清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第164話)

第164話:ビジネスパーソンは、今いる「場」を知ることが大切です。

 ビジネスの世界に身を置いていると、実にさまざまな人に出会います。発想豊かな人。発想は旧来型で面白みは何も無いのですが、いざ行動するとなると素早さを見せる人。アイデアも行動力もさしたることは無いけれども、決められたことを地道に実行するとなると、ルールにのっとって大過なくやり過ごすことの出来る人。多士済々です。

 ビジネスの世界では、その誰かが欠けても、ある一つの道筋がつくりにくいといったことがあります。また逆に、あの人は別にいなくても、他の誰も困ることはない、といった存在の人もいるもの。なぜ、あの人がこのメンバー(部門)に存在しているのだろう、と疑問に感じるような人もいます。

 これが、それぞれ個人の生活となるとさらに様々です。ビジネスの空間では活かされるキャラクターも、日常生活になると全く正反対の性格を見せる人がいます。ビジネスでは行動力溢れる人も、一歩離れると全くといって良いほど動きの鈍い人。その逆にもであいます。ビジネスの中にあっては動きが鈍い人が、いざ自分の家庭や家族のことになると、疾風怒濤の行動力を発揮する。

 そのような人が、お互いの生活観や人生観の話をし始めると、全く話の筋が通じなくなってしまいます。何故わからないのだろう?と疑問に思いつつ、これ以上議論しても止む無しと、何となく合意すること無いままに自分の思いのたけを一方的に話をして終わってしまうことが多いようです。

 どうやら、自分の立っている「場」がお互いに違うようです。立っている場とは、自分が見ている世界でもあります。職場にあっては、共通のビジネス目標を提示され、それに向かって自らの能力や個性を発揮していく「ビジネス場」があります。しかし、個人生活では自分の立場は自分で目標を設定した「生活場」になります。目標が違うのですから、当然振舞いも異なります。

 「場」をわきまえるのは、まさに今自分の立っている「場」を知ることです。「場違い」な振る舞いは、その場の空気すら悪くしてしまうものです。(第165話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください