原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/柔らかい発想(第32話)

第32話:プロセス・イノベーション

 イノベーション・モデルのパターンの中に、プロセス・イノベーションがあります。簡単に言えば、「独自の優れた方法をどのように使って業務を遂行するか」です。

 製品製造や業務活動を「従来のやり方」から変革させるなどがあります。

 例えば、家具メーカーのイケアは家具を開発して、異なる国での修正を加えずに全国で販売しています。どこで買ったかに関係なく、全く同じハードウェアと取り扱い説明書を含んでおり、社内生産プロセスの合理化を実現しています。

 プロセス・イノベーションのステップとしては、まずは、製品製造や業務活動の工程を流れで分解します。分解された工程を経営資源(人・物・金)や5W1H(いつ、誰が、どこで、何のために、何を、どのように)により現状の姿を把握します。

 次に、製品製造や業務活動について、こうすればもっと効率やコスト改善できるのではないかという「あるべき姿」を考えます。

 そして、「あるべき姿」と「現状の姿」のギャップ(足りてないこと、必要なこと)を分析して問題を発見します。

 最後にギャップを解決するためのアイデアを考えます。

 このように「従来どおりのやり方」を変えていく視点と習慣が身につくことが重要です。

 しかし、業績不振や経営悪化が続いているにもかかわらず、「従来のやり方」に慣れてしまい、「従来のやり方」に固執しようとする企業や組織が多いと感じています。

 「独自の優れた方法をどのように使って業務を遂行するか」イノベーションへの大切な問いです。(第33話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/171.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

・わくわくイノベーション塾(主宰者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・イノベーション発想(未来シナリオ含む)

・戦略的問題解決(交渉術含む)

・意思決定と行動

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決型リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください