清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く(第14話)

第14話:「理論」は自分の説明力(論理)を見直す鏡です。

 マーケティングが日本のビジネス界に紹介されてほぼ60年。その間にさまざまな「理論」が語られ、マーケティング・ビジネスの道標となってきました。消費者の購買行動を説明するモデル、企業の多角化を導くモデル、事業構造の単位を見直す方法論、製品開発の一般プロセス・・・・枚挙にいとまのない理論が紹介され、かつビジネス現場で検証・活用されてきています。

 「理論」とは、『どの分野においても説明のできる“理屈”』と解釈できます。それだけに普遍性を持ち、意味がわかったつもりになるケースが多いものです。しかし、いかに多くの理論を知っても、多様なビジネスの現場にそのまま当てはまる訳ではないでしょう。個別的な意味転換・解釈が必要です。基本的な考え方は同質であったとしても、実行過程は企業の性格や対象商品・サービスによって多種多様だからです。

 理論を読み解いて、自らのものに置きかえる思考過程が必要です。「理論」の文字を逆転させる発想。「論理」の必要性です。「論理」とは、『自らの考えを説明する道筋』のこと。ある現象を自分なりにどのように解釈したのか。その理由付けを、他者が聞いてわかるように説明する力のことです。

 同じ現象にも、人によってさまざまな解釈があるでしょう。その一つひとつが理にかなっているのかどうかを見極めること。その際の判断尺度が「理論」なのです。「理論」は覚えるためにあるのではありません。個々の「論理」を補強し、確認するためにあるのです。

 マーケティング・スタッフに求められる資質は、「理論」を多く習うことで高まるのではなく、自らの思考回路を筋道たてて説明できる「論理」を学ぶ姿勢を持つことにより深まるのです。理論的知識を持つことよりも、論理力を持ったスタッフ能力が求められています。(第15話に続きます)

清野先生のマーケティングの著書です。
清野先生のマーケティングの著書です。

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司
Eメール: maps@mapscom.co.jp
URL: http://www.mapscom.co.jp

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください