清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第143話)

第143話:状況を説明するには、実感を伴った「感字」の力も活用できる。

 ここ数年の夏は例年暑さが厳しい。そのような様子を表現するには、どのような言葉が似合うのでしょうか。既定の熟語では当てはまらない気がします。その時の想いを言い当てるならば、その時に浮かんでくる文字で表現するしかありません。幾つかを思いつくままに・・・。

 「酷暑連々」「湿潤飽和」「発汗辟易」「麦酒礼賛」「身体倦怠」「動作緩慢」「冷菓想起」「冷茶暴飲」「胃腸痛感」「早朝颯爽」「夕刻脱力」・・・さしたる重みも無い文字の羅列ですが、何となくそうか、と感じることはないでしょうか。

 更に暦の上では秋を告げる9月に入ってからも変わらぬ陽気で、夏の尻尾をひきずったままであれば、「残暑延々」「涼風恋慕」「秋日炎天」「疲労延伸」「回復遅延」「四季喪失」・・・等々が浮かびます。

 例年、その年の漢字一文字が年末に京都の清水寺で披瀝されます。漢字一文字から、そのときの様相が浮かび上がってくるといった経験をした人もいるでしょう。子どもの頃に何度も間違えて書いてしまい、今もなお間違ったままで覚えている漢字もあると思います。まさに個人的な想いがそのまま文字になった感字です。

 漢字はカタチ・意味・音とさまざまな要素を源として今に生きています。そこには、単なる音としての記号を超えた意味を持ち、コミュニケーションに力を与えています。ひらがなで記述すると平易な印象を与えはしますが、かといってその言葉の裏側にある書いた人の心までは言い表わしていないもの。文字そのものの誤記はほめられませんが、正確な文字で自分の心を表現してみると、語呂合わせではない本当の意味がわかってきます。

 マーケティングも「市場論」と置き換わった途端に、何やら古典的学問に出会ったような気分になってしまいます。(第144話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください