清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第100話)

第100話:マーケターではなくマーケティング・スタッフの道を歩みます。

 企業人との会話の中で、自分自身の職務を表現する言葉の一つに「マーケター」という表現があります。最初に耳にしたときにはよく理解が出来ませんでした。そもそも何をする人なのかが分からなかったのです。今も良く分かっていません。マーケティングを実践する人なのでしょうか。

 マーケティングという言葉を聴くと、浮かんでくるのは企業の活動、特にモノを生み出し・販売する方法を効率的に組み立てる、さまざまな手段と理解される場合が多いと思います。そこで、顧客の声を聞く調査を実践する役割、モノづくりのための開発を進める役割、販売をより効率よく効果を高めるための販売促進や広告手段を考え実行する役割が必要になります。その手法を理解しそれぞれを実践する人が、マーケターなのでしょうか。してみると、ひとりで全てを実行することは不可能であり、多くのマーケターが登場してくることになります。

 マーケティングは「Market+ing」。直訳すれば「市場の現在進行形」です。現在の暮らしは、Market(市場)の複合体の中で営まれています。つまりマーケティングは、自分が生きている「今」という時と場の中で、さまざまに起きる現象や事象を自分で「解釈」し、「決定」し「対応」する思考と行動の体系です。企業の経済行為を効率よく運営する手段の体系に止まりません。企業も法人としての人格を持っています。ということは、企業自体は変化を解釈し、決定し対応する主体者であり、マーケターということになります。

 全体の一部を担当するためには、部分最適を求める眼と共に、全体最適を見る眼が必要になります。だからこそ、マーケティング力とは、自らが考え、決定し実行する力をつけることと理解できるのです。そのごく一部を担務する人たちをマーケターと言ってしまうと、幅が広すぎて理解が進みません。一言で全てを言ってしまおうとするあやふやさもあります。

 私の場合、自分の仕事は「マーケター」ではなく、マーケティング実践の多くの場面に参画し、企業活動の円滑化を支援する「マーケティング・スタッフ」と心得ています。(第101話に続きます)

法政2015年最終講義:2015.12.21

清野氏 法政大学 講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

books

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください