The Kyushu ADVANTAGEが目指すコーポレートメッセージ(その2)

 世界はグローバル化に向けてまっしぐらという時代になってきました。大手企業だけでなく国内の中小企業も、海外市場やインバウンド市場を大いに注目しています。

 これまで、日本は海外に向けてどれくらいアピールしてきたのでしょうか。歴史をさかのぼってみますと、マッカーサー元帥が連れてきた米国の記者団から始まります。それは今有楽町にある外国人記者クラブ、正確には日本外国特派員協会になっています。弊社も海外メディアにPRしたいとき記者にここで投げ込みをしていますが、現在では100部投げ込む必要がなくなってしまいました。80から90年代は海外の記者は300人以上いたらしいですが、そのほとんどは香港やシンガポールに移りました。今では日本からは特別な記事しか出ません。

 そもそも80-90年代は海外向け広告のブーム期でした。Japan As No.1と言われた80年代のバブル期に資金調達も海外ファイナンス絶世の時代に入り、また当時メディアでの公示義務もあったことから、「今度○○企業の株を売り出す」というアナウンス広告、いわゆるツームストーン広告出稿が盛んでした。これは墓石広告と言われるように株や債券の売り出し、発行の時期や規模を何行かで記すだけの広告でした。

 この当時は海外マーケット拡大や円高から大手企業の海外工場移設にともない下請けメーカーや、また進出する企業をサポートする金融機関がこぞって海外に支社・支店を構え、まるで護送船団型グローリズムのようでした。

 当時日本製製品が欧米で高く評価される一方、日本企業への風当たりも強くなります。そこで各企業は「私たちはフレンドリーな企業である」ということをアピールするためにストーリーを中心とした広告を出します。これが海外向けアドバトリアル(記事体広告)の始まりです。

 当然ですが、この時代が日本の海外向け広告の全盛期で、海外メディアの記者たちも毎日のように日本のことを取り上げていました。

 バブル崩壊後の失われた20年は、ご存じのように円高やアジアの競争の激化から、人件費削減や国内設備投資減少など貧困の輸入と言われる現象に見舞われました。

 しかし、アジアの富裕層の出現により、ここにきて再び日本ブランドが再評価されています。また、これからの中間層の拡大は今までと違った市場が生み出される可能性も秘めています。

 そのために日本の、九州のストーリーをブランドに変えていきたいとThe Kyushu ADVANTAGEは考えています。

The Kyushu ADVANTAGE プロデューサー
(株)ジパング・ジャパン代表 吉野 晋吾

The Kyushu ADVANTAGEが目指すコーポレートメッセージ(その1)

thekyushuadvantage.jpは、海外に向け九州をアピールするサイトとして5月にローンチしました。ここでは企業だけでなく、九州のいろんなストーリーを取り上げ、紹介・PRしていきます。

 今後は、コンテンツを増やしながら、意味のある情報を世界に伝えていきたいと思っています。

 そこで、通常各企業が持っている海外向けの英文サイトと違うところをご説明させていただきたいと思います。The Kyushu ADVANTAGEのライターであるGiles Murrayの言葉を借りますと、Journalistic Point of View と Authentic English を上げています。

 海外に伝える企業ストーリーを書く場合、まずよっぽどの大企業でない限り、知名度がないところから入って行かなければなりません。海外の人にとって、まず知らない所からどのように興味をもって読んでもらうかは、企業内部の者が、伝えるよりも第三者的な視点から伝えるほうが効果的です。それをJournalistic Point of View(ジャーナリスティックな観点)と言っています。日本企業のHPはほとんどのストーリーを企業内部者で作り上げていることから、いいことが書いてあっても途中で読者は飽きてしまうことが多いようです。

 また、彼はAuthentic Englishが重要だと言っています。要は翻訳でない英語であることが重要です。これは海外の人が、いろんな雑誌等のメディアで慣れた地元の権威のあるといいますか、彼らが読みなれた本物の英語のことです。通常日本からの情報発信はどうしても、翻訳型の英語になってしまい、正しい英語であったとしても読み手には、なにか違和感が残る時があるようです。そもそも日本のことを日本人が書いた文章が英語になるので、気づき方、書き方が違ってくるのかもしれません。単に何かの紹介であればいいのでしょうが、企業がUniversal Significance (普遍的な重要性)を世界に伝えようとする場合は違ってきます。

 企業の英語のHPは特に、日本語を丁寧に訳した文章であればあるほど、インパクトがなくなるみたいです。この際思い切って、外国語のHPはデザインから変えてもいいのではないかと思います。

 いずれにしましても、海外へのコーポレート・メッセージは議論によって説得されるものではなくてはなりません。日本人は情報に対していつも受け身的であり、すぐに信用しますが、海外の方はそう簡単にはいきません。海外の人が納得し、興味をそそるストーリーでなければならないのです。

The Kyushu ADVANTAGE プロデューサー
(株)ジパング・ジャパン代表 吉野 晋吾

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く(第12話)

第12話:地域の風土を感じさせるのが「地域ブランド」です

 ご当地商品、産直商品、産地ブランド・・・地域を売りものにしたモノやサービスが沢山あります。出張の都度、その土地の生活を少しでも覗こうと思いコンビニエンスストアに立ち寄ります。そして、がっかりしてしまいます。東京で日常触れている商品、いつも飲んでいる飲料、間食用のスナックと、どれも見慣れたものばかりが並んでいます。ある地に来ているとの想いが、一気に冷めてしまいます。オフィス近くのコンビニエンスストアを覗いた時と同じ自分に出会ってしまうからです。「地域モノ」とは「地域の文化」を色濃く出しているのではなく「地域」を中央の消費地で売るための記号でしかないのでしょうか。

 エリア・マーケティングという考え方があります。限定された地域の風土・文化に合わせ、そのエリア内の生活環境にマッチしたモノ・サービスの提供によって、地域を基軸とした経営の効率・効果を高めようとする行動です。そこには、地域の香りがあります。そこに住む人の顔が見えます。薄っぺらな言葉ではない、かの地に根ざした歴史と、えも言えぬ重みがあるもの。「地域」とは文化そのものではないでしょうか。エリア・マーケティングは、まさに生活文化を活かした経営を実践することと理解できます。

 昨今の「ご当地」「産地」モノには、どうやらそのような文化性が乏しいように感じます。上辺の記号としての「地名」とその地名から連想される一片のイメージを記号に置き換えて、商品やサービスの開発にあてているように感じてしまいます。売るための手段としてみれば、決して否定すべきものではないでしょうが、正しく「地域文化」を知らせ、共感者を募って欲しいもの。「地域を」売りものにするのではない「地域が」発信するマーケティングを実感できることを期待しています。(第13話に続きます)
kiyono 1005

株式会社マップス
代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp
株式会社マップスURL: http://www.mapscom.co.jp

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く(第11話)

第11話:表現の違いは顧客が判別する尺度になります

 月に一度のペースで床屋に行きます。床屋の主人は、私と同世代。手を動かしながら、いつとはなしに昔話をしていることが多くなります。幼い頃に見た映画の話であったり、互いの記憶を辿った街並みのことであったり、約1時間の会話があっと言う間に過ぎていきます。

 その間に、店をのぞく人が何人もいます。床屋の場合には作業の段取り手順があるので、どこかの手順を抜くでもしない限り、人によって圧倒的に早く終わるということはありません。どうしても順番が来るのを待つことになります。子どもの頃は、漫画雑誌を読む絶好の時間でもあったのですが、今はどうも落ち着かない時間になってしまいます。そのような折、床屋の主人は待ち時間を、表現の違いでさりげなく伝えています。

 現在整髪中の客が最終工程に入っている場合には、「少しお待ち頂けますか」と、「少し」を使った疑問形で投げかけます。中間工程くらいの場合には、「少々お待ち頂くことになります」と、「少々」をつけた説明文。さらに数人が待っている場合には、「かなりお待ち頂くことになります」と、「かなり」を使って謝罪的な物言いになります。その使い分けには、明解な時間は一言も言っていません。しかし、言葉を聞く客の方が、自分なりに段取りを予測して時間計算をしているのです。

 短時間作業を売りにする床屋も、街角には多く見かけるようになりました。時を売ることも一つのサービス・マーケティングの要因です。ただ個人的には、床屋の主人のような「言葉の時間」が尺度になった空間で、しばしの時を過ごしたいと思います。そんな折は、人間性を持ったマーケティングを感じる時でもあります。(第12話に続きます)
kiyono 1005

株式会社マップス
代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp
株式会社マップスURL: http://www.mapscom.co.jp

清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第10話)

第10話:顧客が驚くことを提供しよう

 日々繰り返される暮らしの時が積み重なって、自分の人生時間としてさまざまな事実が刻み込まれていきます。何事も無いという日は、実はないのですが、これといった驚きや未知との遭遇でもない限りは、やはり平凡に時は流れるのかと無意識の内に予定をこなすことが多いような気がします。そうした日常の繰り返しの中でも、ちょっとした喜びには出逢えるもの。その人なりの感性の濃淡が、事にあたっての驚きの様子を変えているのかもしれません。それは、今まで何ごともなく通り過ぎていた景色や情景のちょっとした違いに対するものなのです。

 同じことが、同じように繰り返されるだけでは、人は特段の驚きすら感じなくなってしまうもの。慣れてしまうと、価値も逓減してしまいます。驚きを感じるというのは、実はちょっとした変化に対するものです。しかし、そのちょっとしたことが、なかなか思い浮かばず、実行にも移されないことがあります。

 仕事柄、新幹線を利用して移動することが多くあります。その都度無感動なアナウンスに出会います。関西からの帰路、ほぼ決まって小田原近辺で「只今、この新幹線は時間通りに小田原駅を通過致しました」と誇らしげに告げるもの。乗客にしてみれば、時間通りというのは当然のことであって、その保証の元に新幹線に乗車をしているのです。いまさらのことを聞かされても、感動はありません。それよりも、小田原を通過した途端に、名物の蒲鉾を売りにこられた方が、驚きの感動を覚えるのではないかと思います(今までに体験したことはありませんが)。

 マーケティングを実践する人には、顧客が驚きを覚える手段や仕組みは何かを、常に自問自答することが望まれているのです。(第11話に続きます)
kiyono 1005

株式会社マップス
代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp
株式会社マップスURL: http://www.mapscom.co.jp