清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く (第117話)

第117話:生活者の「ご近所」を知ることは暮らしを知る糸口になります。

 現代の都会生活では、自分たちの生活は自分たちなりにデザインするものとして、身近にいる他者に対して、さほど関心を示さなくなったようです。長く隣り合わせにくらしていながら、その隣人の名前すら知らずに過ごしている場合もあるのですから、そこの家族構成は知るよしもありません。家路を急ぎながら、たまたま同じ方向に歩く普段見かけない人に出会ったと思えば、隣りに住む人であったなどという話を聞くことすらあります。

 そもそもわが国の文化には、近所との深い付き合いがあったはずですが、いつの間にか希薄になり、それ以外の分野での「5つの近所=ご近所」が出来てきてしまったようです。

 1つには「情報的近所」。一度も直接会ったこともなく、会話を交わしたこともないにもかかわらず、テレビを通して毎日のように顔を見ていると、いかにも自分の身近な友人の一人にでもなったように感じる近所感。吉本興業の芸人などは、近所の一人かもしれません。

 2つには「時間的近所」。デリバリーの拠点がどこにあるのかは承知しないにもかかわらず、頼んだピザは30分程度で自宅にまで届きます。時の短さは、個人的に近所の店です。

 3つには「空間的近所」。次々にオープンする開発された地域があります。丸の内、日本橋と旧来の街が様を変えました。そのような同質的地域に足を踏み入れると、同類の人種ばかり。何となく自分もその中の一員と信じて安心するのでしょうか。

 4つには「精神的近所」。距離的に離れて暮らしているが、常に身近な存在である田舎暮らしの両親や、学生時代の友人などは、この部類の近所でしょう。

 そして5つには「人間的近所」。年齢的には離れていても、その人の生き方や行動に共感を覚えるような、個人に対する近い意識です。

 こう見てくると、まさにさまざまな近所意識があるものです。敢えて5つの近所感から「5(ご)近所」とでも言えるでしょう。マーケティングを展開する企業は、生活者にどのような近所感を提供しようとしているのか、常に考慮しておきたい点のひとつです。(第118話に続きます)

2016-11-16%ef%bc%9a%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e2%91%a0

 2016年11月の九州生産性本部での授業風景
株式会社マップス 
代表取締役 清野 裕司

当ブログの寄稿記事を元に加筆編集しました新書が出ましたので是非お読みください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

「清野裕司のマーケティング考 風を聴く」

今、経営に新たな思考力が求められています。市場にはどのような風が吹いているのでしょうか。風の音に耳を澄ませていると、次代に向けた風の通り道から、マーケティング思考で未来への道標が浮かんでくるかもしれません。それはまた、自分の心に吹く風の音を聴くことにも繋がるのではないか考えました。

※内容の案内/購入手続きはコチラ

http://www.mapscom.co.jp/kazewokiku.html

その他の書籍は下の写真をクリックしてください。

DSC_0165
その他の著書は上の写真をクリックしてアマゾンからご購入ください。

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です