原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第21話)

第21話:文化の輸出入

文化の輸入と輸出という考え方があります。

海外の生活スタイル、教育、アートなどを日本に取り入れる輸入。

日本のアニメや漫画、寿司、盆栽なども海外で大人気とされる輸出。

人気の勘所は、「ありのまま☓用途の自由性」ではないでしょうか?

例えば、日本のお茶は海外でも人気です。ただし、お茶に砂糖を入れて飲むという各国での嗜好スタイルがあります。

 

茶文化と言えば日本では、千利休や茶室などをイメージされると思いますが、海外で茶室を輸出しても、日本と同様に理解されるとは限りません。そこに、日本文化☓海外のオリジナルティが組み合わせることで、新しい何かが生まれてくるのです。

11月の「わくわくイノベーション塾」のテーマは、「日本の文化は、世界の中でどうなっていく?」について参加者の皆さんとのセッションにより、3つのユニークなシナリオを描きました。

①タイトル「ジャパン・クラシック」では、時代が変わっても文化の根底は不変であるという未来。

②タイトル「ガラパゴス 日本文化の循環」では、日本の文化を輸出して、海外で評価とアレンジしていただき、再度、逆輸入するという発想。

③タイトル「M・S・D計画」では、ドレスアップした着物文化(モンペ)、修行文化(お遍路)、ダッシュ(村)文化などが海外の若者から人気となり、観光客や移住者が増えるという未来。

 

ちなみに、M・S・D計画とは、モンペ(Monpe)と修行(Sixyugixyou)とダッシュ(Dash)の頭文字から名づけています。

大切なことは、文化の根底は普遍であり、表面的な部分だけが変化している。

ビジネスでも原理原則は普遍であり、ケースに応じて少しだけ柔軟に創意工夫させていくことが必要なのです。(第22話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

 

  • わくわくイノベーション塾の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/165.html

https://faavo.jp/fukuoka

 原 秀治 氏

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・FAAVO福岡(ファンド最高運営責任者)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・問題解決思考法

・問題解決の交渉術

・未来創造セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「問題解決思考法」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「ロジカル シンキング」研修

・「クリエイティブ シンキング」研修

・「アイデア実現!ビジネスモデル作り」研修

・「地方自治体の政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください