エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第26話)

第26話:「r>g」の本当の意味

 2000年代以降、経済のグローバル化が進み、先進国では富裕層と中間層以下の格差が広がってきた。そのきっかけは、東西冷戦の終結だった。

 東西冷戦の時代は、資本主義の国と社会主義の国で生活水準の格差が広がっていた。東西を分断していた垣根がなくなったことによって、先進国からすると安い労働力が使えることになった。先進国はこぞって新興国に工場を作る等、どんどん資本を新興国に移していった。

 一方、新興国は安い労働力を提供できるため、それによって新興国の人々は働く機会を得ることができ、かつ市場経済にアクセスできるようになった。そういう状況では、先進国と新興国の格差が縮小する圧力がかかる。

 先進国と新興国の市場が一体化すると、先進国の国内では格差が広がる。それまで先進国の労働者たちが担ってきた仕事は、新興国の安い賃金の労働者に委ねられるようになる。

 そうすると、先進国の労働者の賃金は下がってしまう。先進国と新興国の格差が縮まる一方、国内の格差が広がるのは、川が上から下に流れるのと同じ動きで、経済のグローバル化のなかでは必然となる。

 経済がグローバル化すると、企業は国境に関係なく最適なところに最適な立地をする。その際、できるだけ富を稼げる人や企業を引き寄せるような政策が重要性を増してくる。税制面では累進課税を下げ、法人税も下がる方向になる。その結果、富裕層と庶民の格差は広がることになる。

 経済のグローバル化は、金融市場にも様々な影響を与える。このご時世、資金さえあればM&Aで企業を買って、すぐにいろいろな分野に参入することができる。そうなると、マンパワーより株主から資金を調達することがより重要性を増してくる。

 その結果、企業は株主への分配により重きを置くため、人に対する分配の優先順位が低くなる。

 ピケティが危惧しているのは、富裕層に蓄積した資産が更に増えていき、富裕層と中間層以下の格差が更に拡大することである。それを「r>g」の数式で表現している。

 これは資本収益率が経済成長率より大きくなるという意味である。ある意味で資本から得る収入が労働から得られる対価より大きいのは当たり前である。そうでなければ資本家がリスクを負って投資をしなくなってしまう。

 ただし、それによる格差を是正することは必要なので、ピケティが累進所得課税の強化や、世界的な累進資本税の導入を提案していることは大きな意義がある。(第27話に続きます)

永濱 利廣 氏
永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所 経済調査部
主席エコノミスト 永濱利廣

エコノミスト永濱氏の書籍をご案内させていただきます。書店やネット(下の写真をクリックしてください)でお買い求めいただけます。

永濱利廣著
永濱利廣著

図解 ピケティの「21世紀の資本」
トマ・ピケティの『21世紀の資本』が世界的に注目を集めました。
しかし、原著(日本語版)は700ページを超え、完全に読みこなすのは難しいものとなっています。
本書では、難解な点を図にまとめたほか、ポイントを絞って原著に忠実に全体を解説しています。
あわせて、ピケティの著書や発言を参考にして、日本における格差問題やアベノミクスの評価について独自の解説を加えています。
800円+税 ()イーストプレス http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=2378

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第2話)

第2話:あなたの地域に未来はありますか?

多くの方は、日本は人口減少や高齢化社会であるとことは知っています。

では、どれくらい明確に知っているでしょうか?いつから人口が減少してきているのでしょうか?いつまで減少し続けるのでしょうか?高齢化率(65歳以上)はどれくらいで、いつまで増加していくのでしょうか?おそらく、多くの方は明確に答えられないのではないでしょうか?

地方自治体を例にすると、人口統計学上、2040年までに地方自治体は現在の50%近く(896の地方自治体)が消滅する危機があるという仮説があるのです。

私が現在住んでいる福岡県では、約30%近くが消滅。私の出身である大分県は、約60%が消滅するのではないかと予測されています。

結果的に消滅はしなくても、それに近い状態になるとしたら、どうでしょうか?

市役所(役場)の存続または行政サービスの低下は?病院の存続は?学校の存続は?

商売は継続できるの?高齢者の介護は誰がするの?など多くの問題が次から次へと出てくるでしょう。

しかし、地域に住む人も都市に住む人も、人口動向そのものも明確に把握していない人が多く、何となく知っていて、何となく地方の人口が減っていて、何となく日本の高齢化率が高まっていてと、「何となく把握」している人たちが多いのではないでしょうか?

人口を増加または現状維持するためには、どんなことが必要でしょうか?

あるいは、人口減少しても問題ないという考え方も選択肢の1つでしょうか?

問題から目を背けるのではなく、あらゆるステークホルダーによる対話により、問題を問い続け解決となる未来を描いていくことにより、地域の未来は実現化していけるのではないでしょうか?

他人ごとや社会の課題を自分ごととして捉え、地域の枠を外し、あらゆるステークホルダーを巻き込みながら新しいアイデアや関係性を創出していく時代になったのではないでしょうか?

福岡市天神で、毎月第3土曜日(予定)に開催している「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」では、毎月1つのテーマについて問い続け、参加者の皆さんでアイデアを出し合いながら地域の未来構想づくりに取り組んでいます。

毎回、新しいテーマですので、随時参加がOKです。「より良い社会の実現」を目指して、一緒に楽しみながら構想づくりに取り組んでみませんか?(第3話に続きます)

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/155.html/

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロモーター)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「人づくり」ワークショップ研修

・「誰でも分かるアイデア発想術」研修

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「明日から使えるディベート」研修

・  地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第48話)

第48話:「何だろう(?)」「なんだっ(!)」「何~んだ(~)」が大切です。

 日本の若者の国語力(読解力)が、先進諸国の標準から見て落ち込んでいるといわれています。自らの頭と言葉で、自らの考えをまとめるクセが幼い時から累積されぬままに成長しているのが現実のようです。この先の日本語がどうなるかということよりも、意志の疎通と状況の共有の中で営まれる、日常の生活自体がどのようになってしまうのかと考えてしまうことがあります。

 教科書に書かれた文章を、教室にいる同級生と声を揃えて読むということをしていないのでしょうか。言葉の持つ面白さや表現の楽しさを知るのは、耳から入ってくる言葉です。声に出して読み継ごうとして、ふと読めない文字に出逢ってしまい、口ごもる瞬間。その瞬間に何となく難解な漢字が読めてしまうことがあります。前後の文脈から読み解く言葉の持つ不思議さとの遭遇です。そのような体験もないままに成長の過程を踏むと、いつ脳を使うことになるのでしょうか。与えられたあるひとつの解答と言われる道筋を、さもそのことが正しいように、何の疑念も抱かずに丸呑みをしてしまうのでしょうか。かえって危険ではないかと思います。一人ひとりが持つ、人間としての思考の広がりや発想の豊かさを摘み取ってしまうことになるからです。

 自分の目の前に現れた現象に「何だろう・・・」の「?(疑問符)」を持たぬ様相は、人間としての進歩を止めてしまうのではないかと思います。その現象が理解できそうな瞬間での「何だっ・・・」の「!(感嘆符)」の時を経て、自分なりの納得の解を得て「何~んだ・・・」と腑に落ちる。理解をすることの瞬間であり、何とも感動的な気持になる時でもあります。そのような、驚きや感動をもたぬままでは、進化の節目のない、つるっとした頭になってしまいます。思考を停止した頭です。

 最近の若者が無表情なのも、そんなことが原因なのかと、つい頭をひねって余計な節目がまた出来てしまいそうです。(第49話に続きます)

清野先生の講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司
Eメール: maps@mapscom.co.jp
URL: http://www.mapscom.co.jp

books

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。
(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)
 

エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第25話)

第25話:円安の誤解

 今回は円安による影響や対策について考えてみたい。まず、大胆な金融緩和に伴う円安により、輸入物価が上がり、家計に悪影響をもたらしているとの批判がある。実際、過去10年間のドル円レートと消費デフレーターの関係をみると、ドル円レートが10円円安になると、3四半期後の消費デフレーターを約+0.845%押し上げるとの関係がある。つまり、2014年度の家計消費(除く帰属家賃)が約239兆円であることからすれば、円が対ドルで10円円安になると、4四半期遅れて家計負担を年額で239兆円×0.845%=+2.0兆円程度増やすことになる。これは、アベノミクスで40円以上円安が進んだことにより、家計の負担が年間8兆円以上増えることを示唆する。

 ただ、円安にはメリットもある。まず、国内の雇用機会を増やす。事実、過去10年間のドル円レートと就業者数の推移をみると、就業者数がドル円レートに遅れて明確に正の相関関係にあることがわかる。そこで、過去10年間のドル円レートと就業者数の関係をみると、ドル円レートが10円円安になると、5か月遅れて就業者数が+34万人程度増加することになる。更に、過去10年間のドル円レートと雇用者報酬の関係をみると、ドル円レートが10円円安になれば、3四半期遅れて雇用者報酬が年額で+2.6兆円増加することになる。これは、アベノミクスで40円以上円安が進んだことにより、130万人以上の就業者数の増加などを通じて、雇用者報酬が年間+10兆円以上増えることを示唆する。

 このように、円安になると仕事が増える背景には、円安に伴い国内で生み出されたモノが相対的に割安になることがある。このため、輸出関連産業では製品の競争力が増すことで人手が必要になる。また、輸入代替産業においても競合する輸入品の価格が上がるため、国産品の需要が高まり雇用が必要となる。更には、国内のサービスも価格面から競争力を増すため、外国人観光客の増加などにより、サービス産業への需要も高まるため、雇用が生み出される可能性が指摘できる。

 一方、雇用の質の面についても、アベノミクス期間中に増加した100万人以上の雇用者数の多くが非正規と批判された。しかし、昨年秋以降は正規雇用も増加に転じており、年明け以降は非正規を上回る増加を示している。従って、アベノミクスに伴う雇用の増加を非正規と決めつけるのはもはや誤りであり、むしろ年明け以降は正規雇用の増加がけん引しているといえる。

 結果として、10円の円安は家計負担を2兆円増やす一方で、2.6兆円の雇用者所得の増加を通じて、実質的には0.6兆円程度の所得増加をもたらす関係がある。これは、アベノミクスで40円以上円安が進んだことにより、実質雇用者報酬が年間2兆円以上増えることを示唆する。(第26話に続きます)

永濱 利廣 氏
永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所 経済調査部
主席エコノミスト 永濱利廣

エコノミスト永濱氏の書籍をご案内させていただきます。書店やネット(下の写真をクリックしてください)でお買い求めいただけます。

永濱利廣著
永濱利廣著

図解 ピケティの「21世紀の資本」
トマ・ピケティの『21世紀の資本』が世界的に注目を集めました。
しかし、原著(日本語版)は700ページを超え、完全に読みこなすのは難しいものとなっています。
本書では、難解な点を図にまとめたほか、ポイントを絞って原著に忠実に全体を解説しています。
あわせて、ピケティの著書や発言を参考にして、日本における格差問題やアベノミクスの評価について独自の解説を加えています。
800円+税 ()イーストプレス http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=2378

原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第1話)

第1話:あなたの地域に、ヒーローはいますか?

良い人と言われている方には、問題から目を背け、何も変えようとしない現状維持タイプが多いと感じています。

一方、ヒーローは、未来を描き勇気をもって行動しながら達成していく人。周りに勇気と希望を与えてくれる人です。日本の地域には、ヒーローが必要なのです。

 

日本の組織や地域では、何かの話し合いになると異論や議論を避け、現状維持または他事例の模倣という決定の仕方をするケースが多いのではないでしょうか?

異論を言う人や個性のある人を「難しい人」や「変わり者」などとレッテルを貼ります。

つまり、ヒーローが育たない地域風土があるのです。

 

衰退し続けている地域を創生していくには、現状維持の考え方や手法ではなく、異分野や異なる価値観の人々が多様な地域社会の問いに対して、自由にアイデアを出し対話する共有の場が必要です。そして、魅力的かつ広がりの可能性が高い構想を創り上げていくことを導いていくイノベーション・ファシリテーターの存在が必要です。

アイデアの質やユニークさも大事ですが、自分のアイデアや考えを分かり易く伝え、他人のアイデアや考えを引き出し、それらを組み合わせることで、新しいアイデアや関係性を創り出していくことを習慣化していくことが最も重要なのです。

構想ができたら、勇気をもって小さな一歩をスタートさせる。

スタートしたら、あとは、行動を振り返りながら成功を創り出していけば良いのです。

 

福岡市天神で、毎月第3土曜日(予定)に開催している「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」では、勇気あるヒーローの想いについて、参加者の皆さんでアイデアを共有しながら一緒に構想づくりに取り組んでいます。

毎回、新しいテーマですので、随時参加がOKです。「より良い社会の実現」を目指して、一緒に楽しみながら構想づくりに取り組んでみませんか?

※わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。(第2話に続きます)

http://www.biznavi.co.jp/news/155.html/

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント

原 秀治(イノベーション・ファシリテーター)

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロモーター)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・地域イノベーション

・戦略的問題解決

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「人づくり」ワークショップ研修

・「誰でも分かるアイデア発想術」研修

・「戦略的問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「明日から使えるディベート」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////