清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第151話)

第151話:「点と面と圏」。点の動きが変化を感じさせます.

 仕事柄、月に数回は東京を離れます。東海道新幹線か飛行機での移動が多い。新幹線の場合には町並みを見ながらの移動になるので、その折に改めて「都市部とそれ以外」の二項対立的な情景に接します。一極集中の弊害が言われながら、深い議論にまで至らぬままに時が過ぎていきます。

 そうこうしている内に、グレーの景観が途切れて緑色の景色に変わります。しばらくは緑が続きます。そしてまたグレー。そのことが繰り返されます。東京を中心としたグレーの面の広がりが、時代と共に大きくなっていることを実感するときでもあります。なかなかグレーの景観から離れることが出来ないと、眼が休まることがなくなってしまいます。更には、同質的な景観で面白みがありません。同じ景色を余儀なくされ、変化を楽しむどころではなくなるからです。東京を出てほぼ1時間ほどで、富士山が視界に入ってきます。異界を感じるときです。今までのグレー一色の景観から、緑も所々に見られるまだらの壁紙です。少し、ほっとした気分になるもの。

 面的な広がりを持つからこそ「圏」。首都圏とはまさに言い得て妙。その圏域が東に西に、そして北へと広がりを見せています。東京都の隣の千葉県に「東京ディズニーランド」があり、東京の中心部に入るのに数時間を要するのに、かつて「成田国際空港」は「新東京国際空港」といっていました。面の浸透は、いつか「圏」を無意識的に広域化するようです。そして、生活における壁紙状況をつくっていきます。あること自身が、無意識下に置かれてしまい、変化を身体で感じなくなってしまいます。幾つかの点的な存在が束になって面を形成しているにもかかわらず、その個々の点の存在を忘れてしまうものです。

 点の変化があってはじめて、景観や生活の変化を知るきっかけが得られるにもかかわらず、同質的な面の中に内包されてしまっては、変化への気付きの感度も鈍くなるのは止む無しかと思ってしまいます。

 点的な存在が個々に特徴を発信することに、暮らしの面白さも見えてくるものを、との想いを、点在する拠点を結ぶ線となる新幹線車中で思います。(第152話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

10冊目の新書が出ましたので是非お読みください。

清野裕司の「ビジネス心論」

今、マーケティング・スタッフには効率よく作業をこなすためのスキルを高めることよりも、幅広い視野で変化を敏感に捉える感度(センス)が問われています。起きている現象を見る目だけではなく、時にもう一つの目(心眼)を開いて、今迄と今を見直し、明日への道を切り拓いて行くように、自らの心に問う学びの志です。
学ぶこと考えることの楽しさを知った自らのビジネス体験を、次代へと歩み行く方々に伝承しておきたいと考えて「心論」と題しました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

Amazon からのご購入はこちら  をクリックしてください。

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください