清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第127話)

第127話:雪がとける先へ・・・「想い」は未来を描きます。

 世情余り明るい話しを聞くことなく時が刻まれていくように感じます。政治の世界にあっても、この国の進路についての深い議論が聞こえてこない印象があります。

 昨今の世情に耳を傾けていると、「賢実,斬新,好奇心,挑戦,夢・・・」日本企業がかつて成長の軌道にのって邁進していた時に持ち続けていた心が、いつからか忘れ去られてしまったように感じてしまいます。「ありがとう」「ごめんなさい」「失礼します」「おかげさまで」・・・日常に行き交うお互いを思い遣り、慮る言葉。どこかに置き去りにしてしまったのでしょうか。

 日本には、忘れてはならない「和」の心が底流に流れています。「和」は「なごみ」。決して「癒し」ではありません。ほっとするのは、自らが「和む」ことです。人に何かをされるのではなく、自分自身でかかわりを持ちながら、一つひとつを丹念に仕上げていく達成への想いが基本にあるものです。

 日本型ビジネスのスタイルは本来、そのような和の心を内包したモデルではないかと思います。他者の良いところを積極的に取り入れ、加工し、新たに創り上げる力。決して人真似ではない。創造性に富んだ、一人ひとりの感性が結実したものです。未来に向けて描くデザインは、与えられるものではなく、自分自身で描くものです。

 降り積もった雪が固まってしまったようにも思える時は、自らのビジネス・スタイルを描く力が、一人ひとりに問われているのではないでしょうか。明るい絵を描きたいといつも考えています。寒々しい空気を打ち破る力は、未来像の実現に向けて想い続け、実行する力です。

 雪はとけると・・・「春」になる。その先への道が開けて見える季節になります。

 新しい年も引き続き、時代を描くマーケティング・スタイルを想い、施行を深め、実現の道を求めていきたいと考えて今す。(第128話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください