清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第92話)

第92話:ビジネス現場では「5現主義」の思考が重要です。

 日本が生み出した経営管理手法の一つにQC(Quality Control)があります。そこで問われることは「品質優先」であり、管理のサイクルとしての「PDCA(Plan-Do-Check-Action)」はよく知られたことです。業務をその結果だけで見るのではなく、仕事のやり方に着目し、その方法や仕組みを常に向上させようとする「プロセス管理」や、仕事のやり方の「標準」を決めて活用していこうとする思想が代表しています。

 その中に、管理の方法として、個人的なあるいは組織の経験や勘にのみ頼るのではなく、過去のデータや事実を基本にして判断をする「3現主義」は有名なキーワードとして取り上げられます。「現場・現物・現実」の3現です。さらにこの3現に音としてのふたつの「ゲン」「原理・原則」を加えて5現主義と言うこともあります。

 音としては確かに「ゲン」ですが、どうも私には馴染みません。マーケティングでは、「現在・現象」を加えた「5現主義」と捉えています。

 送り手と受け手の出会いの場である「市場」の変化を自らの経営思想に取り込み、変化に適応することは勿論、それだけに止まらず送り手自身が変化を生み出す行動を仕掛けていく。そこにマーケティングの根源的な意味があります。つまり、顧客と出会う「現場」の変化をいかに捉えるかが変化適応のスタートにもなるのです。

 しかも、過去を追いかけて分析するのではなく「現在」起きている「現象」をつぶさに見る姿勢が求められます。過去のしがらみにこだわっていたのでは、新しい発想が阻害されてしまいます。しかも、やり取りされるのは架空のものではなく、「現実」の暮らしやビジネスの中で活用される「現物」であることは言うまでもありません。

 リアルな社会にある事実を読み解き、新たな社会の変化を予見するマーケティング・スタッフにとって必要なことは、「現在」起きている「現場」の「現象」を、取引の「現物」を通じて「現実」的に捉える「5現主義」思考の実践ではないでしょうか。(第93話に続きます)

法政2015年最終講義:2015.12.21

清野氏 法政大学 講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

books

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください