清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第138話)

第138話:マーケティング思考と行動は「あい」の複合だと思います。

 毎年12月に、その年の様子を言い表す漢字一文字が京都清水寺で発信されます。ここ数年は心躍る文字に出逢うことが少ないような気もします。昨2017年の第1位は「北」。何となく寒々しい想いが浮かんできます。2016年は「安」、その前が「金」です。

 さまざまな横文字が氾濫する中で、改めて漢字の持つ情報力を感じさせることがあります。その文字ひとつを見るだけで、何となく自分自身の生活や過去の体験が浮かんでくるものです。「薔薇」という字は書けなくとも、あの花が浮かんできますし、「憂鬱」という文字を見ただけで、何となく気分も暗くなる、といった類です。

 でば、「マーケティング」を漢字で表現すると、どのような文字があてはまるでしょうか。企業に限らず、さまざまな組織行動の多面的な視点を複合しているマーケティングを、一文字だけで全て語ってしまうのは無謀なことかもしれません。モノや情報の流れを円滑にする行動を捉えれば「流」という文字が当てはまるかもしれません。

 他者との関係を円滑にする循環思想と捉えれば、「還」といった文字も一面を言い当てているように思えます。

 一方マーケティングは、出会いの場の創造と演出とも考えられます。とすると、どうやら「あい」の音の漢字が当てはまりそうにおもいます。
 
 「会」:人が何かのモノやサービスに会う。
 「合」:その人にマッチした商品やサービスを考える。
 「逢」:親密な関係に出逢う。/「相」:常に相手のいることを考える。
 そして「愛」:他者への優しさをいかに現すかは本人の愛情表現。

 変化への適応を考えるマーケティング。そこに変化を見る「マーケティング・アイ」が必要なのも、「あい」を考える必要性を教えているのかもしれません。(第139話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。