エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第201話)

第201話:シャワーヘッド版新規事業展開の成功事例

 国内人口の減少や少子高齢化による国内需要の変容、さらにはグローバル化による国際競争の激化など、中小企業を取り巻く市場環境の変化は激しくなっている。そうなると、既存の製品やサービスに対する需要は時間とともに変化し、中には市場から淘汰される製品やサービスも存在する。

 こうした中、中小企業庁の「中小企業白書」でも、中小企業が継続して成長していくためには既存の事業にこだわらず、時代の変化に対応し、積極的に市場の開拓や新たな事業の展開に取り組んでいくことが重要であるとしている。一昨年秋の民放連続ドラマでも、老舗の足袋製造業者がランニングシューズの開発に挑戦する奮闘が描かれ話題となった。これは、新事業展開の成功事例といえるが、あくまでフィクションである。

 こうした中、中小企業白書では、外部リソースを活用したブランド戦略でニッチ市場を創出した新規事業展開の成功事例が紹介されている。この会社は岐阜県山県市にあり、伸銅やステンレス部品、シャワーヘッドの開発や製造をして販売する業者である。

 この企業は元来、下請けメーカーとして水栓バルブの部品を製造してきた。しかし、住宅着工の低迷による需要の停滞や価格競争の激化を受け、下請け取引に頼らない自社製品の開発と販路開拓を目指した。

 そして、新たな事業の柱を検討していたところ、関連する業界で節水効果を備えたシャワーヘッドが高価格帯で販売されていることに着目して新製品開発を進めたことにより、節水効果のみならずそこに美容作用という付加価値を兼ね備えたシャワーヘッドの開発に成功した。

 更にこの企業が優れていたのは、こうした消費者向けの新製品を売り出すにあたり、ブランディング戦略をアウトソーシングしたことである。アウトソーシングすることにより、中小企業が独自には取り組みにくい新商品のコンセプトやPRポイントを明確にし、顧客からの知名度を高めることに成功した。

 美容や健康志向に感度が高いとされる30歳代の女性をターゲットとし、自社ブランド製品の確立には3年近くかかったものの、結果的に売上高は2倍程度まで増加したとのことである。

 このように中小企業白書では、新事業展開に成功する企業はマーケティングに注力していると指摘している。そして、マーケティング活動の評価や検証まで実施する企業は、利益率の上昇や従業員の意欲向上といった効果を得ているとしている。

 また、新事業展開の課題として人材不足が挙げられているが、経営資源に限りがある中においては、今回の事例でもブランディング戦略をアウトソーシングしているように、今後の成長や新事業展開に向けて外部リソースの活用も視野に入れながら、新事業展開を積極的に実施していくことも重要となろう。(第202話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所
経済調査部 首席エコノミスト
永濱利廣

さてこの度、永濱氏の書籍が出版となりましたので、ご案内させていただきます。何卒よろしくお願いします。

『エコノミストの父が子どもたちにこれだけは教えておきたい大切なお金の話』~自分の息子と娘のために語り下ろす「お金」の教科書~


〇教育現場でも中高生から経済学や投資の基礎知識などを教えるべき、という声が広がっているが、それ以前にもっと身近な「お金とのつきあいかた」を知るべきではないか、という思いを込めた1冊。

〇「クレジットカードの仕組み」「なぜカンタンにお金が借りられる?」「友だちとのお金の貸し借り」「ものの値段の決まり方」「バイト代や給料の仕組み」「お金がなくなったときどうすればいいのか」「お金を増やすことはできるのか」「無料はほんとうに得なのか?」「君たちもすでに税金を払っている」「修学旅行や部活にだって保険はある」など、中高生の日常に身近なことから「お金とのつきあいかた」を教える。

〇お金で不幸にならないために、お金で人を不幸にしないために、父親としての願いをまとめた一冊。

(ご購入はお近くの書店か上の「本の表紙」をクリックしてください。)

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第155話)

第155話:時を知るのは、一人ひとりが持つ「気時計」だと思います。

 年に数回、企業のマーケティング・スタッフと時を共有し、あるテーマをディスカッションしながら未来を描くワークショップを実施します。その時間のほとんどは、一日フルタイムです。かといって休憩無しのマラソンレースではなく、途中途中に小休止を入れ、頭の回転が鈍らないように考慮します。ある時はお茶を飲みながら、ある時は菓子を口に運びながら、その日のテーマから思考の回路が外れないように心しています。

 一旦休憩して、定刻に再度エンジンを噴かそうとすると、大体一人か二人が揃いません。2~3分ほど遅れての入場です。場合によってはそれ以上の遅刻もあります。さも何事もなかったように着席して、周りを見回します。すでに議論が少し前に進んでいるケースがほとんどです。ただ、そのような場合にも、当の本人は何も気にしていません。かえって、こちらの方が何か悪いことでもしたような気になります。当人にしてみれば、何も目くじら立てることではなく、少し遅れたくらいでとやかく言う必要もない、との思いがあるのでしょう。
 
 同じような体験は、研修の場合にもよく遭遇します。人が他人の話を集中して聞くことの出来る時間は90分がひとつの目安と言われます。それに沿ってやはり、90分弱で休憩を取るように心掛けます。再開の時間になっても、まず全員が揃うことはありません。数名がやはり、少し遅れてあたふたと入場します。特段目ざわりということはありませんが、なぜ時間通りに行動できないのかを不思議に思う時です。

 生活の中でも、目に見えることはなくとも気にしておかなければならない筆頭格に「時間」があると思います。「気に」しなくなれば、何事もないのですが、それでは全体の統制や調和が図れません。目に見えぬからこそ、大切にしなければならないのです。どこかに移動する際に、定刻を過ぎれば新幹線も飛行機も出発してしまいます。少しくらい遅れても・・・の道理は通じないでしょう。

 時の流れを気にしない人は、気持ちの中に明快な時計を持っていないのでしょうか。一人ひとりの「気時計」です。「気づき」も少なく、他人への「気働き」も無いのでしょうか。そのクセに「気位」だけは高いのかもしれません。やっかいなことです。(第156話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。