エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第44話)

第44話:GNIが目標の理由 

 経済のグローバル化により新興国が台頭し、少子高齢化により国内経済が成熟する中では、国内総所得(GDI)を大幅に増やすことは困難である。 

 GDIは国内(D)の経済活動による所得(I)を表している。国際収支における経常収支は、貿易収支やサービス収支、所得収支、経常移転収支に分けられ、GDIには貿易・サービス収支しか計上されない。これに対して、GNIは、国民(N)を対象としており、海外への投資で得た配当などの所得収支を含む。 

 したがって、GDIは国内の所得規模を測る代表的な指標ではあるが、国民全体の所得状況を見るには所得収支を含んだGNIがより適切な指標となる。 

 そこで、経済の成熟化に伴い海外投資を積極化した19世紀の英国のように国民全体の総所得を示すGNIを増やすことに活路を見出さざるを得ない。19世紀後半から20世紀初めにかけての英国は、経済が成熟化して国内での投資機会が減少する中、北米など当時の新興国への投資を積極的に進め、投資収益を獲得したことで、貿易赤字をはるかに上回る所得収支黒字を計上し、国民所得の拡大を可能とした。 

 GNIを増やすには3つの視点が重要である。第1に、GDIを増やすことである。そのためには、国内所得を生み出す源泉となる国内企業の雇用機会を増やす必要がある。企業の6重苦を緩和するためには、税制改革や経済連携協定の推進による立地競争力の強化が鍵となろう。 

 加えて、交易損失を減らすことが重要だ。現在、米国の9倍の価格で中東から輸入されている液化天然ガス価格を引き下げるだけでも、相当な交易損失の減少につながる。それを実現するための積極的な通商政策が必要となる。 

 第2に、新しい分野での雇用を生み出すことだ。そのためには、人口が減少する中でも市場の拡大が期待される医療・介護や教育・保育、農林水産などの分野での規制改革が必要だろう。結果としてこれらの分野で需要喚起が実現すれば、農産品の輸出増や女性の労働参加も促されよう。 

 第3に、それでも補えない部分を海外への直接投資や証券投資などから利益を上げる所得収支で稼ぐことだ。投資やサービスのさらなる自由化、国際間の人材移動の活発化などにより直接投資や証券投資収益を拡大させることが重要な課題となる。 

 また、投資協定の締結などを通じて、対外投資で稼いだ海外資金の国内還流を阻害する要因を除去する必要もあろう。加えて1700兆円にも上る家計金融資産の運用パフォーマンスにグローバルな経済成長をより反映させることで、証券投資収益を拡大させる取り組みにも期待したい。(第45話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所 

経済調査部 主席エコノミスト 

永濱利廣

 

 エコノミスト永濱氏の新刊も是非お読みください。

 

09241020_56034fe54bc2c

書店やネット(下のURLをクリックしてください)でお買い求めいただけます。http://store.toyokeizai.net/books/9784492396209/    

 

経済は「環境」と「政策」に左右されます。 だから、それらが今とそっくりの時代がもしあれば、 今後の日本経済に何が起きるかを予測できるはずです。 しかし、そんな都合のいい時代があったのでしょうか。 実は、あったのです。 それが1986年と、2014年の日本です。 80年代後半、日本は未曾有の好景気に沸きました。 それと同様、今の日本は、黄金期の入り口に立っているのです。

 

【1986年→1989年】 原油価格が1/3に下落 史上最低の公定歩合 公共事業費が増加に NTT株公開 消費税導入 「死んだふり解散」で自民党圧勝 「前川リポート」による構造改革 ブラックマンデーと、その後の急回復  

 

【2014年→2017年】 原油価格が1/2に下落 金融の異次元緩和 機動的な財政政策 郵政株公開 消費税増税 「アベノミクス解散」で与党圧勝 「日本再興戦略」による構造改革 中国ショックと、その後の急回復?   

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第21話)

第21話:文化の輸出入

文化の輸入と輸出という考え方があります。

海外の生活スタイル、教育、アートなどを日本に取り入れる輸入。

日本のアニメや漫画、寿司、盆栽なども海外で大人気とされる輸出。

人気の勘所は、「ありのまま☓用途の自由性」ではないでしょうか?

例えば、日本のお茶は海外でも人気です。ただし、お茶に砂糖を入れて飲むという各国での嗜好スタイルがあります。

 

茶文化と言えば日本では、千利休や茶室などをイメージされると思いますが、海外で茶室を輸出しても、日本と同様に理解されるとは限りません。そこに、日本文化☓海外のオリジナルティが組み合わせることで、新しい何かが生まれてくるのです。

11月の「わくわくイノベーション塾」のテーマは、「日本の文化は、世界の中でどうなっていく?」について参加者の皆さんとのセッションにより、3つのユニークなシナリオを描きました。

①タイトル「ジャパン・クラシック」では、時代が変わっても文化の根底は不変であるという未来。

②タイトル「ガラパゴス 日本文化の循環」では、日本の文化を輸出して、海外で評価とアレンジしていただき、再度、逆輸入するという発想。

③タイトル「M・S・D計画」では、ドレスアップした着物文化(モンペ)、修行文化(お遍路)、ダッシュ(村)文化などが海外の若者から人気となり、観光客や移住者が増えるという未来。

 

ちなみに、M・S・D計画とは、モンペ(Monpe)と修行(Sixyugixyou)とダッシュ(Dash)の頭文字から名づけています。

大切なことは、文化の根底は普遍であり、表面的な部分だけが変化している。

ビジネスでも原理原則は普遍であり、ケースに応じて少しだけ柔軟に創意工夫させていくことが必要なのです。(第22話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/165.html

https://faavo.jp/fukuoka

 原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第67話)

第67話:「Skill-Sense-Style」のバランスを身に付けていますか。

 社会人対象の大学院が注目されています。夜間に就業後、自らのキャリア・アップを図るべく、新しい知見を求めて学習の場へと参加する。今までに知らなかったこと、知っていたが忘れてしまったこと。かつては拒絶反応を示していた分野も、時を超えて改めて接すると、従来にはない鮮度感覚で吸収できることもあると思います。まさに、学生時代には何事かを「習う」姿勢でしかなかった者が、自らの発見に繋がる「学ぶ」ことの楽しさを、社会人になって実感する時ではないでしょうか。

 何よりも、新たな分野での自らの発見があるのは、自分自身の考え方やものの見方を広いものにします。楽しさも広がるもの。「習う」のは、比較的あることに対する方法論の修得に止まってしまい、Skill(技法・技能)を身に付けることに終始してしまうもの。Skillは一度やり方を理解すれば、後は繰り返しての訓練によって深まる可能性がありますが、ビジネスはそれだけに止まりません。

 必要なことは、モノを見る眼・考える視点の広がりです。専門性はベースにはなりますが、狭い領域に閉じこもったのでは発見が乏しくなってしまいます。Skillを超えたSense(感覚・認識)の深まりが求められます。さまざまなモノや人との出逢いがSense向上の糸口です。視野を広めるとは昔から言われたことです。

 更には、SkillやSenseを基軸として、自分なりのビジネスStyle(様式・型)をつくりだすことが出来るかどうかが必要です。何となく雰囲気を感じさせるビジネス個性とも言えるでしょう。その人らしさを感じさせるものが、身に付くかどうかです。

 従来のビジネス分野での学習・研修の場は、どちらかと言えばSkill獲得を目的としたものが主流を占めていました。しかし今、マーケティング・スタッフに求められているのは、画一的・定式的な方法論を知っていることではなく、知識を超えた見識です。Skill-Sense-Styleの3Sバランスが必須なのです。(第68話に続きます)

清野氏 研究会講義中

清野氏 研究会講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

 

books

 

 

 

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第43話)

第43話:GDPよりも重要なGDI

政府が景気動向や分析に使うのは、物価変動を加味した実質国内総生産(GDP)成長率である。これが減っているので政府は景気が足踏みしていると公言している。

 しかし、物価変動を考慮しない名目GDPや、国内全体の所得を示す国内総所得(GDI)で見れば、日本はそこまで貧しくなっていない。

 なぜなら、物価変動の影響を取り除いた実質的な付加価値を示す実質GDPは、各構成要素の価格をある時点で固定して計測するため(現在は2010年)、海外との貿易に関わる交易条件の変化に伴う実質所得(購買力)の変化が反映されないためである。

 交易条件とは、平たく言えば輸出品の価格と輸入品の価格の交換比率である。例えば、輸出品の価格に対して輸入品の価格が高くなると、その国の実質的な所得は下がる。原油価格が1バレル=100ドル程度だった頃と、同50ドル割れしている近年を比較しよう。仮に同じ価格で原油の加工品を輸出すれば、実質的な所得が増えるのは明らかだろう。この交易条件の変化に伴う実質所得の変化を示すのが交易利得(損失)である。

 要するに、実質GDPは生産額(P)に注目しているため、海外との貿易取引部分においても輸出入物価の変動を加味した生産額を集計する結果、現実の交易利得(損失)が反映されていない。

 一方で、国内の実質的な所得を示す実質GDIを考える場合は、所得(I)に注目するので、輸出入価格の変動による所得も加味されなければいけない。そして、交易条件が有利(輸出価格>輸入価格)となれば実質所得は増え、不利(輸出価格<輸入価格)になれば実質所得は減る。すなわち実質GDPに交易利得(損失)を加えたものが、国内の実質的な所得を示す実質GDIとなる。

 日本は他国に例を見ない特異な貿易構造にあり、必ずしも国内の生産や需要の伸びがそのまま所得の伸びに結びつかない。なぜなら、我が国は原油など原材料を輸入に頼る一方で、加工品(電子部品など)の輸出に偏っているため、交易損失の変化が他の先進国よりも極端に大きくなるからである。事実、原油安が進んだ昨年後半以降、交易損失が大きく縮小している。

 このため、日本経済にとっては海外に所得が大規模に流出している実態を反映しない実質GDPではなく、所得に注目した実質GDIを増やすことが重要になる。(第44話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所 

経済調査部 主席エコノミスト 

永濱利廣

 

 エコノミスト永濱氏の新刊も是非お読みください。

 

09241020_56034fe54bc2c

書店やネット(下のURLをクリックしてください)でお買い求めいただけます。http://store.toyokeizai.net/books/9784492396209/    

 

経済は「環境」と「政策」に左右されます。 だから、それらが今とそっくりの時代がもしあれば、 今後の日本経済に何が起きるかを予測できるはずです。 しかし、そんな都合のいい時代があったのでしょうか。 実は、あったのです。 それが1986年と、2014年の日本です。 80年代後半、日本は未曾有の好景気に沸きました。 それと同様、今の日本は、黄金期の入り口に立っているのです。

 

【1986年→1989年】 原油価格が1/3に下落 史上最低の公定歩合 公共事業費が増加に NTT株公開 消費税導入 「死んだふり解散」で自民党圧勝 「前川リポート」による構造改革 ブラックマンデーと、その後の急回復  

 

【2014年→2017年】 原油価格が1/2に下落 金融の異次元緩和 機動的な財政政策 郵政株公開 消費税増税 「アベノミクス解散」で与党圧勝 「日本再興戦略」による構造改革 中国ショックと、その後の急回復?    

 

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第20話)

第20話:創造的思考で実現できるかも?

ビジネスや日常での問題解決のベースとなる考え方には、ロジカル・シンキング(論理的思考)とクリエイティブ・シンキング(創造的思考)があります。

ロジカルシンキングは、根拠となる事実ベースから結論を出す考え方です。

一方、クリエイティブ・シンキングとは、どんなイメージでしょうか?

クリエイティブと聞くと、デザイナーやアーティストを思い浮かべる方が多いと実感しています。

しかし、実際は、デザインやアートの世界ではなく、企業や相手の現状を把握して本質的な問題を見極めて解決策を創造的に考えていくことがクリエイティブ・シンキングなのです。

なので、クリエイティブとは芸術などの特別な才能ではなく、誰もが備わっている能力です。

「現状をより良くするために創意工夫する」などは、誰もが日常の中で、無意識に行っています。

多様なステークホルダーとの自由かつ前向きな対話により、「解決できるかも?達成できるかも?実現できるかも?」というポジティブな思考から新たなアイデアが生まれ、創造的な問題解決が可能となるのです。

大切なのは、自分はクリエイティブではないというネガティブな意識から、自分はクリエイティブなのだと意識を切り替えるクリエイティブ・マインドが必要なのです。

そこから、クリエイターとしての第一歩が始まり、未来へのストーリーが描かれ、未来が創造されていくのです。(第21話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/165.html

https://faavo.jp/fukuoka

 原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////