原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/柔らかい発想(第34話)

第34話:サービス・イノベーション

 イノベーション・モデルのパターンの中に、サービス・イノベーションがあります。簡単に言えば、「商品価値をどのように維持、増幅するか」です。

 つまり、上手に展開されたら、平凡な商品でさえ顧客が繰り返し求める魅力的な価値に引き上げることができるという考え方です。

 例えば、地域クラウドファンディングFAAVO福岡での魅力的な事例に、「古民家で保護猫が幸せを掴むカフェを作りたいプロジェクト」があります。

 動物の殺処分という問題を解決したいと動物専門の法律家として活躍している女性が、保護猫カフェと古民家カフェを合体させた新しいスタイルのカフェを企画して想いの実現に取り組んでいます。

 古民家を改修したカフェや動物も同伴できるカフェなどは、あらゆる地域に存在していて特に珍しくはありません。

 しかし、この「保護猫☓古民家カフェ」の特徴は、保護猫と人のふれあいをコンセプトにしていることです。

 具体的には、「猫を飼いたいけど飼えない飼い主」と「飼い主を待つペット」をマッチングする仕組みをビジネスモデルとして構築したのです。

 飲み物やスイーツという商品の品質、店舗のデザインや空間づくりなどのハード面も大切ですが、商品や店舗といったモノで差別化を図るのではなく、「猫の里親募集型」というサービスを組み合わせることで、競合優位性を高めることが可能となりました。

 ホームページ上でも、商品メニューの掲載を少な目にして、猫と人がふれあっている写真や空間を多く掲載することにより、猫ファンからの共感を得ることに成功したのです。

 お客様は誰で、お客様は何を求めていて、お客様が満足する価値をどう提供できるかを探求することがイノベーションにつながるのです。

 「商品価値をどのように維持、増幅するか?」イノベーションへの大切な問いです。(第35話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/175.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

・わくわくイノベーション塾(主宰者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・イノベーション発想(未来シナリオ含む)

・戦略的問題解決(交渉術含む)

・意思決定と行動

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決型リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください