清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第174話)

第174話:伝えることは自らの意志の発信です。わかりやすく。

 自分自身が言葉を使って、さまざまな「論理」を組み立てる仕事をしているからでしょうか。口をついて表現される一言一句にこだわりを持って発信しています。時にその「こだわり」が、表現上「かたくな」な印象を与えてしまうこともあると思っています。自分の肉体の一部から発せられた表現は、内容を含めて発信者自身の責任に帰するものという覚悟をもって、話したり書いたりしているのが日常です。

 そのような認識でいるからだろうと思います。時にTVで見、新聞で読み、SNSを介して垣間見る政治家(先生)諸氏の発する言葉の軽さには、目を覆い、耳を塞ぎたくなってしまうことがあります。人の質問に対して、質問内容から外れた答えをしながらも、延々と自説を語る方。そこに本来的な問題を解決しようとする姿勢が見えてきません。誰に対して発信しているのかも不鮮明な印象があります。聞いて貰うべき人が存在しない独り言に聞こえてしまいます。

 また、慣用句のように聞こえてくるのが、「丁寧な・・・説明/対応をしたい」という「丁寧」ということ。「しっかりと対応する」という「しっかり」の裏付け。「説明責任がある」「任命責任がある」という「責任」の取り方。

 口をついて出る言葉は、本来、自分の想いが表出されたもののはず。だからこそ、言葉を言霊(ことだま)と言いました。言ったことに対する責任をとろうとせずにいる姿勢では、人はいつかその発信者を「オオカミ少年」のように信じなくなってしまうでしょう。言葉は責任の所在を明示していることにも繋がるのです。

 マーケティングの分野でも、時に言葉をもてあそぶような場面に遭遇することがあります。ちょっとした違いにしか過ぎないものを、さも大きな差があるようにメッセージを流す広告も見られます。本来、自らの顧客に向かって発信すべきは、木の葉のような川に浮かび流れる軽さではなく、自らの想いを表明した「言葉」であり、提供者自身の心の端にある「想い」であるはずです。政治の世界に身を置かれる先生方の言葉には、どれほどの重みがあるでしょうか。(第175話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください