清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第166話)

第166話:良い「モノ」には、相応しい「モノ語り」があります。

 自分自身の生活空間を見回してみると、実に様々なモノに囲まれていると感じます。狭い自宅の一室には、TVやPCが置いてある。仕事をする際に着用するスーツやネクタイも同じ部屋です。もう何年も使ったことのないモノまでが同居しています。他人から見ればガラクタに過ぎないモノも、自分にとっては捨てがたく身の回りに取り置く結果になっています。どうしても空間自体が狭まってしまい、そのことを承知で、たくさんのモノに囲まれて時が流れます。

 思えば長く消費者として生きてきた自分。そして、多様なモノを購入してきました。その時々で無用とは当然思わずに購入したモノです。しかし、時は流れます。自らの生活スタイルも変わるもの。時々に輝きを見せていたモノたちが、いつの間にかその輝きを失い、今の自分にとっては無用のモノになってしまっています。生活循環の宿命でしょうか。存在しているモノが、過去から今までの「物語り」を思い出として語っていくようになります。

 仕事柄もあるとは思いますが、いつも街や店を見ていると「こんなモノがあればよいのに」「便利になるモノを見つけた」と悦にいることがあります。しかし、それらをどのような場面でいつ使うのかとなると、判然としないコトがあります。モノは手に入れてしまえば自らの保有物になりますが、使い始めて価値を生み出します。そこでのモノの持つ意味や役割がはっきりしなければ、「事始め」にはなりません。使ってみてはじめてそのモノの良さを再認識するコトがあります。もちろんその逆に、即刻無用の長物と化してしまうモノもある。

 企業の製品開発において、「モノ発想」ではなく「コト発想」の重要性が言われます。もの言わぬモノに「物語り」を語らせるためにも、そのモノの存在する時間と空間を想定し、合わせて登場する人間を考えておかなければ、コトは始まらないのです。(第167話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください