清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第180話)

第180話:「明日」は「今日」より明るい日と思って生きること。

 1970年代に流行した歌に“明日という字は明るい日と書くのね・・・♪”という歌詞のものがありました。また、カバー曲も再ヒットした“明日(あした)があるさ明日(あす)がある・・・♪”という歌も。自分自身が10代、20代の頃に口ずさんだ歌です。そして、その歌詞そのままに、明日という日に何がしかの新しさを追い求めていたように思います。

 今日は昨日からの連続であって、明日は今日の延伸。日々の暮らしに、それ程大きな節目が毎日のように起きるわけではありません。しかし、連続する時の流れの中でも、自分自身が節目をつくろうと意識することはできるでしょう。大きく変えるのではなく、小さな変革への個人的な意志の表明と確認を繰り返すことです。それ程難しいことではなく「今やっていることは、それ程楽しいことではないが、この作業が終われば、次は未来を語り合うセッションが待っている・・・」「自分のこの作業が、明日準備されている多くの人の雑役を軽減することになる・・・」仕事は連続性を持って進められます。その中で、自分自身が何をやっているのか、ということよりも、「何故やっているのか」を常に問えば良いのです。

 しかし、どうも最近の社会的風潮に「明日」が見えてこない。明日のことを思い描くよりも、今日・今のことを受け入れて楽しく過ごせばいい、といった価値観が見え隠れしているように思えます。あるいは、明日何かを描こうとしても、その何かすら持ち合わせていないのでしょうか。朝早くから、昨夜の遊び疲れをそのままに徘徊する若者。学ぶことも働くことも放棄した輩。君たちにも、明日はやってきます。やってきてしまう、という方が良いかもしれません。

 今日からの連続をどうする。そんなことを言われなくても・・・といわれるかもしれない。しかし私はやはり、明日は明るい日であることを想って、今日を過ごして生きたいと思います。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第179話)

第179話:「探索力」を活かして「探求心」を発揮すること。

 ネット社会に生きる今、日常生活でふと忘れてしまったことや、どうしても思い出せない著名人の名前や施設などの名前。そのような折に便利さを感じるのが、スマホがもつ検索機能の活用です。その言葉自体が浮かばなくとも、周辺の情報や関連のありそうな言葉を入力すれば、まさに関連ありと思われる名前や状況等が一斉にリストとして並んで表記されます。その中から、「うんうん、これこれ」と思い出さなかったテーマや人名・地名を見つけると、うれしさ倍増といったことが何度もあるのではないでしょうか。

 まさに「探索」することは、さしたる労を要さずにできるようになったものです。今も私のワークデスクには、数種類の辞書が並んでいますが、昭和の時代では当たり前の風景でした。しかし、ネット社会の今、分厚い辞書は無用になってしまったようです。

 ただここで、私たちは重要なことを忘れてしまったのではないかと危惧することがあります。それは「探求心」の低減です。単語の検索をして、その意味がわかればその時点で分かったつもりになってしまい、その後の、さらなる探索やあるいは研究にまでの深みを求めなくなってきているように感じます。言葉の広がりはあるものの、深みを感じさせないままに、話が拡散してしまう場面に出会うことがあります。

 プロジェクトのテーマについて話しをしていても、一つの言葉の解釈についての議論はあったとしても、テーマそのものの本質を追求するには至らないということがあります。やはり、上辺の知の底の浅さがなせることでしょうか。今の時代の気になる場面です。

 探索だけの繰り返しでは、上辺の知識が広がっていくだけです。その中で気になったことを探求することで、今度は深みが増していくものです。広がりだけを求めていたのでは、あくまでも表層的なものに過ぎず、いずれ「知」の化けの皮がはがれてしまいます。もっと、「知」の深みを求める探求心を持っていたいと思います。(第180話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第178話)

第178話:『と』の発想と実践が未来を描く力になる。

 マーケティングでよく耳にする言葉には、「と」がついていると思うことがあります。

 「モノ」と「コト」:人の消費行動では、モノの購入判断に、そのものを使用・消費する「コト」を思い浮かべている。

 「技」と「芸」:個々の技法として捉えることができる技。その技を体現して、その人らしさを感じさせる芸。

 「型」と「形」:形が生み出される背景としてある「型:カタ」と形式・外形・姿としてあらわされる「形:カタチ」。

 「送り手」と「受け手」:モノや情報を提供する側と、提供されるものを選別して購入・使用する側。

 「と」の発想は「あれもこれも」とは異なり、足りないものや専門性を要するものをお互いに支援し合いながら、新たなものを生み出そうとする考えです。

 昨今言われる「共感」「共振」「共働」「共創」といった「共」の考えに近いのではないかと思います。コラボレーション型ビジネスという考え方も、原義として捉えれば、「Co=共に」+「Labor=働き」+「Action=実行」が組み合わさったものであり、「共に力を合わせて実践する」ことを意味しています。

 「A『か』B」という発想ではなく、「A『と』B」をうまく融合させていくことが求められているのです。マーケティングは諸科学の融合によって新たな思考を体系化しています。対立ではなく両立のバランス感覚が今の時代には必要になっていると思います。

 日本を代表する経済人、渋沢栄一の「論語と算盤」を再読して、改めての想いでもあります。(第179話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第177話)

第177話:気も心も「明るく」なる詩(うた)に触れる日々を思う今。

 オリンピックイヤーの今年。海外への逃避行や新型ウイルスの話と、余り楽しくなる話題のないままに時が刻まれているように思えます。

 春一番も吹いて、漂う空気に間もなく「春」の気配を感じるようになります。季節の移り変わりに、時の流れを感じるもの。

 時の流れと言えば、歌があります。「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉もあるように、その時々の世相をも反映して流行りすたりを繰り返す。まさに「流行歌」。

 幼かった頃の自分を思い起すには、昔の写真を見ることもあれば、昔の友との会話もあります。それぞれに懐かしさがこみあげて来るもの。そしてまた、往時の歌を口ずさむのも良いもの。時を超えて、自分自身が10代の若者に返ったような気になることがあります。その時に思ったこと、考えたこと、感じたこと。楽しいことだけではない。嫌なことも思い起こし、その折の自分の気分が浮かんできます。

 テレビ視聴者の高齢化があるからか、昔の流行歌がテレビを通じて流れる機会が以前よりも多くなったような気がします。思い出の歌謡曲といった類の番組です。昭和の時代に歌われたものが多く、更には自分の両親が口ずさんでいた歌もあります。

 今の時代に流れる歌と、往時の歌との違いは、幾つかあるように思います。何よりも、歌詞が違う。日常的な自分の心を語るところは同じですが、昔の歌の方が、素直に自分自身の想いを告げようとしているように聞こえてきます。そして内容に違いを感じさせるのは、「つらい」という言葉と「明るく」という言葉をよく耳にするところです。

 「つらい今日(今)を見つめながらも、明るく(明日を)生き抜こう」といった内容のもの。なかには“明るく~、明るく~、生きるのよ♪”といった歌詞もありました。今日の繰り返しに未来を見ていた昭和。今日の繰り返しは今日と同じに過ぎない、と思う現在。流行歌の歌詞に、時の流れを感じることがあります。(第178話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第176話)

第176話:「ブランド」は自己納得の証として存在するようです。

 決して時に追われるような生活をしているわけではありませんが、私はいつも左腕に時計をしています。最近はスマホに時刻表示があるので、腕時計を持たない人も多くいるようですが、私の場合は腕に時計をすることが習慣化しています。そして状況に応じて身につける時計も違っています。仕事をしている時、休日で家にいる時、気軽な外出の時・・・。それ程の高い意識は無いものの、場に応じて腕時計をつけ替えています。

 仕事の時にしているものと、休日の時計とでは、そもそもその値段が違うのです。仕事の時以外では、1,980円のものが2個。更に、実は480円のものも持っていました。この時計はせっかちなのか一日に20分も進んでいました。それだけ狂ったのでは、日常の生活行動が狂ってしまうので使うのはやめ捨ててしまいました。電池を換える手間と時間と直接コストを考えれば、止む無しだったと思っています。

 一方、仕事の折に身につけているのは、1万円強のもの。驚くほどの値段ではありませんが、私個人の想いとしては、仕事の場は「公」。自分自身が「これなら善し」と思わなければならないと考えています。その際に選択したブランドは「SEIKO」でした。これも、さしたる意味があるわけではありません。中学校入学時に叔父が私に贈ってくれたのが「SEIKO」だったからかもしれません。

 その折の感動記憶がよみがえってくるのか、他にいくらでも時計があるにもかかわらず、自分自身のONの時間を刻むのは、「シチズン」や「リコー」などのメーカーが送り出している情報を耳にすることもなく「SEIKO」です。刻まれる時の正確さが実感できれば良い、との想いを超えた「自己納得」がそこにはあります。他者の声を受け容れようとしない姿勢すら感じさせます。

 ここ数年、マーケティングの領域で語り議論される「ブランド」論も、受け手側に立って自分自身を見直せば、思い入れと思い込みの深耕度合いと見ることが出来るものです。(第177話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。