清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第110話)

第110話:じっくり練り上げ育て上げる発想も必要だと思います。

 私は、普段から余りテレビに釘付けになる方ではなく、定時のニュースに耳を傾け、週に数本の番組に眼をやる程度です。番組を見るよりもCMを見る方が好きなのは、仕事柄かもしれません。送り手である企業や商品が、何とか視聴する人たちに近づこうと、あの手この手を使ってくるのを見ながら、その裏側に潜んだ送り手の想いを読み解こうとする癖があります。

 たまにテレビのバラエティ番組を見ていると、「お笑い」タレントといわれる人種に良く出会います。そしていつの間にか出会わなくなります。昨年はよく見かけたのに今年は・・・、といったタレントが多いように感じます。深い思考と長い鍛錬から繰り出される「おかしみ」をかもし出す芸ではなく、その時の時代の風に乗って揺れ動く芸だからでしょうか。短命も止む無しかもしれません。見る側も、瞬間的に笑えればよいとしているようで、さしておかしくもない動きや言葉に、回りにつられたような笑い声が聞こえてきます。

 いかに練りこんだ芸であっても、受け手の受信状況は多様です。新しい言葉や動きに出会うと、今までもてはやしていたことを、いとも簡単に捨て去って新しいものに拍手を送ります。スローライフがいわれながら、その気の変わりようは驚くほど早いのです。速射砲のごとき場面の転換を待っているように感じます。

 毎年登場してくる新商品も、そのような時代のうねりに巻き込まれていきます。研究開発に要した時間。マーケティング仮説設計に費やした知恵。そのようなことはお構いなしに、あっと言う間に店頭から姿を消してしまうものもあります。現在の小売店頭は、新しく登場した商品をじっくりと育てていこうなどという悠長な考えは皆無に近いようです。今日の売れ筋・明日の死に筋探しに躍起です。

 もう少し、ゆっくりとモノの良し悪しを見極めても良いのではないでしょうか。マーケティングは決して、奇をてらった面白さを提供するフレームではないのですから。(第111回に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください