというコンテンツ・ショックに陥る可能性があります。

安価でスタートすることが可能ですので、
とにかく始めたが勝ちです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お問い合わせ先は、
株式会社ジパング・ジャパン
電話 080-5029-9165