清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第172話)

第172話:マーケティング思考の基本は「対」を考えること。

 マーケティングを企業行動に取り込もうと考えている経営者もスタッフも、改めて振り返ってみて欲しいことがあります。共に企業で日々汗をかいていても、いざ仕事を離れれば、皆、消費者であり家庭人です。企業行動のガイドとしてのみマーケティングを捉えてしまうと、人間不在になってしまいます。

 「送り手」である企業の思考は見えてくるのに、「受け手」である顧客の思考が欠落してしまう恐れがあります。マーケティングは、「送り手」と「受け手」の良好な関係を生み出すことを主題にして、ビジネスを考える思考のガイドなのです。であるならば、「送り手」思考を持っただけでは、一方通行になってしまうことになります。自分自身が「受け手」の思考をもって、はじめて両者の関係の中に自分を置くことが出来るのです。つまり、何事においても相手があって初めて「交換」が成り立つと考えれば、マーケティングの基本思考は常に「対」で考えることが必要であることを教えているのです。

 ある現象を知るためには、全体を見るために細かく分けて考える「分析」する力が問われます。Analysisの力です。でも、細かく分けて詳細が分かっても全体が見えなければ新たな姿は見えてきません。「総合・統合」Synthesisが必要です。

 「売る」ことができるのは「買う」人がいるから。「つくる」人は「つかう」人のためにつくっていることになります。

 では「ありがとう」の対は何でしょうか。ありがたいを漢字で書くと、「有ること難し」です。あることがほとんどないから「有難し」です。これを反対から見てみると、あることが「あたりまえ」ということになりますから「当然」が対ということになります。お店とお客様との関係でいえば、「ありがとう」を発信するのは「めったに出会うことのない商品を買うことができた、ありがたい」で「ありがとう」とお客様が言う。それに対して「私どもでは、いつもお客様が新しい出会いを感じて頂けるように心がけております」。口には出さねど「当然のことをしたまでのこと」という対の関係が出来てきます。

 お客様からどれほどの「ありがとう」を頂けるかが、マーケティングの基本行動になると考えられるのです。

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください