清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第157話)

第157話:時代の節目ごとに「団塊世代」論はついてまわります。

 この2月8日に惜しまれて堺屋太一氏が逝去されました。社会的に根付いた言葉やメッセージを数多く残されましたが、中でも、わが国の行く先を逸早く捉えた「団塊世代」は、その後の人口構造を語る際の慣用句にもなりました。

 今世紀初めには「2007年問題」が言われ、団塊世代の定年退職が注目され、今また「2025年問題」で、団塊世代が75歳を迎える超高齢社会のあり方が問われています。

 一方で新たな消費力として団塊世代への注目度が高まっています。かつて団塊世代が取り上げられると言えば、年齢とともに職を失した人に眼が行き、年金問題と相まって、わが国での第二の人生設計は容易ではないといったイメージが蔓延していました。ちょっと暗い団塊世代論です。しかし最近では、そのような情報発信ではなく、「おやじバンド」の活躍や「団塊起業」の動きなどの前向きな話も多くなり、消費の一大パワーとしての注目度も高くなってきているようです。

 確かに日本の消費を、その数の多さで支えながら、一方で経済成長の基盤となる労働力として、ある時は企業戦士と呼ばれながら仕事中心の生活をしてきた人たちが多くいます。幼い時から、多くの同輩の中で仲間をつくり、競争を余儀なくされた世代です。その世代が還暦を過ぎ、古稀を超えてきています。そうなれば、今までとはどこか違う生活スタイルを描くことになります。

 しかし、今までに語られる団塊世代論の多くに登場するのが、男性です。女性もほぼ同数いることが何となく忘れ去られているようにも感じてしまいます。今まで、夫は朝の定刻になれば職場へと向かい、帰宅は不定時といった生活リズムが大きく変わることになるのです。家庭生活時間の変化です。その変化への対応はどのようになるのでしょうか。経済的にも、多くのサラリーマン世帯にあって、比較的安定的なキャッシュフローが描かれたものが変化しそうです。

 変化は新しいビジネスを生むきっかけでもあります。数の多さだけで語るのではなく、それだけ多彩な変化要素が考えられる団塊世代の様相。生産活動や消費活動にどのようなインパクトを与えるのか。多彩な変化に対して、多才な知恵を発揮した機会開発こそが「団塊世代論」でしょうか。私自身団塊世代の一人として、改めて考えを巡らせたいと思います。(第158話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください