清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第76話)

第76話:マーケティングは顧客との「貸し借り」のバランスづくりです。

 消費者金融が発するメッセージに「ご利用は計画的に」があります。借りたものは返す、世の道理です。返せないなら借りるな。これも道理でしょう。しかし、今の世情はどうやらそうではないようで、「返せそうもないが、まあ何とかなるだろう」といったお気楽モードも一部見られます。30年ほど前でしょうか、“Play Now,Pay Later”のキャッチフレーズがクレジット会社から流れていたことがあります。これも、楽しみは先に、但しその借りは返すように言い聞かせていたものです。

 最近は「勝ち組/負け組」に代表される二者択一的な判断基準が横行しているように感じます。どちらを選ぶかと言われれば、多くは負の状況よりも正の状況を選択したくなるのも人情です。しかし、一方の極があればその対極が必ずあります。両者のバランスによって人生は創り出されています。一方の極にのみ身を置いていると、どうしても思考の回路や、何よりも暮らしの姿勢自身が偏ったものになってしまいます。「偏見、偏狭、偏食、偏屈・・・」ほめられた言葉は並びません。

 ビジネスの世界も、経済的な対価のやり取りに限らず、業務上の貸し借りが常に存在します。なぜ自分だけがこんな思いをしなければならないのか、と苦渋に満ちた顔で現在の仕事を語る人がいます。しかし、終生そのような状況が続くわけではありません。その仕事は多くの人に貸しを作っているはずです。いつか利息がついて返ってくることがあります。ただ、その返済に気づかぬままでいることがあり、自分は貸しばかり作っていると思い込んでしまうようです。

 借りを作るよりも貸しを作った方が、将来が楽しみだと私は思っています。借りると返さなくてはなりません。それよりも、今の仕事がいつか廻って戻ってくることを楽しみにしていたいもの。マーケティングは、顧客への一方的な貸付ではなく、顧客から「ありがとう」の言葉が返ってくる、貸し借りのバランス行動ですから。(第77話に続きます)

 

清野氏 法政大学 講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

 

books

 

 

 

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

 

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください