清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第119話)

第119話:「平易」に語ることが説明。「低位」に流れるではありません。

 漢字を読めない子どもが増えているというニュースを聞きました。一つの例として、「挙手」という字も「きょしゅ」と読めない。読めないのだから、その意味もわからない。であるならばと、その読み方を徹底して伝えればよいものを、そうはせずに「手を上げる」と表現して皆に伝えようとしたとか。確かに、クラスの中での決め事を「挙手によって賛否を問う」というよりも「手の多く上がった方を採用する」といった方が平易な説明の感じはします。でもそれで良いのか、との疑問が浮かんできます。

 熟語で語った方が、無駄な説明を要さずに早く意図を伝達することが出来るケースも多くあります。更には、漢字の音訓を理解するのも促進される機会になる筈です。そのようなことをせず、ただ、意味することを結果中心で伝えようとすることを疑問に思いました。熟語自体を学習して、その言葉の成り立ちの原点もあわせて学ぼうとすることもしないままです。平易に語って説明しているつもりが、いつの間にか「低位」な情報を提供していることになってしまうのではないかと思います。

 日本語の乱れが言われますが、乱れていると見るよりも「動いている」と見るべきではないでしょうか。ただ、その大きなうねりが、本来の意味を曲解したり、簡便な説明で終わってしまったのでは、考えることを放棄した社会になってしまうような気もします。

 マーケティングでは、送り手の想いを多くの未知なレベルにある受け手に発信し、相互理解を促進しようとします。ある商品やサービスに対して未知な状況にある受け手はいますが、決して「無知」ではありません。学習体験を生み出すためにも、難解なものを平易に語る必要はありますが、自らが学ぶ姿勢を持たなければ、「低位」な情報発信をしてしまう恐れがあるように感じてしまいます。(第120話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください