清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第160話)

第160話:お客さまとの「自律契約」をしていますか。

 私は今「契約」をして現在のビジネスを展開しています。誰と何を契約しているのかといえば、「自分自身」と「マーケティング・スタッフ・ビジネス展開」の契約です。それ程、縛りのきつい契約ではありません。少なくとも今後数年間、「元気に」次代を描くマーケターに「正道的にマーケティング思考・実践を伝承する」ことが基本契約です。

 先ずは「日々の元気」が契約の第1条。そして正しくマーケティングを学ばなければなりません。第2条が「正道的なマーケティング伝承」にあるからです。表層的なことを言葉巧みに語るのではなく、本質的なことを、自らをメディアとして伝えることを心しなければならないと考えています。現在の契約は1年。その後、いつまで出来るかはわかりませんが、毎年契約更改に臨もうと考えています。そのためにも、自らが学ぶことを忘れてはならないと心しています。

 学ぶとは「知らないことをわかるようにする」「自分なりの解釈をする」「学問を体系的に理解する」と、さまざまなレベルがあります。どの段階にあっても、さまざまなアプローチがあるものです。学校で一般的な学問体系を「習う」。先人の残した知の集積を書物を読むことによって「辿る」。他者の考え方や理解の内容を会話を通じて「聴く」。これらのことは日常生活で繰り返していることです。

 企業のマーケティングも実は契約関係によって成り立っているように思います。それは「顧客」との契約です。「顧客を裏切ることなく、正しい商品やサービス、情報などのモノや知を提供し続ける」契約。それを、何年契約とするのか。その後の契約更改の条件を、顧客が間違いなく提示してくれるかどうかが問題です。再契約不要との答えが返ってきたのでは、市場からの撤退を余儀なくされるからです。

 契約を継続するためには、先ずは自らを律していく必要があります。契約を正しく履行しようとする想いが無ければ、契約の更改は無いと思った方が良いでしょう。してみると、契約の履行・不履行の判定は、契約を取り交わした相手に対する自らの「自律」の度合いで決まるのかもしれません。(第161話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください