清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第67話)

第67話:「Skill-Sense-Style」のバランスを身に付けていますか。

 社会人対象の大学院が注目されています。夜間に就業後、自らのキャリア・アップを図るべく、新しい知見を求めて学習の場へと参加する。今までに知らなかったこと、知っていたが忘れてしまったこと。かつては拒絶反応を示していた分野も、時を超えて改めて接すると、従来にはない鮮度感覚で吸収できることもあると思います。まさに、学生時代には何事かを「習う」姿勢でしかなかった者が、自らの発見に繋がる「学ぶ」ことの楽しさを、社会人になって実感する時ではないでしょうか。

 何よりも、新たな分野での自らの発見があるのは、自分自身の考え方やものの見方を広いものにします。楽しさも広がるもの。「習う」のは、比較的あることに対する方法論の修得に止まってしまい、Skill(技法・技能)を身に付けることに終始してしまうもの。Skillは一度やり方を理解すれば、後は繰り返しての訓練によって深まる可能性がありますが、ビジネスはそれだけに止まりません。

 必要なことは、モノを見る眼・考える視点の広がりです。専門性はベースにはなりますが、狭い領域に閉じこもったのでは発見が乏しくなってしまいます。Skillを超えたSense(感覚・認識)の深まりが求められます。さまざまなモノや人との出逢いがSense向上の糸口です。視野を広めるとは昔から言われたことです。

 更には、SkillやSenseを基軸として、自分なりのビジネスStyle(様式・型)をつくりだすことが出来るかどうかが必要です。何となく雰囲気を感じさせるビジネス個性とも言えるでしょう。その人らしさを感じさせるものが、身に付くかどうかです。

 従来のビジネス分野での学習・研修の場は、どちらかと言えばSkill獲得を目的としたものが主流を占めていました。しかし今、マーケティング・スタッフに求められているのは、画一的・定式的な方法論を知っていることではなく、知識を超えた見識です。Skill-Sense-Styleの3Sバランスが必須なのです。(第68話に続きます)

清野氏 研究会講義中

清野氏 研究会講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

 

books

 

 

 

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください