原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第8話)

第8話:25%の機能を100%活かすイノベーションの考え方

今年、身体に障害があるアスリートさんと知り合いになりました。

体に障害はありますが、25%の機能(健常者の4分の1)を100%活かしていくこと。そのためにできることは何かと考えて、ハンドサイクリストとしてアスリートを目指し、「できることを続け、そのことを伝える」仕事をしています。

この方との出会いにより、五体満足に生まれながら、できることすらできていない自分を反省しました。そして、新たな学びや気づきがありました。

それは、高齢となり機能が低下しても、人口や財政が減少しても、できることは何かを考え続けていくことが必要なのだということです。

人口減少により国内労働者が減少するのなら、海外から労働者を受け入れる組織や仕組みを作るかクラウドソーシングする方法もあります。

国内財政が縮小するのであれば、海外ビジネスへの展開やクラウドファンディングを活用するなどの方法もあります。

いずれにしても、現状維持では衰退路線から脱却することはできないでしよう。

広い視野や視点を変えることにより、未来のあるべき姿を描き、何をする必要があるのか?何が足りないのか?どのような行動をすべきかを考え、小さくスタートしてみるのです。そして繰り返しながら答えを創りだすのです。

日本の場合、五体満足の人たちが、補助金や助成金を継続して受け続けているのに対し、このアスリートのように障害があっても補助や助成に頼ることなく生きていることは珍しくはないのでしょう。目を見て対話をしてみれば、明らかに人間力の違いを感じます。

イノベーションとは、できるとしたら何ができるかとポジティブに考え行動する人。そして、挑戦し続ける生き方から生まれてくるものだと考えます。

9月の「わくわくイノベーション塾」のテーマは、25%の機能を100%活かすというミッションにより、参加者の皆さんと一緒に未来を描いていきます。(第9話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

  • わくわくイノベーション塾と地域クラウドファンディング(FAAVO福岡)の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/159.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロジェクトマネージャー)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・社会イノベーション

・問題解決思考

・問題解決リーダーシップ

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」セミナー

・「経営活動の問題解決」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「クリエイティブ・シンキング」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください