清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第80話)

第80話:タイムテーブルは、客の立場での時を示しているのでしょうか。

 仕事柄、年に数十回と飛行機を利用した出張があります。さまざまな空港ビルが変わったり、空弁が注目されたり、空港関連の話題を耳にすることも多くあります。かつて、飛行機に乗ることが、一種の憧れであった世代の自分にとってみれば、飛行機の利用自体が、ごく日常的に当たり前の交通機関になったことを実感します。

 生活行動での馴染み度は高まったのですが、何とも不思議なことがあります。それが、航空各社の提示しているフライト・スケジュール、運航のタイムテーブルです。午前中なのか午後なのか、はたまた夜の出張出発なのかで、当然自分の都合の良い便を選択します。そうした時、異なる会社のフライト予定が全く同じというものを見る時。同じ時間に異なる滑走路から飛び立つことはない。ということは、どちらかの予定が間違っていることになります。

 確かに、飛行機があのタイムテーブルと寸分違わず出発すること自体が殆どないのですから、それはそれで目くじらを立てる必要はないのかもしれません。利用者は、何となくその辺りの時間だろうと思っておけば良いことなのかもしれません。しかし案内では、出発より早めに空港に到着するよう提示しています。客にそれだけのことを強要するのであれば、送り手も、時間をある程度は厳格にする必要があるのではないかと、ふと思ってしまいます。

 毎日、1分1秒を争うような生活をしているわけではありませんが、ビジネスはある意味で時間競争をしています。このように思うのも、毎回の出張ごとに、機内アナウンスで時間の遅れの言い訳を聞くのに、そろそろ飽きてきた頃だからでしょうか。(第81話に続きます)

 

清野氏 法政大学 講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

 

books

 

 

 

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

 

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください