清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第126話)

第126話:「ご迷惑をお掛け致します」の相手は誰でしょうか。

 人それぞれに生活のリズムがあるものです。自分にとっての通常時間に家を出て、いつもの時間の電車に乗ります。朝の通勤時間が通学時間と一緒になり、交通機関もそれなりの混み具合です。土曜日はタイミングが良いと席を確保できることもあり、しばしの書斎空間で読書の時間と決め込んでいます。でも普段はなかなかそうはいきません。

 その混みあった車両の中で大きく空間をとり、新聞を開いている者がいます。ひたすら黙って携帯メールを操作している者もいます。はたまた、他人と肩を接しそうになる空間で、眼の周りの化粧を整えている者。声高に視聴率の高い番組への評論家的な会話も聞こえてきます。自分の高校時代の通学時に携帯はありませんが、同じようにその時々のTV番組の話をしていたのかと思い起すことがあります。

 程なくして、ターミナル駅に到着。出口のドアに人が溜まります。その混乱の中で自分のペースで歩いていくのは至難の業。何となく今日一日の予定などが頭に浮かんでくる時に、車内放送で「車内混雑、大変ご迷惑をお掛け致しました」のアナウンスが流れます。ほぼ毎日耳にしているフレーズですが、不思議に思うときでもあります。

 迷惑をかけたのは、誰でしょうか。迷惑をこうむった人は、どのような迷惑を受けたのでしょうか。その電車に乗っていた乗客全てに向けたメッセージなのでしょうか。とすれば、私はどのような迷惑を受けたか。しいて言えば、大声で担当教諭の悪口を言い合う無礼な話か、二人分の空間を占有して新聞を読む女性。長くもない足を投げ出して座る若いビジネスマン。降りる駅が近づくと、一言の声を発することもなく目一杯ヒジに力を入れて人を押しのけていく者。彼らは確かに迷惑でした。

 とすれば、先ほど聞いたアナウンスは、彼らに代わって車掌が発したお詫びの言葉だったのでしょうか。(第127話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です