原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第25話)

第25話:組織変革のリーダーシップ

答えのない時代には、答えを考える思考力と仮説を検証していく行動力が必要です。今回は、行動にフォーカスした「問題解決型リーダーシップ」について述べます。

コンサル先での問題解決の中で、上司のリーダーシップについて不満をもつ社員(職員)が多く、リーダーシップとは何かについて一緒に考えていくケースがあります。

上司からのコメントは、「部下が何を考えているか分からない。意欲がない。努力しない。」という意見が出てきます。

一方、部下からのコメントは、「上司が理解してくれない。仕事を任せてくれない。方向性を示してくれない。」という意見が出てきます。

不満を述べている部下も、数年経つと自分が部下をもつようになります。そして、上司の立場として仕事の問題をどのように解決して良いのか迷い悩み、とりあえず過去の経験や思いつきなどの結論の出し方により、部下から不満を抱かれているという行動が繰り返されています。

この問題は、個々人の「やる気」だけが原因ではなく、リーダーシップとは何かを考え、組織としてリーダーシップ力を高め、リーダーを育成していく制度の欠如が考えられます。

問題解決型リーダーは、あるべき姿となるゴールを明らかに示し、現状とのギャップ(問題)の原因と解決策を部下と共に一緒に考えます。そして、解決の行動となる仕事を任せて、責任感をもって検証を繰り返しながらゴールという達成感をチームに与え、部下の能力を引き出す人なのです。与えた仕事を管理するだけの上司は、リーダーではなくマネージャー(管理者)です。

このように、リーダーシップには問題を解決する考える力と部下とのコミュニケーションとなる対話力が必要なのです。(第26話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/169.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください