原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第5話)

第5話:ルールを変えてみると?仕事や遊びも楽になりますよ。

ルールと言えば、仕事では就業規則や社内規定、慣習的なものなどがあります。

スポーツでも、ルールはあります。例えば、サッカーでは、ゴールキーパー以外は、ボールを手で触ってはいけない。野球では、「9人×9人で試合をする。」というルールがあります。

私も、小学校時代では、休みの日や休み時間には、野球をして遊んだことを思い出します。ただ、小さな学校でしたので、9人×9人の人数が集まりません。

そこで、6人×7人など人数を変えてみました。さらに、人数が少ないので審判は、

キャッチャーがする。キャッチャーに負担をかけないために、盗塁はなし。ファウルボールを取りに行く時間がもったいないから、ファウルは1打席で3回まで。3回を超えるとアウトなど、自分たちでルールを変えていました。

ルールを変えることにより、スムーズに試合を楽しむことができました。

もしも、「野球のルールは決まっているので、ルールに従いましょう!」という固執した考え方だけでしたら、私たちは野球を楽しむことはできませんでした。

あるいは、野球のルールを活用して、サッカーのように足で蹴るルールを取り入れたスポーツは何でしょうか?キックベースボールです!

バレーのルールを活用して、サッカーのように足で蹴るルールを取り入れ、場所も体育館内ではなく砂浜で試合をするなどルールを変えて誕生したスポーツは?

ビーチバレーですよね!

仕事では、通勤ラッシュを避けるために出退の勤務時間を変えてみると?フレックスタイム制の誕生。

暑い夏ぐらいネクタイを外しても良いのでは?クールビズの誕生。

会議の方法を集合方式ではなくスカイプに変えてみると?スカイプ会議の誕生。

本を店舗販売ではなく、ネットでの注文販売にすると?アマゾンの誕生。

資金調達を金融機関や補助金などだけでなく、一般の方から集めると?クラウド・ファンデイングの誕生。

このように、ゼロからルールを作るのではなく、既存のルールを少し変えてみるだけでも、仕事のルールが変わります。仕事が楽になり効果もあるならば、変えられるルールは変えてみるという発想も必要であると考えます。(第6話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「競争」ではなく、「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/157.html

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロジェクトマネージャー)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」セミナー

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「クリエイティブ・シンキング」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第4話)

第4話:欧州一イノベーティブな国エストニアに学ぶ

北欧に位置する人口130万人のエストニアは、年間起業数が2万件、欧州一イノベーティブな国です。国土面積は、九州と同じくらいなのですが、人口が約130万人で福岡市より少ないです。日本と同様に少子高齢化も進んでいて、過疎地域も多く、全ての行政サービスを、人(窓口)で対応していくのが困難でした。その解決方法がITを活用した効率化です。ITの人材育成とIT産業の集積に取り組み、 ID化(国民ID制度)でイノベーション大国となっています。

日本の国民ID制度の導入は、エストニアのように成功するでしょうか?制度は似ていても、エストニアとは導入の目的やコンセプトが違うように感じています。

最近、日本では地方創生という言葉を良く聞くようになりました。地方創生への施策制度補助金なども発表されています。私も小さな町で生まれ、地方都市に住んでいますので、地方創生は大賛成です。しかし、1300兆円の債務国、人口動向による税収の減少と高齢化率向上による社会保障費支出の増加を考えれば、心から喜ぶわけにもいかない部分もあります。

今まで多額の補助金が活用されてきていますが、地方の経済は成長しているのでしょうか?あるいは、日本は成長しなくても良いのでしょうか?

今の日本の場合、経済成長が止まることは、即、国債デフォルトにつながります。

日本の地域政策は従来の政策の延長ではなく、クリエイティブな発想で新しい地域イノベーションを構想していく必要があります。そのためには、発想の転換が必要となります。例えば、九州を一つの地方とみるのではなく、「もしも、九州がエストニアのように国だったら?」と。皆さんなら、どんな構想を描くでしょうか?(第5話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「共感性の高い場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/155.html/

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロモーター)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「人づくり」ワークショップ研修

・「誰でも分かるアイデア発想術」研修

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「明日から使えるディベート」研修

・  地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第3話)

第3話:なぜ、地域の未来を問い続けているのか?

皆さんの地域に対する想いやアイデアの共有が大切なのです!

第2話では、日本の人口動向からの地域の存続についてコラムしました。

今回は、なぜ、私が「わくわくイノベーション塾〜地域の未来を考える〜」を毎月開催し、参加者の皆さんとの対話により、地域の「あるべき姿」を描き、あるべき姿の達成へのアイデアを共有させていただいているのか?目的は何なのか?についての考えや想いを伝えます。

私は、大分県の小さな町に生まれました。両親は、農業(お茶の生産)や農産加工業(製茶業、ライスセンター(お米の加工)、味噌の加工などを営んでいます。70歳を過ぎた今でも現役バリバリでがんばっています。私も子供の頃から、休日には両親の手伝いをして、汗をかいてきた楽しい思い出があります。

そして、大学を卒業して、再び地元の大分県に帰ってきて、地域振興や中小零細企業の経営支援という、「やりがい」のある仕事に就職することができました。

地域で働く皆さんは、人情深く優しい方が多く、温かみを感じながら働くことができました。

一方で、人情深く優しいことがマイナスになることも経験しました。

例えば、市町村合併を例にすれば、行政区域が広がり、隣町同士が合併して新たな地域をつくろうとすると、合併反対、あるいは、自分の町がメインなら合併しても良いという意見が過半数でした。これは、地元への愛情が強いあまりに、地元が第一優先という考え方が先行しがちになるからです。

私は、地元第一優先というところに共感ができませんでした。むしろ、地元に固執し続ける考え方には納得できませんでした。同じ地域同士、地元という小さな枠を超えて、対話により信頼関係を深めながら、より良い地域社会を築いていくことができないかと真剣に考えるようになりました。

各地域の問題は、国内で同じような問題になっています。この問題から目を背けるのではなく現状を把握認識して、そこから、地域内外の多様な人たちと一緒に、地域の問題について問い続けながら解決へのアイデア出しを行い、新しい関係性を築きながら、日々の行動への変化を起こすことが必要であると気づいたのです。

そして、私は、地域という垣根を超えた多様性のある場の提供と、新しい関係性や新しいアイデアにより未来を描いていくイノベーション・ファシリテーターとなり、日々、「地域の未来を考える」を皆さんと一緒に問い続けているのです。(第4話につづきます)

 

福岡市天神で、毎月第3土曜日(予定)に開催している「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」では、毎月1つのテーマについて問い続け、参加者の皆さんでアイデアを出し合いながら地域の未来構想づくりに取り組んでいます。

毎回、新しいテーマですので、随時参加がOKです。「より良い社会の実現」を目指して、一緒に楽しみながら構想づくりに取り組んでみませんか?

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/155.html/

 

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロモーター)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「人づくり」ワークショップ研修

・「誰でも分かるアイデア発想術」研修

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「明日から使えるディベート」研修

・  地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第2話)

第2話:あなたの地域に未来はありますか?

多くの方は、日本は人口減少や高齢化社会であるとことは知っています。

では、どれくらい明確に知っているでしょうか?いつから人口が減少してきているのでしょうか?いつまで減少し続けるのでしょうか?高齢化率(65歳以上)はどれくらいで、いつまで増加していくのでしょうか?おそらく、多くの方は明確に答えられないのではないでしょうか?

地方自治体を例にすると、人口統計学上、2040年までに地方自治体は現在の50%近く(896の地方自治体)が消滅する危機があるという仮説があるのです。

私が現在住んでいる福岡県では、約30%近くが消滅。私の出身である大分県は、約60%が消滅するのではないかと予測されています。

結果的に消滅はしなくても、それに近い状態になるとしたら、どうでしょうか?

市役所(役場)の存続または行政サービスの低下は?病院の存続は?学校の存続は?

商売は継続できるの?高齢者の介護は誰がするの?など多くの問題が次から次へと出てくるでしょう。

しかし、地域に住む人も都市に住む人も、人口動向そのものも明確に把握していない人が多く、何となく知っていて、何となく地方の人口が減っていて、何となく日本の高齢化率が高まっていてと、「何となく把握」している人たちが多いのではないでしょうか?

人口を増加または現状維持するためには、どんなことが必要でしょうか?

あるいは、人口減少しても問題ないという考え方も選択肢の1つでしょうか?

問題から目を背けるのではなく、あらゆるステークホルダーによる対話により、問題を問い続け解決となる未来を描いていくことにより、地域の未来は実現化していけるのではないでしょうか?

他人ごとや社会の課題を自分ごととして捉え、地域の枠を外し、あらゆるステークホルダーを巻き込みながら新しいアイデアや関係性を創出していく時代になったのではないでしょうか?

福岡市天神で、毎月第3土曜日(予定)に開催している「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」では、毎月1つのテーマについて問い続け、参加者の皆さんでアイデアを出し合いながら地域の未来構想づくりに取り組んでいます。

毎回、新しいテーマですので、随時参加がOKです。「より良い社会の実現」を目指して、一緒に楽しみながら構想づくりに取り組んでみませんか?(第3話に続きます)

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/155.html/

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロモーター)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「人づくり」ワークショップ研修

・「誰でも分かるアイデア発想術」研修

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「明日から使えるディベート」研修

・  地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第1話)

第1話:あなたの地域に、ヒーローはいますか?

良い人と言われている方には、問題から目を背け、何も変えようとしない現状維持タイプが多いと感じています。

一方、ヒーローは、未来を描き勇気をもって行動しながら達成していく人。周りに勇気と希望を与えてくれる人です。日本の地域には、ヒーローが必要なのです。

 

日本の組織や地域では、何かの話し合いになると異論や議論を避け、現状維持または他事例の模倣という決定の仕方をするケースが多いのではないでしょうか?

異論を言う人や個性のある人を「難しい人」や「変わり者」などとレッテルを貼ります。

つまり、ヒーローが育たない地域風土があるのです。

 

衰退し続けている地域を創生していくには、現状維持の考え方や手法ではなく、異分野や異なる価値観の人々が多様な地域社会の問いに対して、自由にアイデアを出し対話する共有の場が必要です。そして、魅力的かつ広がりの可能性が高い構想を創り上げていくことを導いていくイノベーション・ファシリテーターの存在が必要です。

アイデアの質やユニークさも大事ですが、自分のアイデアや考えを分かり易く伝え、他人のアイデアや考えを引き出し、それらを組み合わせることで、新しいアイデアや関係性を創り出していくことを習慣化していくことが最も重要なのです。

構想ができたら、勇気をもって小さな一歩をスタートさせる。

スタートしたら、あとは、行動を振り返りながら成功を創り出していけば良いのです。

 

福岡市天神で、毎月第3土曜日(予定)に開催している「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」では、勇気あるヒーローの想いについて、参加者の皆さんでアイデアを共有しながら一緒に構想づくりに取り組んでいます。

毎回、新しいテーマですので、随時参加がOKです。「より良い社会の実現」を目指して、一緒に楽しみながら構想づくりに取り組んでみませんか?

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。(第2話に続きます)

http://www.biznavi.co.jp/news/155.html/

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロモーター)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「人づくり」ワークショップ研修

・「誰でも分かるアイデア発想術」研修

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「明日から使えるディベート」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////