清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第154話)

第154話:夜の繁華街を朝歩くと異邦人に出逢います。

 日々の通勤路の途中に渋谷があります。改札を抜けて、ほんのわずかの距離を、昨夜はさぞ賑わったであろうと思われる小さな店々の横を抜けて歩いて行きます。その一隅から、けたたましい笑い声が聞こえてきます。朝から酒盛りとは、何事が起きたのかと目と耳を疑うことがあります。いつから飲み始め、飲み続けているのか。既に朝の7時を過ぎています。コーヒーを飲んできた匂いの残る鼻に、焼き鳥の香ばしい臭いが鼻を突きます。夜感じるにおいとは異なる感じです。既に、夜を越えて朝を向かえ、感覚器官の働きも異なっているようです。

 その先に歩を進めます。20名近い男性がたむろしています。パチンコ屋の前です。店が開くのは何時でしょうか。今から待つのは、さぞつらかろうと要らぬ心配をしてしまいます。彼らは、この時間に出勤なのか、既にマインド自体が満開モードです。そうすることが日常であって、非日常空間での遊技場の前に並ぶスタイルではありません。日常の中に組み込まれたスタイルと思われます。どこか人種の違いを実感してしまいます。

 一杯のコーヒーを飲みに、コーヒーショップに立ち寄ります。知らぬ人種にまた出会う時です。多分昨夜は、そのテンションであったと思われる若い女性数名の集団が、髪の乱れも気にせず、椅子にもたれかかっています。身体に芯がない座り方です。時折目が覚めるのか、突然のバカ声。大きい。聞くではなく、聞こえてきてしまいます。一緒にいる仲間との会話かと思えば、相手は寝ています。どうやら携帯電話での会話のようです。夜の雑踏の中では、大声を出さなければ相手に自分の声が届かないのでしょう。しかし今は違います。比較的時の流れは早いものの、空気は澄んで音の通り具合も良い朝です。耳をつんざく声とはこのことかと耳を塞ぎます。

 朝は人種の坩堝(るつぼ)。澄んだ空気、整然と進む時の中で、不釣合いと思われる集団、異邦人との出会いのときです。朝の異邦人の合間を縫って、また今日も私は、昼の人種とマーケティングを語る一日が始まります。(第155話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」


今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください