清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第169話)

第169話:「景気」の変動は身近なところで感じるもの。

 消費税率の2%アップもあり、これからの景気はどのような変化をみせるのでしょうか。

 報道のメッセージで「景気回復」の言葉を聞いても、ここ数年は余り実感がありません。自分の身の回りの様相を見ても、これといった大きなうねりを感じさせないからです。小さな変化は日常的に起きるものの、人が皆活き活きとした眼で動いている様子を感じさせません。携帯でメールを読んでいるからだけではなく、何となく下向きの人に出会うことの方が多い気がします。繁華街での客待ちのタクシーの数は、日に日に増加しているように見えます。

 そもそも「景気」とは何でしょうか。三省堂「大辞林 第二版」によれば、「(1)社会全体にわたる経済活動の活発さの程度。(2)「好景気」に同じ。「あの店は最近すごい―だ」(3)威勢のいいこと。元気なこと。(4)けはい。ようす。ながめ。」といった整理がある。経済学的な定義もあろう。しかし、今ひとつ忘れてはならないポイントがあります。それが「景色」と「気分」の合成です。

 自らの行動が、今の環境に照らして似つかわしいことなのかどうか。まさに「景色」にあった行動を取っているのかどうか。普段行ったこともないような高級レストランに友人共々で行くと、勝手を知らないが故になぜか落ち着かないといった経験は無いでしょうか。自分にとって、周りの景色がうまく調和していない証拠です。何かを購入しようとして、その気になり店に出向くまでは良いのですが、実際に購入する段になって急に「気分」が盛り上がらず止めてしまったことは無いでしょうか。購買行動を後押しし、かつ引き上げる力が欠落している状況で、まさに「気分」が高まらないのです。

 マクロ経済の視点からすれば、一時期の停滞感は脱出したようにも感じます。しかし、日常のマーケティング活動は、マクロの視点で行われているのではなく、ミクロの見方です。新しい生活環境を具体的に提示できる「景色」と、購入しようとする「気分」を高める情報の提供。まさに、マーケティングは「景色」と「気分」を高める提案を継続する思考と行動の体系と考えるべきだと思います。(第170話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください