清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第180話)

第180話:「明日」は「今日」より明るい日と思って生きること。

 1970年代に流行した歌に“明日という字は明るい日と書くのね・・・♪”という歌詞のものがありました。また、カバー曲も再ヒットした“明日(あした)があるさ明日(あす)がある・・・♪”という歌も。自分自身が10代、20代の頃に口ずさんだ歌です。そして、その歌詞そのままに、明日という日に何がしかの新しさを追い求めていたように思います。

 今日は昨日からの連続であって、明日は今日の延伸。日々の暮らしに、それ程大きな節目が毎日のように起きるわけではありません。しかし、連続する時の流れの中でも、自分自身が節目をつくろうと意識することはできるでしょう。大きく変えるのではなく、小さな変革への個人的な意志の表明と確認を繰り返すことです。それ程難しいことではなく「今やっていることは、それ程楽しいことではないが、この作業が終われば、次は未来を語り合うセッションが待っている・・・」「自分のこの作業が、明日準備されている多くの人の雑役を軽減することになる・・・」仕事は連続性を持って進められます。その中で、自分自身が何をやっているのか、ということよりも、「何故やっているのか」を常に問えば良いのです。

 しかし、どうも最近の社会的風潮に「明日」が見えてこない。明日のことを思い描くよりも、今日・今のことを受け入れて楽しく過ごせばいい、といった価値観が見え隠れしているように思えます。あるいは、明日何かを描こうとしても、その何かすら持ち合わせていないのでしょうか。朝早くから、昨夜の遊び疲れをそのままに徘徊する若者。学ぶことも働くことも放棄した輩。君たちにも、明日はやってきます。やってきてしまう、という方が良いかもしれません。

 今日からの連続をどうする。そんなことを言われなくても・・・といわれるかもしれない。しかし私はやはり、明日は明るい日であることを想って、今日を過ごして生きたいと思います。(第181話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください