清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第147話)

第147話:目の前に広がるのは、今を写す「無言」社会でした。

 時に仕事の関係や家族と共にファミリーレストランに立ち寄ることがあります。仕事関係のメンバーとは、夜の7時過ぎの場合が多い。店内では、案外仕事帰りの人に出逢います。つい最近の体験では、その日の仕事を終えたビジネスパーソン4人が席を占有していました。ただ、静かな席です。会話が聞こえてきません。ドリンクバーの注文をしたのでしょうか、飲み物の入ったグラスの氷がとけている様子が目に入ります。特に目線をそちらの席にやっているわけではないのですが、何となく気になります。

 語り合うこともなく、静寂な4人席です。ただ、一人ひとりの眼だけがらんらんとしています。真剣な眼差しです。その行く先には両手でしっかりと握った小さなスマホのゲーム画面が見えます。

 人との会話よりも、画面との会話の方が大切なようです。時折、言葉にならない奇声が発せられます。どうやら、ゲームの中で予想外のことが起きたか、もしそれが勝負を競うモノであれば、自分が負けたのかと思えます。いずれにせよ、幼い子供の発する声にも似ています。昭和30年代に路地裏で遊んでいた10歳前後の自分の姿がだぶってきます。ただ違うのは、今私の眼の前にいるのは、どう見ても年齢は大人です。そして心は子どものままです。

 仕事帰りに、その日の成果を語り合い、愚痴を言い合い、励まし合い・・・、明日は今日よりきっと良くなると、ほろ酔いの足で家路についていた多くの若きサラリーマン。その光景がいつの間にか薄れてきてしまった社会。サラリーマンをビジネスパーソンと言い換えたところで、同種の人種と心得ていたのが、どうやら異なるようです。

 他者との深い縁を求めようとしない「無縁社会」が言われる今、私の眼前に広がるのは「無言社会」の光景です。そこに「ヒト」が居ないのが、何とも空しいと思う空間です。(第148話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください