原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/柔らかい発想(第39話)

第39話:尖った人財(イノベーター)

 新しい秩序や価値を創りだす人を「イノベーター」と言います。

 21世紀に求められる企業人財は、グローバル、リーダー、イノベーターの3種類のタイプがありますが、今回はイノベーターについてのお話しです。

 

 国内市場の縮小とグローバル化が進み続け、21世紀の企業を取り巻く環境が大きく変化する中、1人の尖った人財(イノベーター)の出現によりビジネスのルールが変わることで、変化できない国内企業や組織が淘汰されています。そして、従来のやり方から変化できずに業績悪化など苦しんでいる企業・組織が多いのが現状です。

 なぜ、変化できないのでしょうか?理由の1つには、成長時代の仕事のやり方から抜け出せない。考え方と行動を変えきれない。つまり、古い体質が組織や個人の内に染み付いていて、「変化など必要ない。変化は無理。」という固定概念があるからです。

 

 私も、ある組織で長年サラリーマンとして働いていたので、独立後は、従来の仕事のやり方から考え方と行動を変化していくことに苦労しました。

 魚釣りに例えると、サラリーマン時代は、釣り堀内で釣りを競い合っていたようなもので、場(釣り堀)と魚・竿・餌などが与えられた環境でした。

 独立後は、大海に出て漁をする漁師に似ていると感じています。常に変化する天候や厳しい自然界の中で、どうすれば安定的に漁獲高を確保できるかを自らが考えて行動し、うまくいかなかったら再び考え、仕事のやり方を変えていかなければ生き残れません。

 

 21世紀は、国内市場が縮小していくので、経営者や社員の誰もが大海の中で生き残れるかどうかを創意工夫するサバイバルな時代なのです。生き残るためには、ハングリー精神のある人財の育成と確保が必要です。

 

 家庭環境でも変化が重要です。「可愛い子には旅をさせよう!」という諺があるように、親は子供を実家からの通勤範囲内など1つの地域内に止めようとするのではく、広い世界や尖った人財に出会い揉まれる環境に送り出すことが必要なのです。

 そういった環境の中で揉まれた「尖った人財」が、再び地域に起業などすることで、地域や企業の存続は可能となるのです。

 

 「尖った人財の育成や確保をどうするか?」イノベーションへの大切な問いです。(第40話に続きます)

 

☆わくわくイノベーション塾の開催日程

・天神会場 :毎月第3水曜日18:30〜20:00予定

・北九州会場:毎月第2土曜日13:30〜16:30予定

・久留米会場:毎月第3金曜日19:00〜20:30 予定

 

  • 各会場により、カリキュラム内容が異なります。随時、募集していますので、お気軽に㈱ビズ・ナビ&カンパニー原までご連絡ください。

連絡先Eメール(原):shuji@biznavi.co.jp

 

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

FAAVO福岡:https://faavo.jp/fukuoka

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

・わくわくイノベーション塾(主宰者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・イノベーション

・問題解決

・意思決定

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「アイデア発想☓未来シナリオ」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「プレゼンテーション力向上」研修

・「ファシリテーション力向上」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください