清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第177話)

第177話:気も心も「明るく」なる詩(うた)に触れる日々を思う今。

 オリンピックイヤーの今年。海外への逃避行や新型ウイルスの話と、余り楽しくなる話題のないままに時が刻まれているように思えます。

 春一番も吹いて、漂う空気に間もなく「春」の気配を感じるようになります。季節の移り変わりに、時の流れを感じるもの。

 時の流れと言えば、歌があります。「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉もあるように、その時々の世相をも反映して流行りすたりを繰り返す。まさに「流行歌」。

 幼かった頃の自分を思い起すには、昔の写真を見ることもあれば、昔の友との会話もあります。それぞれに懐かしさがこみあげて来るもの。そしてまた、往時の歌を口ずさむのも良いもの。時を超えて、自分自身が10代の若者に返ったような気になることがあります。その時に思ったこと、考えたこと、感じたこと。楽しいことだけではない。嫌なことも思い起こし、その折の自分の気分が浮かんできます。

 テレビ視聴者の高齢化があるからか、昔の流行歌がテレビを通じて流れる機会が以前よりも多くなったような気がします。思い出の歌謡曲といった類の番組です。昭和の時代に歌われたものが多く、更には自分の両親が口ずさんでいた歌もあります。

 今の時代に流れる歌と、往時の歌との違いは、幾つかあるように思います。何よりも、歌詞が違う。日常的な自分の心を語るところは同じですが、昔の歌の方が、素直に自分自身の想いを告げようとしているように聞こえてきます。そして内容に違いを感じさせるのは、「つらい」という言葉と「明るく」という言葉をよく耳にするところです。

 「つらい今日(今)を見つめながらも、明るく(明日を)生き抜こう」といった内容のもの。なかには“明るく~、明るく~、生きるのよ♪”といった歌詞もありました。今日の繰り返しに未来を見ていた昭和。今日の繰り返しは今日と同じに過ぎない、と思う現在。流行歌の歌詞に、時の流れを感じることがあります。(第178話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください