清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第135話)

第135話:「解説」は「解釈」を深めるためのガイド役です。

 書店を回ることが好きです。今の時代の風を感じるには、多様な商品の実験場であるコンビニエンスストアやドラッグストアがありますが、もの以外の空気感や注目の動きを知るのに書店は格好の情報集積拠点です。多くの書籍が目に入ります。かつては、書店の陳列棚のガイドに添って見て回ると、何となくその分野の全体傾向を見て取れることはあったのですが、最近はテーマ自体が錯綜しているので、書店の陳列棚のガイドが余り役に立たなくなっています。かなり幅広く動き回って、自らがその内容を確認していかないと、多様な動きの連関図が描けなくなってしまいます。

 ビジネスの分野にあっては、毎週のようにさまざまな書物が店頭に並びます。ある程度今までの蓄積を持った領域のものであれば、書のタイトルではなく著者の名前を見るだけで、おおよそその内容までを連想することが出来ます。

 しかし、不案内な領域や知識の集積のない分野になるとなかなかそうはいきません。先ずは大まかに分野のことの「解説」を読んでおかないと、全体を俯瞰することが出来なくなってしまいます。一通りの解説が頭に入れば、その後は周辺情報を取り込んで、自分なりの「解釈」をします。解釈の違いが一般的な見方とずれていないかを確認するために、また「解説」を読み解きます。その繰り返しによって、自分なりの考えが熟成していくものです。

 しかし、最近のマーケティング・スタッフの行動様式を見ていると、情報検索のための手段は豊富に与えられたからでしょうか。その内容を咀嚼して自分なりに「解釈」するよりも、他人の「解説」を聞いて終わってしまうような、行動力の希薄化も見られてしまいます。深みのない上辺の変化にのみ驚きを見せる生態が見え隠れするのです。

 心すべきは、自分なりの「仮説」の設計です。他者の「解説」をいくら記憶のファイルに詰め込んでも、それだけでは新しい構想は生まれてきません。

 構想は、自己「解釈」の産物なのです。(第136話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第155話)

第155話:疑わしい戦後2番目の景気拡大

 景気の変動は経済の好不調により波を伴い、景気が谷から山を経て次の谷に到達するまでが一つの循環とされている。景気の山谷は、正式には、内閣府が景気動向指数をもとに基準日付を認定しているが、鉱工業生産の動きで大まかに確認できる。このため、鉱工業生産を公表する経済産業省の『鉱工業統計』は、製造業部門の生産動向を捉える月次の統計として重要度が高い。鉱工業生産から景気の山谷が確認できるのは、短期的な経済循環が製造業の在庫変動によってもたらされるためである。

 アベノミクス以降の鉱工業生産指数によれば、日本経済は2014年2月から2年程度調整を続けてきたが、景気後退局面とは認定されたかった。このため、一部の専門家の間では、2012年11月を谷とする戦後二番目の景気拡張期の判断は疑わしいとされている。

 企業の生産活動がなぜ景気循環をもたらすのかについては、企業の最大の目的が利益を極大化することと関係している。つまり、ある製品の需要が今後伸びると考えれば、販売の機会を失わないために生産を売上以上に増やして在庫を積み増す。しかし、景気の悪化などにより先行きの需要が衰えると考えれば、生産を売上よりも大きく減らすことで需要の減少に見合う水準まで在庫を減らす。こうした生産・出荷・在庫の関係が景気の波を発生させることになるのである。

 経済産業省の『鉱工業指数』では、生産、出荷、在庫、在庫率それぞれの指数が公表される。中でも、出荷指数は需要者別の需要を把握するのに適しており、特に資本財出荷指数などは設備投資の関連指標として用いられている。また、在庫率指数は出荷数量に対する在庫水準の割合を指数化したものであり、製品の需給環境が反映される。従って、同指数が上昇すれば需要見合いで在庫が積みあがる目安となり、先行き生産の調整を招くと判断され、在庫率指数は生産指数に対して逆相関して先行する傾向がある。

 専門家の間では、こうした在庫循環の動向をより明確に判断するために、出荷と在庫の前年比伸び率の差をとった出荷在庫バランスという指標が使用される。そして、特に明確な在庫循環をする電子部品・デバイスの同指標が景気の先行きを把握するために有効とされている。これまでの、電子部品・デバイスの出荷在庫バランスを見ると、過去の景気回復局面の間の景気の盛り上がりは、主に五輪とサッカーW杯に伴う電子部品の増産により引き起こされてきており、この経験則に従えば、冬季五輪とサッカーW杯が開かれる2018年前半までは生産活動が盛り上がることになる。

 しかし、近年では電子部品の用途がスマホやデータセンター、産業用ロボット、自動車向け等に多様化していることからデジタル家電需要と出荷在庫バランスの関係は低下しており、これまでの経験則が通用しにくくなっている。一方、今年前半は米国で大型減税が始まる等、米国経済が加速する観測が強まっている。こうした状況を勘案すれば、米国経済が堅調に推移して輸出が好調さを保つことから、国内景気も早期に後退局面入りする可能性は低いように見える。(第156話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所
経済調査部 首席エコノミスト
永濱利廣

さてこの度、永濱氏の書籍が出版となりましたので、ご案内させていただきます。何卒よろしくお願いします。

『エコノミストの父が子どもたちにこれだけは教えておきたい大切なお金の話』~自分の息子と娘のために語り下ろす「お金」の教科書~


〇教育現場でも中高生から経済学や投資の基礎知識などを教えるべき、という声が広がっているが、それ以前にもっと身近な「お金とのつきあいかた」を知るべきではないか、という思いを込めた1冊。

〇「クレジットカードの仕組み」「なぜカンタンにお金が借りられる?」「友だちとのお金の貸し借り」「ものの値段の決まり方」「バイト代や給料の仕組み」「お金がなくなったときどうすればいいのか」「お金を増やすことはできるのか」「無料はほんとうに得なのか?」「君たちもすでに税金を払っている」「修学旅行や部活にだって保険はある」など、中高生の日常に身近なことから「お金とのつきあいかた」を教える。

〇お金で不幸にならないために、お金で人を不幸にしないために、父親としての願いをまとめた一冊。

(ご購入はお近くの書店か上の「本の表紙」をクリックしてください。)