Video Business Letter : 優先順位

株式会社ジパング・ジャパンは中国・香港・台湾向けのマーケティングを支援します。ビデオビジネスレター(6分音声付)ご覧ください。

日本はOECD加盟諸国35位中20位、主要7カ国では40年連続最下位です。

何の数字でしょうか。

これは日本の労働生産性の世界順位です。

これを見ると一向に給料が上がらないのも納得いきますね。

さて、生産性とはなんでしょうか?

簡単に言いますと、アウトプット÷インプットのことです。したがって、大きな労力で小さな成果しか上がらないと生産性は低くなります。

生産性の問題は政府が進めるIT化だけで解決されるのでしょうか?

上司への確認、クレームへの過剰反応、過剰サービスなどの過剰インプットは日本の文化慣習に根付いています。

インプットが労働過剰になるとブラックになります。
アウトプットが薄利多売になるとデフレになります。

なぜ、そうなるのでしょうか?

ビジネスの優先順位の考え方が間違っているのです。

優先順位を「緊急性」と「重要性」で考えてしまいます。

図 縦軸に重要度、横軸に緊急度をおいて考えます。

緊急性が高いAの部分の優先順位は高く、Bの部分は重要でもいつも後回しです。

人手も足りず仕事に追われ、考える暇なく一日が終わります。

このBの部分こそが、マーケティング戦略だったり、新分野への参入であったり、成長課題への取り組みなのです。

緊急性と重要性を重視しすぎると人手不足を生みます。いつも忙しくマーケット戦略を実行することもなく、薄利多売の状況です。

優先順位は「成果」と「難易度」で考えるべきです。

図 縦軸に成果、横軸に難易度を置いて考えてみてください。

⓵は今しなければいけないとわかります。優先順位が高い仕事です。簡単に成果が上がることです。

②は成果は期待できそうですが、難易度が高いために戦略や分析が必要になります。中長期的な取り組みです。

⓷は難易度は低いけれど、成果があまり期待できない仕事です。本来ならば手が空いた時にやるか、人任せにしていいことです。

もちろん、難易度が高く、成果がみられない④はやってはいけないことです。優先順位を決めるうえで最も大切なことは、手を出してはいけないことも知ることです。

図を見る限り④はやってはダメだと理解できますが、⓵の優先順位の次を⓷にしてしまうことが結構あります。得意分野で勝負といったことろでしょうか。しかしは薄利多売につながるだけです。

さらに悲惨な結果は、マーケットの環境が悪い方向に向かった時、⓵のビジネスが⓷のビジネスに移ります。それもたいてい気づかないままでのゆでガエルで。

したがって②を次の優先順位にしなければなりません。
薄利多売に陥らないためのマーケティング戦略。マーケットのニーズを先取りする新分野の参入など成長課題は個人でも組織でも当てはめてられます。

たとえば、優秀だと言われた人が大臣になったとたん、とんでもないことをやらかし失脚した場面をよくニュースで見ますよね。

優秀な人は、右肩あがりの一直線で能力を磨いてきたかも知れませんが、実はポストが必要とする能力には届いてなかったのです。

②の優先順位をないがしろにしますと、右肩上がりの会社でも、勢いが足らず、マーケットの高波にのみこまれてしまします。

②の取り組みを一緒に考えていきませんか。
私どもの提案は、優先順位が低いと見られがちですが、実はそうじゃありません。

【お問い合わせ】
株式会社ジパング・ジャパン
e-mail: yoshino@zipangu-japan.jp
tel: 080-5029-9615

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください