清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第96話)

第96話:マーケティングには、考慮すべき「間」があります。

 ビジネスは人と人との関係によって成り立ちます。ひとつのものをつくり上げるにしても、多くの人の関与によって出来上がる。材料が無ければ、いかに良いアイデアがあったとしても実行に移すことは出来ません。出来たものを販売する際には、その商品を扱う店や仕組みがなければ、この世に存在すること自体を誰も知らず消滅してしまいます。しかも、その関係の距離は自分にとって近い時もあれば、とんでもなく遠くに感じることがあります。心理面を考えれば、その距離はさまざま。

 距離としてみる「空間」の距離。生活の中での行動尺度にもなる「時間」の距離。そして何よりも、人と人との「人間」関係の距離。ビジネスは、この3つの「間」の取り方によって、バランスよく進むかどうかが決まっていくようです。

 新しい商品やサービスがどこで使われるのか。「間」違いない場所や使用方法がいきわたっているかを見ることが必要です。生活空間は多種多様。また、その商品がいつ使用されるのかの「時間」を想定したマーケティングはなされているでしょうか。さまざまなシチュエーションを明記した取り扱い説明を読んでも、使用者の側が意外な行動を取ることもあります。商品発売に関しては、いつ・どのタイミングで商品を並べるかといった「間」のとり方。「間」の良い販売は、商談自体がスムーズに流れるものです。そして何より面倒なのが3つ目の「間」の「人間」というしろもの。一人ひとりがまさに一人の「人間」。一筋縄にはいきません。皆が同じような価値観を持って暮らしているわけではありません。雑多です。その雑多から「間」延びすることなく、束の「間」に相手の心をつかむ。マーケティングへの期待も、その方法論の開発にあります。

 マーケティング・スタッフは、自分なりの価値観を鮮明にしておかなければ「間」抜けになってしまいます。自分の尺度。自分なりの「間尺」を持ったとき、新たな気づきが生まれてくるものです。(第97話に続きます)

法政2015年最終講義:2015.12.21

清野氏 法政大学 講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

books

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください