原秀治の“わくわくイノベーション”コラム/地域未来を考える(第12話)

第12話:時には、ゼロベースで考えてみよう。

前回のコラムで、イノベーションへの最初のステップは、思い込みの蓋(ふた)を外すことであると伝えました。では、思い込みとはどんな状態で、思い込みを外すにはどうしたら良いのでしょうか?

思い込みが強いと、「これしかない」、「こうに決まっている」と決め込んでしまい結果的に他の考え方や選択肢の幅が少なくなってしまうことになります。

そもそも、自分自身が思い込んでいる状態に気づかないことの方が多いのではないでしょうか?

私も自分が見えなくなることがあります。そんな時は、ビジネスパートナーが新たな視点や気づきを与えてくれることで、先が見えてくることがあります。

問題の解決策を考える時やビジネスプランや企画書を作成しようとしても、既存の延長によるプランの書き換えしか考えが浮かばないことはないでしょうか?

そんな時は、これまでのやり方や成功体験などを一度リセットしてゼロベースで考えてみることが必要です。

なぜならば、変化が小さい時には、過去からのやり方や成功体験などでも十分に通用したかもしれませんが、現代のような変化の大きい時代には、過去のやり方や成功体験が必ずしも通用しなくなってきているからです。

ゼロベースとは、あらゆる固定観念や既成概念をいったん忘れ、目的を軸に考え直すことを意味しています。

具体的に言いますと、「そもそも、そのプロジェクトや企画の目的は何?」と目的をゼロベースで見直すことが必要です。

そして、目的を見直したら、事実や手法などもゼロベースで見直していけば自由な発想へとつながり、結果として新しい変化が生まれてくるのです。(第13話に続きます)

 

毎月開催している「わくわくイノベーション塾」では、参加者の想いと対話を重視した「オープンな共創の場」の提供により、皆さんと一緒に地域の未来を描いています。

  • わくわくイノベーション塾と地域クラウドファンディング(FAAVO福岡)の詳細は、下記リンクの「新着情報」でご覧になれます。

http://www.biznavi.co.jp/news/161.html

https://faavo.jp/fukuoka

原 秀治 氏
原 秀治 氏

 

原 秀治 氏

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

シニア・コンサルタント 原 秀治

Eメール:shuji@biznavi.co.jp

URL: http://www.biznavi.co.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆原 秀治(はら しゅうじ)

☆所属コンサルティング会社

株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・シニア コンサルタント(MBA)

・イノベーション ファシリテーター

・地域クラウドファンディングFAAVO福岡(プロジェクトマネージャー)

 

☆専門領域 (企業コンサルティング&研修講師)

・イノベーション思考

・問題解決思考

・未来セッション

 

☆開催セミナー&研修(主な実績)

・「わくわくイノベーション塾~地域の未来を考える~」毎月開催

・「地域×クラウドファンディング活用セミナー」随時開催

・「誰でも分かるアイデア発想法」ワークショップ

・「戦略的思考(問題解決)」研修

・「問題解決のビジネス交渉術」研修

・「問題解決リーダーシップ」研修

・「やさしいロジカルシンキング」研修

・「やさしいクリエイティブシンキング」研修

・   地方自治体職員向け「政策形成」研修

・「新入社員の心構え」研修

・「プレゼンテーション力」研修

 

☆株式会社 ビズ・ナビ&カンパニー

・福岡市中央区舞鶴3-1-10 セレス赤坂門4F

・tel:092-761-6130

・メール:shuji@biznavi.co.jp

・HP:http://www.biznavi.co.jp/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください