清野裕司のマーケティング・コラム/風を聴く(第8話)

第8話:「そくど」が競争の要素になっている

 それ程急ぐ必要があるのかと思わせるような時の中で、現代の生活は成り立っているようです。駅頭で出会う人の群れに見る顔の多くは、常に前を急ぐような切迫した顔です。階段に差し掛かると、前に人の群れがあるにも関わらず、われ先にと前方に圧力を掛けて、何とか道を開こうとする人もいます。それ程の「速度」が日常性の中に求められているのだろうかと、疑問が浮かぶ自分自身も、雑踏の中で、先を行こうと必死になっていることがあります。

 人を押しのけてまで前に進むための「速さ」だけではなく、何事も早く終えるための仕組みが模索されています。製造から販売に至るプロセスの短縮化によって、販売展開のスピードを高めようとする動きがあります。速度が競争を優位に進める鍵のように語られているのです。しかし、速さは決してそのプロセスの速さだけではありません。即応力も問われるのです。「速度」プラス「即度」でしょう。いかに素早く反応するかの能力と置き換えることが出来ます。あるものを、限られた期日までに完成させねばならない状況の折に、完成させるプロセスの速さはもちろんですが、それ以上に、いつまでに完成が見込まれるのかという読みを、即解答し得るかどうかの能力です。

 顧客から、いつまでに商品の納入が可能かといった問い合わせがあった際に、納期を短縮することは必要ですが、それ以上に、可能な期限を即答できる体制を持ち得るかどうかが鍵になります。そのためには、日常的に自分自身の業務内容に限らず、部門内やチーム内の状況、情報が共有されていなければ、その対応はできなくなってしまいます。営業活動においては特に、顧客への反応の早さ自体が、競争する上での差別化の根本になることがあります。

 われわれは今、確かに時の速い流れの中で日常生活を送っています。しかし、そこでの「はやさ」とは「速度=段取りの能力」と「即度=反応する能力」の両面があることを忘れてはなりません。(第9話に続きます)

株式会社マップス  代表取締役 清野 裕司
株式会社マップス
代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp
株式会社マップスURL: http://www.mapscom.co.jp

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください